@OZの『アリスの森 快楽奴隷人形』の感想でも書きますか<挨拶

アリスの森 快楽奴隷人形

3Dムービーのエロを見たくなったので(定期

※ネタバレ注意


アリスの森 快楽奴隷人形

エロシチュ関連は
上記のサンプルCGにまとめられているので、
いつものエロ内訳省略で(ぇ

さて、エロムービーですが
本作は2015年発売と最近の作品なので
いつもの@OZ作品と同様、
クオリティー高い仕上がりになっています。
質に関しては、以前の感想通りで
もう完成形って感じで特に語ることもないかなあと。

後、アニメ調のキャラモデリングは
やはりそそられますね。
前にも言いましたが、リアル造形より好きかな。

ただ、エロムービーの質はいつも通りですが、
量的な観点からみると
体位の構図やカットが全体的に少なめでしたね。
挿入中はバックの尻アップ以外は視点に変化がなくて残念。

同サークルの『ビビッと一色 海水浴』の
体位の構図や視点の多さと比べると、
物足りなさを感じちゃいますね。

それと鬼イカセという単語がサブタイにありますが、
ぶっちゃけいつもと同じような出来なので、
イカせまくって白目でアヘアヘ的なものは全然ないです。
この前の某リョナ責めと同じで
サブタイは本編とシンクロしてない気がします(コラ


システム関連はいつものように
ムービーセレクト&編集機能で
自由に自分の好みに動画を選べます。
ドレス、スク水と服装選択も可能。

また、今回もヒロインの心の声が聞こえる淫語音声モードがあったり、
ムービー速度の調整で緩急の変化をつけられたり、
フィニッシュモードで射精まですっとばせたりもでき、
各々の射精感覚にも対応してくれる
フレンドリーなシステムが搭載されています。

今作から責め手側の言葉責め・強要台詞専用ウィンドウが追加されましたが、
各シーンの冒頭の一文のみなので、
別にあってもなくても変わらない印象(コラ
どうせ加えるなら、
行為中にもっと会話やら言葉責めやら
いれてほしかったですね。

淫語系は原作全部積んでいて、
どんなキャラなのかすら知らないので、
特に違和感なかったです。
まあ淫語好きな人にはいいんじゃないんですかね。

んで、ボイスは2次創作系の宿命で
もし原作知っていて声のイメージが固まっていると(ry
まあ3Dエロパワーでそこらへんの要素は
乗り切れると思うので特に問題なし。

オールプレイモードはエロシチュ連打で終わり。
プロローグのみで、特にシナリオとかはないです。
編集モードは前述通り、ムービーセレクト機能です。

個人的にはムービー速度のスパートボタンやフィニッシュボタン、
ヒロインの心の声ボタンがあって
動画もループしてくれるオールプレイモードのほうが
抜き的な意味で使い勝手よかったです。


以上

東方は紅魔郷から全部積んでるし、
その他の東方関連の同人ゲーも
かなりたまっているので、そろそろ崩さないといかんね。
いつかまとまった時間を確保できたらやろうそうしよう(ぇ