てのひらタンバリン『やるなら! やっぱり巨乳の団地妻』の感想でも書きますか<挨拶

やるなら! やっぱり巨乳の団地妻

団地妻を寝取るSS付きCG集。
さくっと堕落する団地妻もの。
※ネタバレ注意



パケ版の仕様。
ディスクレス可。
基本CG11枚。
ストーリー差分104枚×2サイズ。
文字無し61枚×2サイズ。総数330枚。
CGにセリフ・擬音有りと無しverの2種あり。
jpg形式でサイズは800×600、1200×900。
形態はSS付きCG集です。

文字あり版は
CGに台詞やテキスト、擬音もあるので、
CG集というよりフルカラーの漫画に近い感じですかね。
ただ、台詞は吹き出しではなく、
縦書き形式で文章量が多いので、
SS付きCG集というのが
一番しっくりくるかな。
以下簡易エロ内訳。


■簡易ページ内訳
1-8P:プロローグ、脅迫までの経緯
9-15P:階段で自慰(半脱ぎ)
16-25P:階段でひょっとこフェラ、口内射精(普段着)
26-27P:幕間
28-37P:中庭で立ちバック、中出し(半脱ぎ)
38-44P:中庭で顔見えない構図の騎乗位、中出し(半脱ぎ)
45-47P:幕間
48-54P:団地裏でパイズリフェラ、口内射精(普段着)
55-56P:幕間
57-69P:屋上で素股、正常位、中出し(普段着)
70-72P:幕間
73-78P:踊り場で立ちバック、中出し(普段着)
79-80P:幕間
81-88P:ベランダの欄干に両足乗せて洗濯物に捕まりながらりバック、中出し(普段着)
89-90P:幕間
91-97P:中庭の茂みでローション、背面アナル挿入、尻穴中出し、バイブ(半裸)
98-99P:幕間
100-104P:階段で座位、中出し(半裸、首輪)



はい、タイトル通り、
団地妻の寝取りを題材にしたSS付きCG集です。
話の展開はあらすじ通り、
偶然、巨乳団地妻の秘密を知った主人公が
団地妻を脅迫してやりたい放題H連打する流れです。

ヒロインの団地妻は夫が多忙により
夜の営みから遠ざかっており、
欲求不満状態というテンプレ設定です。

また、ヒロインは主人公の脅迫Hに
嫌々ながら従っていますが、
関係を重ね続けていくと肉欲に溺れて
自分から股を開くようになるのも
様式美な王道NTR展開でした。


ただ、ヒロインの夫自体は
テキスト説明のみで本編に登場せず、
主人公によるネタバラシ展開もないので、
寝取り感は薄かったです。

エロシチュは
団地を舞台にしているので、
団地の階段、踊り場、洗濯物なびくベランダ、
屋上、団地裏、中庭の芝生等、
あらゆる団地の区画で
野外Hしている点が特徴的でしたね。

まあテキスト説明主流で
CG上ではキャラ体位が
アップ構図のシーンが大半なので、
実際、団地のどの辺なのか
間取りがどうなっているのか分かりづらくて
いまいち団地シチュ自体にはピンときませんでしたが(小声
簡易でもいいので、
団地の全体図や構造をいれてほしかったですね。

キャラに関しては
ヒロインの団地妻は
中盤まで無理やりH展開ですが、
脅迫される原因が一種の露出癖によるもので
淫乱体質むんむんで初っ端から
ひょっとこフェラからの口内射精ごっくんしちゃうくらいなので、
あまり凌辱という感じはしなかったですね。
中盤(60/104P)で快楽堕ちしてからは、

・自分から挿れてと懇願してH、快楽に耽けまくり
・夫とのゴムセックスより間男との生セックスにドハマリ
・露出度の高い格好でH、間男の贈り物の首輪も装着

等、
快感に目覚めてからは
坂道を下るかのごとく、悦っていましたね。
エロシーンの構成自体は
前述通り、団地の区画で行為に及ぶエロシチュですが、
Hシーン自体はノーマル系の前戯・本番シーンが大半で
特殊系はひょっとこフェラとアナルくらいかな。

後、過去記事でも書きましたが、
セリフやテキスト付きでの差分CGが
多数あったほうがやはり実用性が違いますね。
個人的には台詞や話の流れが
全く無い状態の差分CGを見ても
あまり興奮しないので、この仕様はよかったです。

ただ、他のHCG集と比べると、
各シーンごとの幕間や
状況説明文のテキスト量がかなり多いので、
興が削がれる人がいるかもしれませんね。

後、内面描写のテキストの際に
CGを暗くする表現方法は
抜き系統の作品だとちょっと抜きづらくなりますね。


以上

気づいたら、
日付が変わっていました(定期
明日は積みゲー崩そうそうしよう。