2011y08m05d_164219803.jpg

画像左。
ダンジョンクルセイダーズ2 ~永劫の楽土~(アトリエかぐや)の感想。
以下ネタバレ追記。
前作のマゾゲーマー仕様からスキルアップして華麗に帰ってきたダンクル2をご賞味あれ。
前作はエンカウント率やゲームバランスが理不尽なマゾゲーだったが、今作はその二つを完全に解消し一般的なダンジョンゲーへと華麗に転身した意欲作だった。
そして長いとにかく長い。
だがダンジョン探索好きにはたまらないはずだ。
総プレイ時間75時間程度。
こんな時間かかったのは、警戒しようぜずMAP100%、クエスト全制覇、スキル制覇したせいか。
恐らく加速器を使ったり、本筋とは関係ないクエストをやらなければ40時間程度でクリアできる。

今回、
良かった点は
・ぬるくもきつくもない安定したゲームバランス
・前作の2倍程度ある長さ
・ダンジョン内での中間セーブ
・前作同様、先制攻撃されると自軍が壊滅する理不尽な敵が顕在
・作業ゲーのはずなのに、マスが埋まっていくと快感が迸ってくる
・ロ○が多い。ナーダの可愛さに脱帽

改善点は
・前作以上にストーリーが薄っぺらい
・ヒロインの設定も薄い
・主人公のアリオンは前作のクリフの爪の垢を飲んで出直してこい
・街やダンジョン内でのイベントがどう考えても足りない
・MAP100%等のやり込みに対するボーナス要素が欲しい
・武器・防具が欲しい
・状態変化要素が高すぎて、石が有効活用しづらい
・細かいシステム周りの改善
・クリア後のおまけ要素(あるにはあるが少なすぎる。キャラやドルアーガのようなものが欲しい)

このくらいか。
3が出るならこのあたりを改善して欲しい。
というか出してください。買いますから。
かぐやはRPG作ったのが2作目でこの出来だったんだから、もっともっと面白いものを作れるはず。期待してます。

以上

馬鹿みたいにプレイ時間は長いですが、とにかくはまります。
穴埋めゲー歓迎のダンジョン大好きっ子所謂マゾゲーマーにとって、年末にどっしり腰を据えてプレイできるゲームだと自信を持ってお勧めします。