Nostalgic Chordの『アルカディアの灯火』攻略完了<挨拶

アルカディアの灯火

マリなんたらは肌に合わなかったですが、
健速氏担当の『楽園の守護者』は
ハード展開で面白かったです。

※ネタバレ&毒舌注意

■『楽園の守護者』感想

健速いけるやん!

普通に面白かったです。
重厚な世界観に没入して
一気にシナリオ読み終わりました。
ボイス無し。CG16枚。
選択肢なしの一本道ゲー。
プレイ時間は3時間程度です。

シナリオは
病気による錯乱とはいえ
主人公の戦友で相棒だった英雄が
敵となって対峙する展開は
俺好みで非常によかったです。
ハード展開最高。

結末は分かっていたこととはいえ、
悲しいラストでしたが、
哀愁があって好きです。
最後はエピローグがなく、
あっさり終了してしまいましたね。
できれば、主人公の赤ん坊の話いれてほしかったな。

んで、登場キャラクターですが、
見事におっさんだらけです。
回想で一応英雄の妹と主人公の妻も登場しますが、
それ以外のシナリオ進行はおっさんのみです。
美少女ゲームというより異能ありの戦争もののハードボイルドゲーですね。

主人公や英雄のおっさん、同僚のキャラが立っていて、
感情移入しやすいです。
シナリオ進行中に過去回想を随所に入れてくるので、
プレイ時間は3時間程度と短いながらも
キャラクターに愛着が湧きましたね。

後、何より英雄のおっさんがかっちょえーです。
これは惚れますわ。
主人公も頭脳役ですが英雄の相棒だけあって、
こちらも負けず劣らず良主人公でしたね。
脇役の同僚や部下もイイ味出してましたね。

キャラ設定や世界観的にこれ1本で長編ゲー作れそうだから
これだけで終わるのはなんか勿体無いですね。
まあヒロイン攻略型のエロゲーにするのは無理そうですががが。

とにもかくにも
プレイ中はゲームに没頭して
あっという間にクリアしちゃいましたね。
健速いけるやん!
前作の放課後の不適格者も買ってこよう(死亡フラグ





■『マリーベルは死んだとパパに伝えて』感想
ボイス無し。CG20枚。
選択肢なしの一本道ゲー。
プレイ時間4時間程度です。
作風が肌に合わなかったです。
終わり。
…。
まあこれだけではなんなので、
合わなかった点を羅列。


①キャラが子供ばかりということもあり、
思考回路や行動が年齢相応なので、
読み進めるのが辛かったです。
ただ、キャラごとに視点変更して本音の心情描写を交えて
上手い具合にフォローしています。
等身大の子供キャラを描けているので、
キャラ描写は上手いです。
まあ俺は前述通り、イライラしてしまって
読むのがかなりキツかったですががが。


②翠のヒステリー&八つ当たり、キレ気味な口調、
人の話を聞かない点がかなりメンドイです。
なんだか現実にいそうなリアルな女性を相手にしている感じで
読んでいて疲れるというかストレスが溜まります。
こちらもフォローがありますが、イライラして(ry

まあ①や②は
突然危険な異世界へと召喚された点に
対する環境の変化によるストレスや不安、
もう元の世界に戻れない辛さ等を考慮すれば
こういう反応は妥当なんですが、
わかっていても(ry


③なろう系の異世界に飛んじゃう話ですが、
危険な異世界でも必死に他人同士が家族となり絆を紡いでいく話で、
命の危険があっても家族は絶対助けるという理想論に重きを置いているので、
俺の嗜好と合わなかったです。

逆に展開がハードモードで
戦友でも英雄でも親友でもどんなに親しい人が犠牲になったとしても、
最小限の犠牲に留まる方法を最優先にするという
現実主義者的な話だった『楽園の守護者』は
速攻で世界観に没入して一気に読めたので、
単に好みの違いかと思います。


このくらいですかね。

正直、全年齢ではなく18禁のエロゲーにして
翠が客に無理やりレ○プされて、その後身体を売る展開、
街を探索していた隆明がゴロツキにボコられて美香が街でレ○プされる展開、
家を出て行った冬樹や由希子が怪物に殺される展開、
悠也と翠が由紀子達を探しに行っている間に
家に強盗が押し入って隆明が殺され、美香がレ○プされる展開、
ハンター中に悠也がしくじって死んでしまう展開、
翠がガーゴイルに殺される展開、
こういうエグい展開をいれて欲しかったですね(オイ

あー暗い話が好きなので、
ついついダーク方面のネタばかり
思い浮かんであかんな。


以上

これ1080円(税込)は安いね。
あらすじやTOP絵を見てピンときたなら、
買ってみてもいいんじゃないですかね。
ただ、エロゲーメーカーなのに、
非18禁なのが悲しー。