2011y08m05d_164013281.jpg

画像中央左。
灯穂奇譚(水鏡)の感想。
以下ネタバレ追記。
シナリオは、古事記を題材にしており、古典が専門外の俺には読み進めるのに苦労した。
たぶん、他の方がやってもクドイ文章で読み難いと思われ。
でもそんなことは些細なことで、問題はメインヒロインだと思ってたナミのルートがバッドエンドしかないということだ。
シナリオの根幹にいる彼女のルートがないって生殺しにもほどがある。
パッケージのナミに惚れこんで購入したのにこの仕打ちは泣ける。
カナタシナリオは良かったと思うけど、カナタはそんな好みじゃないんだ。

残念無念。
いやはや尺も短かったので、ルートをナミ・カナタ・稗田で三分岐くらいにしてもよかったんじゃないかなと。