ドールハウス『image_ex』の感想でも書きますか<挨拶

image_ex

3Dムービーのエロを見たくなったので(定期
※ネタバレ注意



パケ版の仕様。
エロシチュ関連の流れは
以下のとおり。

①冒頭(02:20)

②フェラ1、手コキ、尻アップ(01:21)
③フェラ2、我慢汁(
00:51
④顔面騎乗クンニ(01:41)
顔面騎乗クンニ→背面側位(00:32)
背面側位(00:48)
⑦駅弁(01:17)
⑧駅弁→騎乗位(00:20)
⑨騎乗位1(01:28)
⑩騎乗位2
(00:48)
⑪騎乗位3、中出し(00:54)
⑫バック(02:39)
バック→正常位(00:41)
正常位(02:21)
正常位、中出し、END(02:00)
⑯おまけ1、パイズリ顔射(00:53)
⑰おまけ2、謎ダンス1
(01:26)
⑱おまけ3、謎ダンス2
(01:10)



ディスクレス可。
動画数15本+おまけ3本、計18本。
総収録時間 約23.5分。

システムは
動画形式の3Dエロムービーで
 H.264 コーデックのaviファイルです。
WMP再生可能です。
エロゲーではなく、エロムービーですね。
ムービーはエロシチュやシーンごとに区切られており、
全部でおまけも含めると、18ファイルあります。


ただ、シーン内訳から分かる通り、
1ファイルごとの再生時間が1分もないシーンもあるので、
全シーン結合した1つのファイルでも
よかったかもしれませんね。
まあWMPのプレイリストで
順番再生するように設定すれば
特に気になりませんでした。

ここだけの話ですが、
xp時代からWMP使っているのに、
プレイリストで再生順番を設定できるのを
最近になって初めて知りました(超情弱
機械音痴なのでしょうがないですね。

さて、エロシーンですが、
再生時間は23.5分で
冒頭とEND、おまけダンスの時間除くと、
Hシーンの再生時間は16分強程度です。

お話は
不思議空間に迷い込んだヒロインが
自分とそっくりの女と男がHしているところを
目撃する展開です。

エロシチュは
不思議空間でHしているだけです。
前作のimageを未プレイなので、
お話自体はよくわかりませんが、
ぶっちゃけひたすらH連打しているだけなので、
特に前作未プレイでも問題ないと思います。
エロシチュは凌辱ではなく、和姦です。

淫語系の台詞は全然ないです。
基本は喘ぎのみですが、
俺は淫語系多めより喘ぎ中心の構成のほうが
好きなのでその点はよかったです。

3Dに関しては、
8年前発売で古い作品ですが、
今でも問題なく見れるくらい
クオリティー高かったですね。

・見上げ型の構図で下乳爆乳アップ
・ぽよんぽよんに揺れまくりの爆乳やむっちりお尻
・違和感のないVラインや骨格、腹回り、くびれ描写
・肉感抜群のエロチックな体つき
・俯瞰から男視点の見上げ、見下ろし型等、多彩なカメラアングル
・モザイク越しでも艶めかしいパイパンの性器
・光沢感ある肌の質感のリアルさ加減


等など
見所が多かったです。
胸や尻の弾力、肌の質感、グリグリ動く腰つきは
えっちかったです。
また、骨格の造形が丁寧なのが印象的でしたね。
背骨の凹凸のリアルさ加減には
素直にほぇ~と唸ってしまいました。

そういえば、
おまけの謎ダンスはなんだったんだろう。
キャラの表情豊かで胸揺れ、下から見上げる覗きアングル等、
本編同様、気合入っていた気がします。

3Dモデリングが好みでなおかつ
サンプル動画を見て下半身が反応したら、
プレイしてみてもいいんじゃないかな。


以上

フルプラゲー崩していて、
記事投稿するのを忘れていました(オイ
久しぶりに熱中しているので、
一気にプレイしようそうしよう。