きゃろっと『僕は彼女の寝取られ現場を全て見ていた 前後編』の感想でも書きますか<挨拶

 僕は彼女の寝取られ現場を全て見ていた 前編

ストーリーCG集。
さくっと堕ちてビッチ化する
彼女寝取られもの。
※ネタバレ注意



パケ版の仕様。
パケ版は前後編収録。
ディスクレス可。
前編:基本CG11枚(差分含めると74枚、SS含めると142枚)
後編:基本CG18枚(差分含めると31枚、SS含めると123枚)

CGにセリフ・擬音有りと無しverの2種あり。
jpg形式でサイズはCGによって違いあり。
前後編ともに文字あり・なし版両方とも
PDF形式でも閲覧可能です。
形態はVNではなく、CG集です。

文字あり版は
CGに台詞やテキスト、擬音もあるので、
CG集というよりフルカラーの漫画に近い感じですかね。
ただ、台詞は吹き出しではなく、縦書き形式です。
以下簡易エロ内訳。


■簡易ページ内訳
・前編(H相手は間男の友人)

1P-15P:キャラ紹介、主人公が幽体離脱状態になったあらすじ
16-26P:下校中に気分が悪いといいつつ、胸揉み、自慰、射精(制服)
27-33P:ベンチで膝枕して手マン(制服)
34-40P:幕間、ホテル直行
41-45P:フェラ(制服、下着)
46-53P:キス、胸揉み(下着)
54-57P:睡眠(下着)
58-63P:睡眠中に正常位、中出し(全裸)
64-70P:立ちバック、中出し(全裸)
72P-74P:部屋でバック(全裸)

・後編
1-6P:意識不明の主人公の前で立ちバック、中出し、断面図(制服、友人)
7-11P:更衣室のロッカーの中で立ちバック(メイド服、友人)
12-19P:母親が料理している背面のリビングで立ちバック、中出し(普段着、友人)
20-27P:正常位(全裸、主人公)
28-38P:フェラ(制服、主人公の父親)
39-46P:風呂で胸揉み、立ちバック、中出し、断面図、主人公ドア越しに呼び掛け(濡れシャツ、主人公の父親)
47-51P:正常位、中出し(全裸、主人公の父親)
52-55P:ベランダで立ちバック、中出し(普段着、主人公の父親)
56-60P:立位、中出し(メイド服、おっさん店長)
61-65P:パイズリ(メイド服、おっさん店長)
66-69P:バック、中出し、断面図(メイド服、おっさん店長)
70-81P:デート中の合間に通行人を誘惑して手コキ、胸揉み、乳吸い(普段着、通行人の若者)
82-88P:デート中の合間に通行人を誘惑して立ちバック、中出し(普段着、通行人の若者)
89-90P:正常位(全裸、主人公)
91-96P:主人公とH中にほかキャラとのHを回想、立ちバック、騎乗位(全裸、回想)
97-99P:だいしゅきホールド、中出し(全裸、おっさん)
100-104P:バック、中出し(下着、おっさん)
105-107P:幕間(主人公はいつでも幽体離脱可能になっていた)
108-113P:キス、挿入、中出し(制服、友人)
114-117P:立ちバック、中出し、断面図(全裸、友人)
118-120P:駅弁、中出し(全裸、友人)
121-123P:エピローグ




はい、事故で幽体離脱状態になった主人公が
彼女と親友の浮気現場を目撃するも
幽体離脱状態なので、どうしようできないというCG集です。

幽体離脱×NTRを混ぜあわせた設定はうまいですね。
いや「事故で生死を彷徨って幽体離脱している間に寝取られる」、
「幽体離脱の主人公はその情事を見せ付けられる」
とガッツリ寝取られのエロシチュに合致していて
うまいこと考えたなあと唸りましたね。


話の展開ですが、
前編は間男の友人が主人公の彼女を
速攻で手を出してH連打で寝取る展開です。

後編は主人公が意識を取り戻し
間男をボコボコにして解決と思いきや、
彼女は間男のHを忘れられず、
浮気しちゃう展開です。
話自体はよくある寝取り系です。

ただ、下校中に自慰する
エロシチュに関しては
無理がありすぎてさすがに吹きました。

下校中、間男が気分が悪いふりをして
ヒロインの玲奈の胸を揉むのは許容範囲ですが、
介抱してもらいながら歩行中に
間男が自慰→射精して
玲奈が全く気づかないのは
無理ありすぎなんだよなあ。

抜きゲーではこの手の絶対バレるのに
気づかれないエロシチュはままあることなんですが、
さすがに隣でシコっているのにバレないというのは
あまりにもあり得なさすぎて気になりました。


ただ、ここまで開き直っていると
もうどんなとんでも展開がきてもいいか…ってなるので、
ありっちゃありなんですかね(錯乱
でも、個人的に寝取られは
描写重視のジャンルだと思っているので、
この手のギャグみたいなエロ展開はジャンル違いかなと。

そんなわけで
タイトルにもある寝取られですが、
特に寝取られ感はなかったです。

というかヒロインの玲奈が

・彼氏持ちの癖に、男の友人に膝枕をしてくれるガバマンみたいなガードの緩さ
・間男とHする際の言い訳が
「手マンでイッちゃったことを主人公にナイショにしてほしい」という支離滅裂っぷり
・ホテルで前戯の後に間男がいる前で、下着のまま睡眠する無警戒っぷり
・嫌だといいつつ、身体は全然抵抗せずに最初からガッツリH展開
・主人公が意識回復後でも、所構わず誰とでも浮気しまくる痴女っぷり
・男根がデカければなんでもいいと言わんばかりに主人公の父親ともHするビッチっぷり


などなど、
前半は間男に対してノーガード戦法で口だけの無抵抗キャラ、
後半はただの性欲大好きなビッチキャラなので、
どちらにしても
キャラの魅力が薄いんですよね。

後編の冒頭で主人公とは別れないと言っていましたが、
主人公が短小早漏だったと発覚すると、
あっさり他の男と浮気し始めて絶句の一言。

いきなし主人公の親父とHし始めるのは
さすがに淫乱ビッチしすぎて吹きました。
まあ息子の彼女とそのままHしちゃう親父も大概ですけどね。

その後はいつもの誰とでもHする肉便器キャラ状態でした。
結局、ただの性欲直結女でしたね(ゲンナリ
とりあえず、短小早漏の主人公乙。

というわけで、
こういう頭の弱いキャラが寝取られても
なんとも思いませんね。
寝取り視点としても、
これだけガードが甘いと
全然寝取り甲斐がないですね。


また、本番2回戦目であっさり陥落する
チョロインっぷりがさらに拍車をかけていますね。
主人公とHはおろかキスもしていなかったため、
欲求不満だったはいえ、
さすがに発情しすぎだろと
言わざるをえないですな。

毎度のごとく、
登場キャラ3人のキャラ描写や背景は
あらすじで数行だけしか描かれないので、
前述通り、NTR的なショックは特にないですね。

まあエロゲーと違って、
エロ漫画やHCG集はお値段の都合もあって、
キャラ背景や寝取られるまでの過程を
描くには尺が足らなすぎなので、
寝取られの観点から見ると
エロゲー以上にヒロインが
ただの頭が弱いビッチキャラに
なっちゃうのはしょうがないか。

後編は歯止めがきかなくなって
誰とでもHするような
ビッチキャラと化しますからね。

ラストは間男とのH中に
主人公に突入されても
全く気にもしない悪女っぷりを発揮するので、
主人公はさっさと別れればいいのにとしか
思えませんでしたね。
エピローグで心のつながり云々いってましたが、
そんなものはとっくに切れてますから(以下略

まあイケメンの短小早漏より
おっさんや醜男の精力満点の巨根を
重視する点はある意味、ユーザーに
希望を持たせる展開なんですかね(錯乱

さて、話を戻しますが、
本作の見所は

・前半、清々しいまでのヒロインのチョロインっぷり
・後半、ビッチ化して誰とでも股を開くようになるビッチっぷり
・恥も外見もなく、イきまくりでアヘ顔を晒すヒロイン
・NTRゲーでよくあるエロシチュを抜粋したダイジェスト的なエロ構成

かな。
NTR描写やヒロインの魅力云々はおいといて、
ビッチ化して所構わずHしまくるエロシチュ自体は
単品で見れば、実用性は十分かと思います。
後、マジカルチンポが大好きなビッチ女が好きな人どぞ(ナニ

また、同サークルの過去作でも思いましたが、
H内訳が取り扱うジャンルの
エロシチュの抜粋する構成になっていますね。
今作では

・介抱されながらこっそり自慰
・入院している意識不明の主人公の前でH
・更衣室を利用している人達がいるのに、ロッカーの中でこっそりH
・母親が料理している背面のリビングでこっそりH
・幽体離脱の設定を活かして間男のHを見せ付けられる

などなど、
主人公に対して、筒抜けだったり、
バレそうでバレない
スリルを求めるエロシチュ等
背徳感がある構成となっているので、
ドキドキ感あるHシーンを楽しみたい人には
うってつけですね。


前述通り、いや絶対バレるだろ!と
突っ込みたくなるのは仕様です(小声


総括。
欲求不満の彼女が
間男の毒牙にかかって
あっという間にずるずると堕ちていき
一気に淫乱ビッチ化する様を見たい人向けかな。

流れやノリ、量的に差分が
ある薄い本みたいな感覚ですかね。
さくっと抜きたい時にどぞ。


以上

予約投稿1。
記事ストック。