9か月ほど積んでた秋空に舞うコンフェティ攻略完了<挨拶

DSCF0650.jpg

セーブポイントが2010920で止まってた罠。
話忘れたので、最初からやり直すはめになったでござる。
にしても中古市場みたけど、これって今1k切ってるんだね。
980円って、1年経ってないのに値下がりひどすぎでしょ。
新品で買った身としてはそこはかとなく悲しい。
と思ってたけど、いざやってみたら内容が残念すぎる出来だった。
これは値下がりしてもしょうがない。

以下秋空に舞うコンフェティネタバレ感想。あまりにひどかったので、毒吐きまくりにつき注意。
つまらない。原画、背景、演出、楽曲がいかに優れていても、中身が伴わなければ意味がない。
不思議キャラや頭が弱いキャラが多くて辛い。
正直ノリについていけない場面が結構ある。
最初の噴水にダイブしてる雪や雨の中で電波を垂れ流す沙夜、開始早々にやる気が失せかけた。
他にリボン変化や口癖の「~なの」とか正直厳しい。
毎回思うんだけど、突然現れた女の子と居候する展開ってギャグゲー以外でやると違和感がある。
とりあえず、拾った女の子が無垢で寝巻がTシャツのみだったら、ぶっちゃけ初日で美味しくいただきます。
シナリオは薄い。雰囲気や背景、楽曲、演出だけ。
共通ルートは山も谷もなく眠い。
個別もあっさりと終わって肩すかし。

シナリオにもテキストにも主人公にもヒロインにも脇キャラにも魅力がない。
よって読んでいても詰まらない。そして寝オチする。
奏衣ルートで、主人公は理不尽に死ぬと告げられたのに、何で簡単にそれを受け入れてるんだ。
せめて神社の秘密やさやと奏衣に相談、対策くらいして足掻けよと。
奏衣の気持ちをないがしろにして、何もせず悟ってるのが好きになれない。
んで、奏衣が犠牲になったら、自分は何もしなかったくせに沙夜に八つ当たり。
奏衣にも相談してくれればよかったのにとかどの口でそんなこと言えるのやら。
自分の都合だけで即座に封印破ろうとしたりどうしようもないなこの主人公。
というかこの主人公、自分に不都合なことが起きたら、怒鳴ってばかりで改善策を示そうともしないから困る。
結局、主人公は行動はしない癖に、逆切れや文句ばかり言っている印象しかなかった。

後、恋愛描写が全然足りてないのに、告白→その場で青姦Hってどんだけ飢えてるんだ。
そこまで性盛んなら、初日に奏衣をお持ち帰りで狼になってると思うんだが。
沙夜ルートの沙夜の突然のキスは違和感あるし、七海ル―トの声の調子がよくなったばかりなのにフェラするし、
雪ルートで本番直前でHしだすし、散歩してたらむらむらして青姦しだすし、エロの導入をもう少し考えろよといいたくなる展開が多かった。
全ルート終わって思ったのは、等価交換を題材にいれてるのに、ご都合主義が発生するのはない。
展開がどれも誰かの身体に問題発生→奏衣消去→劇やって終わりとメリハリがなくパターン化していて面白くない。

リボンルートに至っては呪いすらかからないってどういうことなの。
にしても叶の心変わりひとつで、これで万事解決だわ、ですかそうですか。
神さまがカメラ映ったり、神さまの力の癖に簡単に記憶が回復したりしてなんだかなあ。
また、海岸のくだりや劇のラストとか感動するところなんだろうけど、逆に冷めてた。
キャラも魅力皆無。
気持ち悪い主人公、すぐ怒鳴る耳触りな沙夜然り、意固地で他人の気持ちを察せられない七海然り、不思議ちゃん二人然り、
不快でしかない遥然り、活躍する場面がなく存在意義のない男友達や妹然り、コスプレや部外者の奏衣を容認する無責任な教師然り、ひどすぎた。
植田さんの絵はキャラの目や顔のバランスに若干違和感を感じた。
前作や担当しているラノベ挿絵のようにいつものキャラデザでよかったんだけどな。

以上

今じゃ1kで買えるほどのワゴンと化しているが、それも頷ける残念な出来だった。