ランス・クエスト (3) (電撃ジャパンコミックス)

エロイベント連打。
でもやっぱり今回も一番の見所は
リセットの可愛らしさ。

※ネタバレ注意

今巻の内容は
ヘルマン軍のカラーの里襲撃から
バベルの塔進軍前までです。

アミトスやマチルダの戦闘が幕間で終了して
速攻エロシーン突入する等、
戦闘?そんなことよりエロシーンだ!と言わんばかりの
端折りっぷりである意味、潔い構成でした。

後半は怒涛のキャラ投入&エロシーン連打なので、
原作やってないとわけわかめかと思われ。
エロクエストのイベント連打で、
各話ごとに新キャラが登場して即Hする流れなので、
話が継ぎ接ぎ気味でしたね。

まあコミカライズの購入層って
原作やってる人が大半でしょうから、
原作の好きなキャラのエロシーンが見たい人にとっては
多数のキャラとのHがある方が嬉しいので
これはこれでありかな。


んで、今巻の一番の見どころはリセットの可愛らしさ。
まあ1・2巻の感想でも同じことを言いましたが、
この巻でもその魅力を遺憾なく発揮してくれました。

ヘルマン軍進行時に
敵にすりーぷをかけようと頑張る姿に
がんばれ♡がんばれ♡と思わざるをえないです。

また、温泉回のランスとのスキンシップにほっこり。
やはりこの父娘のやりとりはいいですねえ。
鬼畜王の時からリセット関連のイベントは
ランスの親ばか加減が見れて好きですね。

そういえば、
温泉回でリセットも全裸解禁しますが、エロさはなく、
めでたくなるような愛らしさ全開でした。
全裸ガハハや背中流しっこ等、
父娘の掛け合い最高っすね。

原作にあった冬の貸し切り温泉イベントとは
異なる形の温泉回でしたが、
こちらもまったりできる話だったのでよかったです。

後、帯にも書かれていたとおり、
鈴女の某イベントもあるので、
鈴女好きなら、しんみりします。
その後のイベントで
しんみりムードのぶち壊しっぷりにも
原作同様、笑えます。


さて、次巻はどこまでやるんでしょう。
マグナムの話までやらないなら、
残りの尺的に次巻で完結しちゃいそうですね。

ただ、巻末の作者コメント的に
まだ続きそうな気がしないでもないです。
できれば、カイトやアムまでやって欲しいんですが
タイトル的に無印までかなあ。


以下エロシーン羅列。
アミトス未遂
クレイン愛撫
チルディ挿入
リア・かなみ・マリスレズ
クルックー挿入
鈴女挿入
コパンドン挿入
ビスケッタ挿入
マチルダ挿入
リズナ挿入
サテラ挿入


以上

そういえば、ウルザちゃん登場してないやん!
ウルザちゃん出てこなくて俺憤死。