silkysの『愛姉妹 ~二人の果実~』攻略完了<挨拶

愛姉妹 ~二人の果実~

姉妹・母・脇キャラと立ち位置が
愛姉妹-蕾-と同じ。
展開も似たようなもんです。

※ネタバレ&毒舌注意

シーン回想数27、ED回想10、CG112枚(差分除く)
起動ディスク必要。ディスクレス不可。
ホイール×。
クチュ音、パンパン音あり。
パンパン音はパンパンというよりぐちゅねちょ系。
アヘ顔・淫語ラッシュなし。
さすがにこのくらい昔だと、シルキーズ特有のアヘ顔や下品な淫語連打もなし。
テキスト透過調整なし。
エロシーンのCGは使い回しあり。
エロの尺は普通。
差分は少なめ。
主人公のヒロイン独占ゲーと思わせて、
他キャラとのHがあります。
まあ確か2シーン程度しかなかったですが、
独占派の人は注意。

回想内訳は、気が乗らないので省略(オイ
ヒロインごとの各シーン数は、
智子(8)留美(6)幸絵(4)姉妹(3)由美(1)由美+各ヒロイン(5)EDエロ(4)


シナリオは1プレイの時間がかなり短め。
エンディング数が多いので分岐多めですが
その分、話の内容が全体的に浅め。
エロの重複も多いので既読スキップ連打になりがち。
愛姉妹-蕾-同様に各キャラも掘り下げ不足で魅力を感じづらいですが、
智子は仕草や頬染め、焼き餅等、結構可愛かったと思います。

構成は由美以外のヒロインの場合、
最初に借用書を見せて脅迫→陵辱の流れですが、
結構雑。

今回も3人とも最初に陵辱した後に
速攻で諦めの境地みたいになってしまいます。
すぐ従順になっちゃうので、
犯し甲斐というか脅迫し甲斐というか調教し甲斐というか
そういう醍醐味が無いです。

妹の智子はなぜか主人公に速攻で惚れて意味不明。
まあ小動物的で可愛いんですけどね。
姉や母親もマッハスピードで堕ちます。
挙句の果てに母&姉妹のエンディングではなぜか姉妹の家に居候するに始末。
これまた展開に無理がある。いかんでしょ。

エロは特筆すべき点なし。
昔のテンプレ脅迫陵辱ゲーって感じです。
プレイも特殊シチュ少なめで、
一般的な体位やフェラ、パイズリ、姉妹丼等。
親子丼はCGだけでした。
特殊系はレズくらいかな。

にしても、
EDで主人公の親父が姉妹や母親を犯すエンドがあるのですが、
そこの尺がかなり短いのが非常に残念。
あそこはすごい抜けそうなシーンだったのに、
短すぎ&喘ぎも中途半端で使えないのが無念。

原画は竹井さんっぽいけど、
さすがに14年前のゲームなので
若い人は塗りや絵柄的に好みと合わないかもしらん。

そういや○作シリーズでも思ったけど、
パケのゴキが妙にリアルでキモいですね(苦笑い


以上

これで愛姉妹4作品を制覇しましたが、
愛姉妹シリーズは愛姉妹Ⅳだけやって
他はスルーしてもいいと思いますよ(オイ