やまガラスの『コー○ギアス 淫謀のル○ーシュ 「紅月カ○ン七変化」』の感想でも書きますか<挨拶

コー○ギアス 淫謀のル○ーシュ 「紅月カ○ン七変化」

ギアスパロSS。
カレン特化ゲーです。
※ネタバレ注意



ディスクレス可。
CG8枚(差分含めると17枚)
CGモードはCG1枚ごとに表示する形式。
回想はストーリーのシーンセレクト画面と併用。
クチュ音、パンパン音、BGVなし。
スパンキング音あり。
エロシーンの演出は画面揺れ系。
ボイス無し。
立ち絵は服装差分のみで表情は固定。
テキスト窓透過調整機能なし。
autoあり。QS/QLなし。
テキスト送りのホイール進行可能。
テキスト瞬間表示可能。
以下、エロ内訳。


■カレン
催淫薬注射、老人患者達が見ている前で騎乗位(ナース服、研修医)
縄拘束吊り上げ、目隠しギャグボール、バック、アナルバック、バイブ(巫女服、スパイ)
電車内で立ちバック(OL服眼鏡、痴漢)
輪姦:フェラ、2穴挿し(メイド服、貴族&護衛&執事)
外で背面騎乗位(チャイナ服、ライダー)
パーティー会場で立位(ドレス、紳士)
バック(戦闘着、ゼロ)
カレン:背面騎乗位、C.C.:クンニ(制服、ゼロ)



はい、ギアスパロのSS集です。
シナリオはプロローグのゼロとの指令会話後に、
シーン選択画面に移行します。
エロシーンはタイトル通り、
七変化所謂衣服7パターンで
異なるエロシチュの構成となっております。

エロシーンは任務中、
敵に捕まって凌辱される展開が大半です。
ラスト以外は特にエロシーンに繋がりはないので、
コスチュームごとのHシーンSS集みたいなものです。

お話自体はHシーン連打なので、
話の尺は短いです。

エロシーン内訳は
実質、輪姦シーンの男2名と老人患者達以外は
敵に扮したゼロなので、ゼロとのHが大半でした。
ちなみに、ゼロ、カレン、C.C.以外のキャラは
今作では登場しません。

後、Hシーンでは演出で
画面揺れすることが多いので、
この辺はひとを選ぶかもしれません。
エフェクトカットを選択しても強制で動作するので、
ちょっと煩わしかったですね。

ボイスはなしです。
2次創作系は元ネタを知ってたら、
ボイスありだと違和感を感じることが多いので、
ボイスなしはある意味正解な気がします。

このサークルの原画や塗りは
相変わらず、原作に似せてきているので、
アニメの原作キャラデザと比べて
あまり違和感を感じなかったので、
原作知っている身としては
興奮度高めでした。



元ネタはコードなんちゃら。
元ネタは全部視聴済みで話知っているので、
ぼちぼちシンクロできました。
ちなみに、ギアスはアーニャが一番好きでしたね。
ただ、カレンもC.C.も千葉も楽耶あたりも
均等に好きでしたが(優柔不断
ナイトオブラウンズの
噛ませっぷりも好き(コラ

いつものことですが、
なんだかんだでこういう2次創作系は経験上、
原作知っているかどうかで
大分実用性が変わる気がします。


以上

低価格ゲーをさくさく消化中。
どんどん崩そうそうしよう。