Crepeの『戦巫女あかり ~悪鬼妊娠凌辱の宴~』攻略完了<挨拶

戦巫女あかり ~悪鬼妊娠凌辱の宴~

低価格の陵辱抜きゲー。
さくっと抜くようにどぞ。

※ネタバレ注意




ディスクレス可。
回想13。CG22(差分除く)。
クチュ音、パンパン音、BGVなし。
QS/QL、Autoあり。
テキスト窓透過調整機能なし。
ボイス連続、継続再生機能なし。
以下、エロシーンの内訳。


■あかり7
触手拘束挿入(巫女服、黄触鬼)
パイズリフェラ、騎乗位(巫女服、紅蓮鬼)
クンニ、正常位(蒼鏡鬼)
自慰、触手挿入(巫女服、黄触鬼)
静フタナリ化、フェラ、正常位(巫女服、静→あかり)
輪姦:触手アナル、バック、フェラ(巫女服、3鬼)
輪姦:触手挿入、アナル、フェラ、腹ポテ(全裸、3鬼)

■静2
触手拘束、正常位(戦闘服、黄触鬼、紅蓮鬼)
バック、獣(全裸、黒獣鬼)

■こよみ2
胸揉み(巫女服、あかりに変化した蒼鏡鬼)/バック(巫女服、蒼鏡鬼)
バック、獣(巫女服、黒獣鬼)

■複数2
3P、丼、腹ポテ、獣(全裸、あかり、こよみ、黒獣鬼)
首鎖、Wバック(全裸、静、あかり)



はい、鬼による陵辱ものです。
話の進行はヒロインではなく、鬼視点です。
シナリオは分岐ありますが、
大半のルートはちょちょっと戦闘して
あっさりヒロインが罠にかかって敗北。
その後はひたすらエロ連打です。

キャラ説明は最低限で話の尺も短く、
とにかくエロシーンに全振りした
低価格抜きゲーという感じですね。

というわけで、
キャラの背景描写やエロ前後の過程等、
そのあたりの肉付けは期待しない方がいいです。
登場キャラはもれなく、マッハ堕ちします(ぇ

キャラデザや装飾がカッコイイ系だし、
元の性格付けは強気系だし、
せっかく序章の戦闘描写で強さのアピールしたのに
マッハ堕ちすぎてなんか勿体無い気がしました。


エロシーンは全部鬼による陵辱です。
紅蓮鬼は脳筋巨根、黄触鬼は片言触手、
蒼鏡鬼は策士統括、黒獣鬼は獣エロ担当と
役割分担や性質が分かれています。

役割分担が明確なので、
暴力系のオラオラ系や言葉責め系、獣、触手等、
エロシチュもいい具合に分配されていました。

絵的には
最近めっきり見かけなくなった
リアル調の大人っぽいキャラデザが映える
昔ながらな絵柄でした。
俺的にはこういうリアル調の絵柄も好きなので、
もっと増えて欲しいですね。

まあリアル調の絵柄は萌え系には
人気や売上的に勝てそうもないから
淘汰されるのも仕方ないか(諦観


以上

感想記事の内部リンク修正完了。
後は個別記事ごとの内部リンクの修正すれば、
移行完了かな。
疲れたので
今日はさっさと寝ようそうしよう。