アトリエさくら eXtraの『あまいおかし コミックムービー』の感想でも書きますか<挨拶

あまいおかし コミックムービー

アトリエさくら×岡田コウのコミックムービーもの。
今年の1発目はロリでいこう(ナニ
※ネタバレ注意



ディスクレス可。
形態はVNではなく、コミックムービーです。
コミックムービーというジャンル通り、
フルカラーの漫画に
BGMとボイスを加えた形式ですね。
サンプルCGから分かる通り、
台詞は縦書きではなく、吹き出し形式です。

コミック表示形式は
1P、2P、各コマ1P、各コマ2P、1コマ表示の
全5種類の選択可能。
台詞送りはクリック、エンター、ホイール対応。
男女フルボイス。
男女それぞれのボイスon/off可能。
ヒロインのボイスは2パターン選択可能。(声優さん2人)
コマに数ヶ所ムービー再生あり(合計18)。
ムービーのon/off可能。
以下簡易ページ内訳。


■簡易ページ内訳

1P-4P:導入、会話
5-6P:胸揉み(普段着)
7-8P:愛撫、身体に汁垂らし(靴下、パンツ)
9-10P:胸舐め、クンニ(靴下、パンツ)
11-12P:クンニ、クリ弄り(靴下、パンツ)
13-14P:クンニ、バック(靴下、パンツ)
15-17P:バック(靴下、パンツ)
18-23P:正常位、中出し(靴下、パンツ)
24-26P:フェラ(靴下、パンツ)


■簡易ムービー内訳

エロシーン以外×3
キス
愛撫
手マン
クンニ×2
バック×2
正常位×5
中出し後に膣から精液が洩れ出る描写
フェラ×2



はい、アトリエさくら×岡田コウの
コミックムービーものです。
簡易ページ内訳から分かる通り、
26ページ構成なので、
尺は超短いです。
長さ的には薄い本みたいなもんです。

シナリオ構成は
兄貴がお菓子好きな妹と
イチャイチャHするだけです。
もちろん、和姦です。

エロ内訳は
前戯、本番、体位2種、フェラと
実質、一通り前戯からHまでの1枠です。
さすがにこの短さで
価格が1,800円(税抜)なのは
割高感がありますね。

ただ、台詞や擬音、1コマごとの演出や
多彩な表示形式、ムービーの挿入、画面揺れ、
ボイスは声優さん2人から選択可能等、
システム設定自体は凝っていました。


アトリエさくらで
コミックムービーを取り入れたのは
初めての試みのようなので、
メーカーの実験作ですかね。

マンガ形式で
ボイスやムービーを挿入すると、
1台詞ごとに吹き出しが表示されるので、
抜き的には相性悪いですが、
今作では表示形式が多く、
また、動作もさくさく展開されるため、
挙動の遅さは特に感じなかったです。

ctrlで一気に飛ばせるのは○。
自由にページ送りするボタンを
「はい」、「いいえ」の選択が手間なので、
1動作省略できたらなおよかったですね。

そもそも本作は尺が短いので、
表示形式が気になる前に
速攻で終わってしまったので、
尺が長かったら、印象も変わるかもしれません。

ちなみに、
個人的なロリ漫画家の四天王は
岡田コウ、クジラックス、さらだ、鬼束直(敬称略)ですね。
同人なら、
まるころんど、モチ、黒本君、kyo1(敬称略)
も好きです。

…。
ちなみに、
前から言っていますが、
俺はロリコンではないですよ(真顔


以上

元旦に1日1記事投稿するぜ!と宣言してから
1日目に約束を反故にする体たらくぶりを発揮(オイ

明日は記事ストック貯めるために、
ガッツリ積みゲー崩そう、そうしよう。