アナスタシアのみんな大好き子づくりばんちょうフルコンプ完了<挨拶

DSCF0824.jpg

勢いづいて、蒼海の皇女たちもフルコンプ完了。
そして現在、蒼海のヴァルキュリアを攻略中。
久しぶりに積みゲー崩しのビッグウェーブにのってるなあ、俺。

以下ネタバレ感想。
タイトルからしてぶっ飛んでると思ったら内容はそうでもなかった。
蓋を開けてみると子づくりというか腹ポテ中のエロシーンが何故かない。
まあ腹ポテHは受け付けないので、別にいいけどね。

また、ばんちょうと言う割には無理やり展開もほとんどない和姦ゲーだった。
エウシュリーの凌辱は個人的には、ちょうどいいヌル具合で実用性があるので凌辱の方がよかったな。

プレイ時間は公式で配信されている追加2キャラをダウンロードしても
フルコンプで4時間30分という驚きの短さ。
しかも1周でCG・回想フルコンプ可能。

シナリオは中身なしの馬鹿ゲー。
まあこういうゲームにシナリオ求めるのもどうかと思うんで別に問題なし。
前作よりさらに砕いた感じの世界観でエウシュリー系列にしてはかなり珍しい作風だった。

この馬鹿な雰囲気とキャラ同士のまったりしたやり取りは個人的に好きだな。
キャラは印象に残らないけど特に問題なし。
イライラするキャラが出るゲームよりはよっぽどいい。

ゲーム性は前作より楽しめるけど所詮おはじきゲー。
それでもかなり短いので飽きずにさくっとクリアできた。
育成パートは前作同様今回も意味なし。

難易度ノーマルで無成長のままクリアできた。
ユニットも毎回コストの低いキャラ5人を出撃させてたけど結局、2キャラくらいで攻略できるほど楽。
必殺技あったけど、結局1回も使わなかった。

ただ、このゲーム性で逆に難しかったら、ストレスゲーになるのでこれはこれでよかったんじゃないかな。
どうでもいいけど、受精のステージは不覚にも笑った。
コンドーさんの防御率が低すぎだぜ。

以上

シナリオ難解ゲーや超大作やった後の息抜きにやるゲームとしてお勧め。