SMEEの『ラブラブル ~lover able~』攻略完了<挨拶

ラブラブル ~lover able~

超久しぶりに萌えゲーを崩しました。

※ネタバレ&毒舌注意

共通ルートは意外と悪くなかったです。
いや正直萌えゲーは最近敬遠気味で、
プレイ前は流し読みして終了かなと思っていましたが、
スキップせずに読めました。

全体的に会話のテンポがよく、読んでいて飽きないです。
共通ルートはギャグが冴えていて、普通に笑えました。

主人公は狂言回し系で、
不快に感じる場面はあまりなかったです。
強いていうなら、あまりのバカップル&イチャイチャっぷりにイラッとしたくらいか。

サブキャラやモブキャラも○。
バイト先の客はどいつもこいつも
ネジがぶっ飛んでいて言動も行動も笑えます。
女教師やクラスメイトの男2名との掛け合いも面白いです。

後、店長とかいうネタキャラが笑いという側面では、
完全に主人公を食ってます。
店長が登場するシーンは大体腹抱えるほど笑えました。
店長最高。登場キャラで一番好きだわー(オイ

ヒロインはぼちぼち。
特に気に入ったキャラはいませんでしたが、
不快なキャラもいなかったです。
個別ルート入ると、
どのヒロインも胸焼けするほど主人公とイチャイチャしはじめるので、
ちょっとダウナー気味になりました。

総括すると、共通ルートはギャグメインで笑いまくり。
個別ルートは笑えるところもあるけど、イチャラブが多め。
シナリオは皆無。
とにかく個別はイチャラブして終わり。
山場もほぼなし。
一応ヒロインごとに悩みもあるっちゃあるけど、
さらっと解決するのであってないようなものです。
俺的にはイチャラブするだけの展開は速攻で胸焼けしたので、
キャラ同士の掛け合いが本編って感じでした。

ちなみに、エロは全く使えませんでした。
陵辱ゲーや特殊シチュ系のエロに慣れすぎているせいか、
この手の萌えゲーのエロだとチンピクすらしませんでした。



んで、
マイナス要素が2点。
まあ以下は完全に個人的な理由で
愚痴ってるだけなので反転。

1点目は妹キャラが実妹なのに、
全く背徳感ないし、主人公の周囲どころか客や住民も
全く戸惑わずに受け入れていることかな。

まあ萌えゲーで暗い要素は徹底的に排除するという方針は
間違ってないと言われればそれまでですが、
それなら設定は実妹ではなく、義妹にするべきなんじゃないかなあと思いました。
実妹であの展開はさすがに違和感ありました。
まあ最近の萌えゲーって実妹を攻略できるのが
当たり前になってるらしいから俺が時代に取り残されているだけかもしらん。

2点目はバイト中に焼きモチとか喧嘩とかふざけたり抜けだしたりする点。
遥か昔の学生時代に飲食店で4年ほどバイトしていた身としては、
ちょっとイラッとする要素が多かったです。
端的にいうと、同じバイト先で付き合い始めるリア充カップルって
正直扱いが面倒臭かったんですよね(ぇ

彼女側に気を使うし、
シフトは同時に入ったり、同時に休みとりたがるし、
すぐイチャイチャしてサボるし、
注意するとあからさまに不機嫌になるし、
カップルが喧嘩していて仕事中に機嫌悪いと
バイトの空気も悪くなってもろに影響するし、
愚痴る人も出てくるし、まあとにかくめんどくさい。
…。別に俺が非リアだから嫉妬してたわけじゃないですよ(ぇ
勿論、しっかり公私をきっちり分けているカップルもいましたしね。

まあそういう過去の苦い思い出が脳裏によぎって、
みんなが真面目に仕事している最中に、
付き合い始めの焼きもちやら
仕事そっちのけでイチャイチャしているシーンを見せられると
なんかモヤモヤしちゃいました。
まあフィクションなんで、軽く流せればいいんですが、
実体験的にどうにも小骨が刺さった感じでした。
店長や野球部、ザマスくらい突き抜けたキャラとの掛け合いの時は、
気にならなかったんですけどね。
(反転終了)


以上

プレイ前に想像していたよりは大分楽しめました。
会話のテンポとギャグキャラって重要ですな。