silkysの『愛しの言霊』攻略完了<挨拶

愛しの言霊[アダルト]

マイナー幽霊もの。
起伏がない展開だったので、
何回か寝落ちしかけました(オイ

※ネタバレ&超毒舌注意

ディスクレス不可。
ホイール×。
環境によって、
EDで強制終了する不具合があるので
修正パッチ必須。

シナリオに関しては、
主人公が家系と才能により幽霊を見れる設定で
ヒロイン5名中、3名が幽霊。
これだけでいくらでも面白くできそうなんですが、
シナリオは全編通して、
ダレ気味&目新しい展開もなく、
EDも予定調和なオチで特に見所がなかったです。

もっと起伏がある展開や幽霊ならでは
のダーク要素を挿れて欲しかったです。
どのヒロインの話も小粒すぎて
読んでいて面白みがなかったです。

また、MAP移動形式の弊害なのかしりませんが、
個別√の過程がどれも中途半端で
ヒロインとの日常やイベントが足らないし、
他のどうでもいい妖怪のサブイベント関連のせいで
ヒロインに集中しづらく、感情移入しづらいのも難点。

というか妖怪関連の話は全部削ってもいいくらいでしたね。
ロ○鼠女あたりはシリアス展開ぶち壊しでイラッとしました。
言動も行動もイライラ要素しかないので、
あの鼠ボコボコに殴りながら凌辱したかったですね(オイ

話戻しますが、
そんなわけで主人公はいつそんなにヒロインに惚れてたの?ってなります。
このせいで各エンド終盤に感動要素があっても、
まるで涙腺緩みませんでした。
まあ最後の演出自体はよかったんですが、
それまでの過程が薄いので、
最後まで話にのめり込めず、冷めっぱなしでした。


後、某ヒロインの飲酒事故&
好きな人に恋人がいるのに指輪をあげる云々の話は
普通に痛いストーカー女だし、
飲酒運転して事故死とか自業自得すぎて萎えました。
幽霊3名のキャラの中で一番好みだっただけに
後半の怒涛のサゲ要素連打の仕打ちに俺氏死亡。
かなしーなあ。
もうちょっとマシな設定を用意して欲しかったです。

ヒロインは亜樹が一番可愛かったですね。
幽霊の話とは関係なく、
完全に蚊帳の外のサブヒロイン的な立ち位置ですが、
仕草や言動が可愛らしく、一番そそられました。

ただ、亜樹の個別√は
彼女に妖怪が憑いていたという
何の面白みもない適当シナリオでしたね(コラ
プレイ中は意識不明の幽体離脱設定か
既に死んでいる設定だと思ったんだけどな。
正直、あの展開にはなにこれぇ?状態でしたが、
まあ亜樹が可愛かったからいいか。

ちなみに、エロシーンは総じて尺が短いし、
CGの構図が微妙だったり、竿が省略されているシーンも多いし、
中途半端な寸止め系もあるしで、
抜きどころなかったです。
後、ぽっと出のモブ妖怪達にエロシーンを何枠かさいていますが、
それいれるならもっとヒロインとのエロシーン増やして欲しかったです。
ともかく、エロ関連はあまり期待しない方がいいです。

そういえば、
古いゲームですが演出関連は頑張ってました。
最初は人魂の立ち絵だったのに
幽霊のヒロインと親しくなっていくと、
徐々にキャラの立ち絵になっていく演出はよかったです。
後、前述しましたが
ラストの○○する演出もグッジョブ。


以上

17日にInnocent Greyの
flowers夏篇発売でしたっけ。
夏篇は既に予約済みだし、
発売までに春篇崩さなきゃ(使命感