さくらぷりんの『妹発情期 -お兄ちゃん、私もう我慢できない-』の感想でも書きますか<挨拶

妹発情期 -お兄ちゃん、私もう我慢できない-

ストーリーCG集。

むちっむちの巨乳妹もの。
※ネタバレ注意



パケ版の仕様。
ディスクレス可。
基本CG10+1枚(差分含めると89枚×2サイズ)
CGはセリフ・擬音有り(44枚)と無しver(45枚)の2種あり。

jpg形式でサイズは640×480、1600×1200。
形態はVNではなく、CG集です。
HTML形式では心の声のテキストあり。

文字あり版は
CGに台詞やテキスト、擬音もあるので、
CG集というよりフルカラーの漫画に近い感じですかね。
台詞も吹き出し形式です。
以下簡易エロ内訳。


■簡易ページ内訳
1-3P:図書室で手コキ(制服)
4-6P:ファミレスでテーブル下からフェラ(普段着)
7-9P:パイズリ(黒スク)
10-11P:尻コキ(黒スク)
12-14P:足コキ(体操着・ブルマ)
15-19P:縄跳び拘束、目隠し、ぶっかけ(体操着・ブルマ)
20-21P:スマタ(制服)
22-25P:騎乗位、破瓜、中出し、断面図(体操着・ブルマ)
26-31P:風呂で背面座位、中出し、断面図(全裸)
32-34P:買い物の会計中にバイブ(普段着)
35-38P:立ちバック、中出し、断面図(普段着)
39-44P:母親とドア越しで会話しながら抱きかかえ挿入、中出し、断面図(普段着)



はい、ナマイキで巨乳な妹を
アヘらせまくる台詞付きCG集です。

話の展開は
序盤(1-14P)は兄貴が妹に挑発されて
弄ばれてしまいますが、
やり過ぎた妹のイタズラに兄貴の理性が吹っ飛んで
中盤以降(15P-44P)は兄貴が妹に
オラオラHで逆転する展開です。

H相手は兄貴×妹のみで
妹独占ものです。
CGはセリフ付き差分込みで
CG89枚ほどあります。

過去記事でも書きましたが、
セリフやテキスト付きでの差分CGが
多数あったほうが断然実用性が違いますね。

個人的には台詞や話の流れが
全く無い状態の差分CGを見ても
全然興奮しないので、この仕様はよかったです。

HTML形式の閲覧もあり、
妹の心の声のテキストが表示されますが、
差分セレクトや前後のシーンの移動が
クリック単位なので、抜き的には使いづらい仕様かな。

エロシチュですが、
前述通り、前半は妹主動で
中盤以降は兄貴主動のエロシチュですね。
中盤に妹は兄貴が好きだから
ちょっかいだしていたことが判明するので、
オラオラHといっても和姦みたいなもんです。


さて、本作の見どころは

・さくらぷりん特有のむっちむっちエロボディの妹
・前半と後半のHシーンで立場が逆転する構成
・後半から始まるオラオラHからのアヘ顔晒し

この辺ですかね。

ファミレスで注文中にフェラや
買い物の会計中にバイブ、H中に母親とドア越しで会話等、
羞恥我慢系のエロシチュも用意されているので、
本番一辺倒の構成というわけではなかったです。

また、手コキや足コキ、尻コキ、スマタ等、
本番未遂のコキ系の前戯シチュが
意外に多かったです。

総括。
挑発的な妹をさくっと堕としつつ、
アヘアヘHを見たい人向けかな。

流れやノリ、量的に差分が
ある薄い本みたいな感覚ですかね。
さくっと抜きたい時にどぞ。


以上

ノートン3年分のパッケージ版を買ってきたけど、
DL販売の自動更新解除するのを忘れていたので、
自動で3年決済されていた罠。

買ってきたパッケージ版は
3年後の2019年までお蔵入りか…。