つじもが町に殺ってきたの『アニメネネプラス』の感想でも書きますか<挨拶

 アニメネネプラス

エロアニメーション。
さくっと抜く用にどぞ。
※ネタバレ注意





以下、パケ版の仕様。
WMPの動画仕様。ディスクレス不可。
全シーンアニメーション。
合計15分。

システム的には
エロゲーのADVのように
CG下部に主人公の台詞が表示されます。
ヒロインはボイスあり。
アニメーションの内訳は

①騎乗位(全裸)
②パイズリ(普段着)
③手コキ(眼鏡ナース)


あらすじは
主人公の夢で
ネネとひたすらHするだけです。
夢×3で終了。
エロ的には和姦です。

エロシチュ的には
身も蓋もないですが
ただヤッてるだけです(ぇ
尺も短め。さくっとヤるだけで
あっという間に終わるので、
AV感覚でさくっと抜く感じですかね。

エロシチュごとにアニメリンコプラスと違って
今回は3シチュ計15分で1パターンでした。
まあ前みたいに構図が同じだったら飽きちゃうので
別に1回でもいいかな。

エロですが、
アニメリンコプラスと同様、
本番の騎乗位はひたすら
上半身アップと下半身アップを
切り替えで見せ続けるだけなので、
全体を俯瞰的に見せて欲しかったです。

WMP形式ですが、
全体的に変化少なめなので、
同サークルのflashアニメーションゲーと
似たような感じです。

頬染めや半眼で悦っている表情、
テカリ塗り、乳揺れあたりが見所かな。
デカパイによるパイズリのダイナミック加減や
騎乗位の上下運動で腰のくびれの動作にエロスを感じました。
アニメーションはやはり胸が大きいほうが
乳揺れ的な意味で映えるなあと思いました(小並感

まあサンプル見てエロイ!と思ったら、
絵買いしてもいいんじゃないですかね(小並感
エロアニメーション抜粋みたいな感覚ですかね。
さくっと抜きたい時にどぞ。


以上

雑務処理8割くらい終わり。
今回は結構スムーズに作業できているので、
2月中、欲をいえば1月の新作発売前までに
終わらせたいですね。