おてもと屋の『夏のひめごと。』の感想でも書きますか<挨拶

夏のひめごと。

3Dムービーのエロを見たくなったので(定期

※ネタバレ注意

はい、3Dムービーものです。
今回はこの前崩した同サークルの『凛 -Rin-』と違って、
テキスト進行ありです。
ムービーセレクト画面から動画を選択する形式で
テキスト有り・ヒロインのみ無し・全部無しの
3パターンの選択が可能です。

話自体、終始ヤっているだけなので、
ジャンル通り、ゲームではなく、
3Dエロムービー+テキストの動画集みたいなものですね。

ムービーセレクトは52種。
フィニッシュ過程は7シチュ。
私服・全裸・黒スクと
3パターンの衣装変更も可能です。
全部和姦。
以下、簡易内訳。

①事前、椅子に座らせて正常位×9(わかば)
②フェラ×5(わかば)
③キス、スマタアップ、立位×3、駅弁×4(わかば)
④Wフェラ×3(わかば、ふたば)、フェラ×4(ふたば)
⑤騎乗位×7(ふたば)
⑥丼×7(わかば、ふたば)
⑦側位×2(わかば)、正常位/手マン×2(わかば/ふたば)、正常位×2(わかば)、事後(わかば、ふたば)


こんな感じです。
さて、エロシーンですが
以前『凛 -Rin-』の感想で
ぬるぬる動くしリアル!と書きましたが、
今作はさらに進化していてこれまた仰天でしたね。

キャラのモデリングの肉感のリアルさが半端無いです。
表情や眼球もよりリアルになっていて、
3Dゲーのキャラ特有のロボット感や人形っぽさ、歪さがなかったですね。
汗と光と肌色のコントラストや日焼け跡の違和感のない質感に感嘆の一言。

これは一見の価値どころか
エロゲーマーもとい抜きゲーマーなら
やっとくべきだと思いますね(豪語
3Dもここまできたかーと。
エロの情熱は凄いですな。

モデリング的にはサムネ見て分かる通り、
ふたりともロ○っ娘です。
はい、背徳感満載です。
俺はロ○コンではないんですが、
普通にご飯三杯イケますね、


また、今回もエロムービーの内訳は
特殊シチュや前戯ほぼなしでなおかつフェラ以外は本番。
さらに挿入時の各体位の構図×7と
ひたすら本番エロで直球勝負している仕様で
これぞ抜きゲーもとい抜き動画という構成でした。

はい、このエロ構成は
個人的に非常によかったです。
俺は前戯に枠を割くより
挿入シーン満載にして欲しい派なので、
このくらい本番のエロムービーの構図や視点があると
シコリティー高いですね。

チラ裏ですが、
PCがボロいと、カクつく可能性があるので注意。
俺の低スペPCだとさすがにカクつきますね。
PC買い換えた時に改めて堪能しようそうしよう。


以上

ぐーたら積み本読んでいたら、
一日終わってました(ぇ
明日は積みゲー崩し頑張るぞ。