475c41dc.jpg


Dies irae ~Acta est Fabula~ (light) の感想。
以下ネタバレ追記。
唯一100点。頂点である。
唯一100点。
2007年からの付き合いで当初は未完成の出来に絶望したが、その後完全版が出て感涙。
心の底から嬉しかった。
長年エロゲーを買ってきたけど、店舗特典や特典テレカを買いあさるために何十個も本体を購入したエロゲーはこの作品だけ。
未完成と分かった時の絶望感。完全版の製作が決定したときの喜び。
両方向のベクトルにこれほど感情的になったのもこの作品だけ。
無印が発表されたときは、1年以上前から毎日OHPで更新ないか確認するほど期待していたのもこの作品だけ。
発売日はむりやり休みとって、朝一で商品を買いに行った作品もこのdies iraeだけなんだ。
何もかも初めてづくし。
とにかく世界観、キャラ、原画、シナリオ、設定、全てに発情し熱狂した。
クリアしたのは約1年前。
何度も感想を書こう書こうと思いながら、書くことが膨大になりすぎて物語の1章から順に語り始めてしまうという体たらく。
結局、断念。
それくらい衝撃的で、登場キャラ全員が魅力的で、シナリオは燃え尽きた。
1年たった今でも、戦闘シーンや個性的なキャラ達、ドラマCDの内容、全てが強烈に頭に残っている。
文章力のない拙い自分の言葉では表現できないほど魅力あふれた作品。
とにかく気になった人はOHPで体験版やってみてほしい。

以上

この100点と同等の作品が今後、出ることを願ってエロゲーを買い続けよう。