暁の護衛 ~やっつけ仕事完結編~

ー完ー
いやもうがっかりすぎて脱力した。
悪い意味で予想通りでなんだかなあ。
衣笠氏って無印護衛もラストがぐだぐだだったから、もしかして今回も・・・と危惧を抱いてはいたが、まさか現実になるとは思わなかった。
今作で衣笠氏は戦闘シーンを描けないのは分かったが、シナリオ構成を締めることができないのは大人の事情なのか、技量なのかどうにもわからん。
ただ、シリアスシーンは描ききれないみたいだ。日常シーンやギャグは相変わらずの面白さなので、もう次回からはこん僕のような萌えゲー描いてればいいよ。
それなら変に期待しないですむからね。
シナリオ云々以外にも、音声ぬけや誤字脱字も許容できないレベルでこのメーカーは、自作品の看板をリリースするという自覚があったのかね。
これではさすがに高評価できそうにない。


ゲームはもう各所で語られているが、一言感想を羅列しとく。

長所
・楓かわいいよ楓
・柏かわいいよ柏
・舞かわいいよ舞
・相馬父しぶい
・禁止区域ルート最高
・ギャグ最高
・原画
・キャラの魅力
・雰囲気、世界観

欠点
・エンド多すぎ、無駄キャラ多すぎ
・終盤急ぎ過ぎ
・誤字音声ミス多すぎ
・無印同様、終盤のシナリオのつぎはぎがひどい
・戦闘描写がひどい。不完全燃焼
・ラスボス不在
・アキラ小物過ぎ
・未完成
・龍・詩音、まこと・沙代等、存在意義なし
・親父の不遇っぷり
・Hシーンは淡々と喘いでしかいない。状況描写や主人公のセリフはほぼ無し
・やっつけ仕事

今回は燃えが3~5割じゃなかったのか。戦闘描写が薄すぎ。勝手に幕間で闘いが終了してるなんてことも多く全く熱くなれない。
数多くのキャラがおり、その中で半分以上は戦闘できるんだからいくらでも盛り上げられることができたはずなのに、なんで毎回ここからってときに省いたりENDにしてしまったんだろうか。
やっぱり、暁の護衛は燃えは期待しないで、萌え・ギャグのみに期待してろってことだったのか。

以上

OHPで続編はないと断言していて絶望した。3作品も作っておいて、完結編がやっつけ仕事すぎてひどい。
この出来が衣笠氏の限界なのか大人の事情なのか知らんが、ユーザーにも製作者にも残念な結果であったと思わざるを得ない。
有料パッチでもなんでもいいから、禁止区域編だけでも作り直してほしいね。