幻覚堂の『サイミンZ』の体験版感想でも書きますか<挨拶

サイミンZ

多重人格催眠ゲー。
各々の人格によってエロシチュが変わる展開は面白いですね。

※ネタバレ注意

2014年11月28日発売予定。
価格は8800円(税別)。
ジャンルは多重人格超催眠強制和姦ADV。

ノートン先生の誤作動で実行ファイルが削除されるので注意。
クチュ音、パンパン音、BGVなし。
テキスト窓透過調整機能あり。
ボイス継続機能あり。
体験版の時点だと、
モブ×モブのHはありますが、
メインヒロインは主人公以外のHなし。
以下、エロシーンの内訳。

モブ×モブ(立ちバック、制服)
モブ(立ちバック、私服)
ブリッジ(美莉花、制服)
正常位、騎乗位、破瓜1、2(美莉花、制服)
逆立ち、手マン(モブ、制服)
看板自慰(柑菜、私服)
手コキ(柑菜、私服)
手マン(桃子、私服)
放尿(桃子、私服)

体験版時点での主人公の人格数。
サイミンAはガンガンH系。
サイミンBは変態紳士系。
サイミンCはキモオタ系。
サイミンDは軽薄軟派系。



体験版のプレイ時間は1時間位。
エロシーンも9枠と結構用意されています。
エロの展開はエロシーン突入前に人格選択をして、
その人格の嗜好に合わせてエロシチュが変わるので
色々なエロシチュが見れそうです。

話はヒロインやモブに催眠かけていき、
主人公が美莉花一筋という考えから
他キャラにもやりたい放題すると考えを改めたところで終了。

まあ美莉花は他のヒロインと比べて、
主人公が特別視しているので、
今後の展開的に優遇されるのはほぼ確実かと思われ。

エロはジャンル通り、
催眠かけて和姦。
エロシーン中に催眠解く定番の展開もあります。
その時は勿論、催眠虚ろ目から普通の目に戻り、
困惑していやああああああああっって嫌悪してくれます。

このエロ展開がどれだけ入るかが
凌辱ゲーマー的には気になりますね。
まあジャンルが催眠和姦なので、
あまり無さそうですががが。



後、抜きゲーなのに
OP曲がかっちょいいのは仕様です。
片霧烈火さん最高。





以上

よくある催眠抜きゲーかと思っていましたが、
主人公の人格が複数になるだけで
エロ的にも話的にも面白さが増しますね。
サイミンZがどんな人格なのか気になります。

KAIの『PENDULUM』が
来年の3月末まで発売日がぶっ飛んだので、
代わりにこれ買おうかなあ。