やまガラスの『イケない魔女たち!! ~囚われた仮面~』の感想でも書きますか<挨拶

イケない魔女たち!! ~囚われた仮面~

ギアスパロSS第2段。
今回は登場人物が増えました。
※ネタバレ注意



ディスクレス可。
CG9枚(差分含めると33枚)
CGモードはCG1枚ごとに表示する形式。
回想はストーリーのシーンセレクト画面と併用。
クチュ音、パンパン音、BGVなし。
エロシーンの演出は画面揺れ系。
ボイス無し。
テキスト窓透過調整機能なし。
autoあり。QS/QLなし。
テキスト送りのホイール進行可能。
テキスト瞬間表示可能。
以下、エロ内訳。


■C.C.
縄拘束、手コキ、騎乗位(黒の騎士団服)

■カレン
パイズリフェラ、正常位(黒の騎士団服)

■複数
C.C.:胸揉み、カレン:手コキ(黒の騎士団服)
C.C.:H補助、カレン:騎乗位(黒の騎士団服)
C.C.:クンニ、カレン:H補助、楽耶:フェラ(黒の騎士団服)
C.C.:クンニ、カレン:キス、楽耶:背面挿入、天子目撃(劇中服)
天子:バック(劇中服)



はい、ギアスパロのSS集第2段です。
シナリオはプロローグでルルーシュが
ヒロイン達のHの誘惑から逃亡している最中に
シーン選択画面に移行します。
エロシーンはタイトル通り、
ヒロイン達がルルーシュを捕まえて
Hに持ち込んでいく流れとなっております。

SSは3枠のみで、
カレン、C.C.、乱交という構成です。
ただひたすらH連打しているだけなので、
HシーンSS集みたいなものです。

お話自体はHシーン連打なので、
話の尺は短いです。

エロシーン内訳は
前述通り、ルルーシュ×カレン、
×C.C.、×ヒロイン4名の乱交です。
ノリはヒロイン主導のHで
明るい和姦&乱交なので、
前作のような凌辱や輪姦要素はないです。

また、前作との違いですが、
今作ではHシーンの際に、
仮面装着のゼロではなく、
ルルーシュとして登場するため、
キャラの顔がガッツリ
描写されていいるCGがあることですかね。

ヒロインだけはなく、
男キャラのルルーシュのキャラデザも
完全に原作と似せてきているので、
クオリティーが高かったです。
2次同人関連はヒロインを似せても
男キャラは適当に描写することが多いので、
その辺の抜かりがないのは感心しました。

ちなみに、
ゼロ、カレン、C.C.、楽耶、天子以外のキャラは
今作では登場しません。

前作に続いて今作も
Hシーンでは演出で
画面揺れすることが多いので、
この辺はひとを選ぶかもしれません。
エフェクトカットを選択しても強制で動作するので、
ちょっと煩わしかったですね。

ボイスはなしです。
2次創作系は元ネタを知ってたら、
ボイスありだと違和感を感じることが多いので、
ボイスなしはある意味正解な気がします。

このサークルの原画や塗りは
相変わらず、原作に似せてきているので、
アニメの原作キャラデザと比べて
あまり違和感を感じなかったので、
原作知っている身としては興奮度高めでした。


元ネタはコードなんちゃら。
元ネタは全部視聴済みで話知っているので、
ぼちぼちシンクロできました。
ちなみに、ギアスはアーニャが一番好きでしたね。
前作同様、今作も登場しなかったので、
その点は残念でしたね。

さて、いつものことですが、
なんだかんだでこういう2次創作系は経験上、
原作知っているかどうかで
大分実用性が変わる気がします。


以上

まんだらけの買取表を見てますが、
書淫の買取120k、ジサツは32k、
あやかし草子18k、エリーゼ17k、
DF11k、ぬばたま10kかー。
全体的に買取価格が上がってますね。

そういえば、
数年前に問い合わせがきて
やろうやろうと思いつつ、
放置しているDollsFrontを
そろそろプレイしないとなあ…。