AXLのひだまり攻略完了<挨拶



このゲームは、前情報知らずにやった方がいいですね。
以降、ネタバレ注意















































というのも、あれですよ。
バッドエンドですよ。
事前情報知らないでやったら
これは結構クルものがあると思います。

俺はこのゲームのバッドエンドが
萌えゲーにしては一癖あるという話を
小耳に挿んでいたんですよね。

なので、ある程度予測していたので、
そこまでびっくりしなかったですけど、
それでも初回プレイの有希バッドエンドには、
夜中に暗闇ヘッドホンでプレイしていたこともあって、
背筋が若干凍りましたね。

いきなしのホラーバッド展開や遙ルートもとい猫ルートあたりは、
ギャップ効果で俺みたいなゲテモノゲー好きな人は歓喜しそうですな。
前情報なしでやりたかったぜよ。

ただ、これ
一周クリアしちゃうと、
大体真相がわかってしまって
怖さが一気に薄れるので
残りルートが茶番になるのが難点ですね。

例えば、
遙ルートは最後にやったので、
BADエンドも全然びびらなかったですけど、
初回プレイでこのルートやったら
おそらく肝が冷えたでしょうしね。

各ルートですが、
有希と遙ルート以外は微妙ですね。
ホラー的な意味で。



以上

久しぶりに萌えゲーやりましたけど、
だれずにプレイできました。
ホラー要素あったからかな。