Autobahnの『LOVEMILF2』攻略完了<挨拶

LOVEMILF2

おばさんシリーズ2(コラ

※ネタバレ注意

CG25(差分除く)、回想33。
ディスクレス可。
BGVやクチュ音・パンパン音なし。
表情差分は普通。
テキスト進めても音声継続するかテキストごとに音声停止するかの選択機能あり。
テキスト窓透過調整機能あり。
ホイールでテキストを進める場合のみ、
AUTO中に手動で進めても、
AUTO機能が継続する仕様です。
ただし、その場合はテキストが進むのは遅め。
ヒロインは夫と子供ありの主婦。
ヒロインの夫は5年近く音信不通。
エロシーンは主人公のみの独占ゲー。


回想内訳は、
抱きしめ(着物)
愛撫(着物)、手マン(着物)、バック(全裸)、顔射
フェラ(私服)、座位(私服)
風呂で胸揉み、パイズリ
尻揉み、座位(喪服)
だいしゅきホールド(全裸)
導入、手マン、バック、正常位(エロ服)
ED
鉢合わせ
キス×7
残りの8シーンはおまけ:淫乱状態のヒロインエロ
(CG重複:導入、バック、フェラ、だいしゅきホールド、顔射、パイズリ、座位×2)



作品紹介通り、子供の頃から知っている
叔母さんとHしまくって終了。
展開は作品紹介のまんまです。

今回は前作と違って、
息子への種明かしというか
鉢合わせがあります。
ただ、何故か主人公との直接対決なしで
修羅場にもならず、内心では…だろうけど
あっさり関係を認められて、何故か明るいノリでEDでを迎えるので、
ダーク方面の展開を期待すると肩透かしを食らうかもしれません。

んで、キャラですが、
叔母さんは初見では古風で硬そうな印象だったので、
堕とすのに時間かかるのかなあと思ったら
マッハ堕ちでした。
前作同様、嫌よ嫌よも好きのうち的な感じで
すぐノリノリでHし始めるので、
属性的には凌辱・寝取りというより、和姦・セフレですね。

というわけで、バラして寝取ってやったぜ!と誇示して
寝取られ側をどん底に叩きつけるような展開を期待するのは×。
そもそも叔父さん失踪中で登場すらしないのが痛いです。

ただ、今回も主人公が少年時代に交流があった叔母さんを犯しているという
得体も知れないゾクゾク感はあります。
ただ、前作と比べると、
話が短く、肝心要の叔父さんが出てこないので、
興奮度やエロさ的には前作のほうが高め。

まあ今回も
寝取ったから叔父さん離婚してよとか
叔母さんの息子に肉体関係を暴露したらどうなるだろうな等、
内心では腹黒いことを考えたりしているので、
日常での主人公の心理描写は健在です。


んで、
肝心のエロシーンは上々。
今回も久しぶりに再開してきた主人公が
子供の頃から知ってる叔母さんを犯すという設定により
エロさを引き立ててくれます。
前作と違って、今回は血縁あり。
前作同様、背徳感があってよろしい。

喘ぎ声連打テキストや言葉責めで屈服させる征服感、主人公がオラオラ系等、
好みの要素が多かったこともあって、今回も結構使えました。
ぶっちゃけ俺は熟女ママン属性はないですが、
これは抜けますわ。

欠点を挙げるなら、
BGVやクチュ音・パンパン音がない。
キスは服装の違いのみで、全部CG使い回し。
エロシーンはオーソドックスなHが大半で特殊シチュなし。
回想は33と多いけど、1シーンのエロシチュを個別で割り振っているので、
実際の回想シーンは15程度。CG重複のおまけを除くと7程度と少なめ。
原画が人を選ぶ絵柄。
後、ヒロインがおばさん(ぇ

ここらへんかな。
まあ欠点も前作と同じです。
ただ、欠点を補うほどのエロスがあるので、
特に問題なし。
熟女好きなら黙って買っとくべし。


余談ですが、
シナリオは個人的にサブキャラ(マッチャン、叔父さん、叔母さんの息子夫婦、主人公の父母や妹)を絡めた
寝とり寝取られヤリヤラレや近親相姦の入り乱れをみてみたかったです。
ヒロイン独占系だとそういう展開はダメなんですかね。

主人公が叔母さん寝取ってる最中に、
実は主人公の母親や妹が叔父さんに寝取られてた的な展開とかがあった
とかそういうエグい妄想が膨らんでました。

最初に主人公家の複雑な家系図が出てきた時に、
そっち方面をちょっと期待しちゃった。
まあパケとあらすじを見て、いやそれはないなと
すぐに思い直しましたががが。


以上

そういえば、るーすぼーい氏の新作が情報公開されましたね。
G線上の魔王以来だから6年ぶりですか。
るーすぼーいゲーを全部プレイ済みの俺としては
これも買わざるをえない。
OHPのBGMとトップ絵の時点で名作臭がする。
設定も面白そうだし、期待してます。