Astronautsの『百奇繚乱の館』の体験版感想でも書きますか<挨拶

百奇繚乱の館

淫靡で怪しげな雰囲気溢れる館モノ。
これは期待できそうですね!
※ネタバレ注意



体験版はかなり長めです。
正確な時間測ってませんが
セーブデータ換算だと
選択箇所総当りプレイで5時間程度。
システムは移動MAP選択型。
クチュ音、パンパン音のBGVあり。
テキスト窓透過調整機能あり。
ボイス連続再生、継続再生機能あり。
QS/QL、Auto機能あり。
スキップは既読判定ありで
場面ごとかっ飛ばす超便利仕様。
以下体験版で確認したエロシーン内訳。


■莉理華
・主
手コキ射精(普段着)

■史華
・主以外
バック1、中出し、主:覗き見で自慰射精(普段着)
バック2、中出し、主:覗き見で自慰射精(普段着)

■絢

・主
パイズリ射精(普段着)
フェラ、外、連続、口内射精(普段着)

■百合
・主
クンニ、射精(普段着)
黒ストで足コキ射精、連続(普段着)

■織江
・主以外
フェラ、口内射精、百合:観戦、主:覗き見(下着)

■怜
・主以外
乱交、騎乗位、W手コキ、フェラ、中出し、顔射、ぶっかけ、主:覗き見(下着)



はい、アストロノーツの待望の
新作『百奇繚乱の館』です。

今回はタイトルから分かる通り、
怪しげな館モノですね。
開幕早々に速攻で館炎上ネタから始まって
ちょっと笑えました(ナニ

館炎上してから
過去回想で本編が始まるのは
斬新なスタートでしたね。
ただ、冒頭で館炎上の未来が確定してしまうので、
ルート分岐はどうなるんでしょうね。

MAP選択型でアイテム要素もあるので、
分岐が結構多そうなんですよね。

システム的に攻略が大変そうでした。
ただ、スキップが次の選択肢まで
即かっ飛ぶ神仕様なので、
作業感は減りそうかな。

後、テキストが
縁取りされてないフォントで
文字サイズ自体も小さいので、
目が疲れましたね。
体験版プレイ後は
目がしょぼしょぼ状態でした。

さて、シナリオは
色々と伏線やら謎が多く、
先が気になる内容でしたね。
ざっと気になった所を羅列してみると、

・居所不明の教授古鷹の行方
・主人公の携帯電話の行方
・屋敷の窓で目撃した不気味な使用人
・ヒロイン達の髪や爪を収集する不気味な使用人
・怜と史華の会話を覗き見しつつ、懐に何かを入れる仕草をした使用人
・館内を散策している目的不明の使用人
・夜中に聞こえた獣のような呻き声(後に兵蔵部屋前の怜イベにて、恐らく兵蔵)
・「屋敷の中の行動は全て見ている」という意味深な言動
・立て続けに事故死した跡取りになるはずだった長男と史華の婿養子
・怜が使用人達にビンタして叱責した理由
・娘達を抱いてもいい。蓄は多いにこしたことはないと言ってのける兵蔵の真意
・織江の訴えかけるような表情の真意、織江の腕の痣(百合が暴行)
・莉理香の嫁候補の人は皆嘘つきという発言、心を読んだかのような返し
・岩城に見覚えがある絢との関係
・心ここにあらずで夢遊病のように深夜出歩く莉理香
・夜な夜なHしていた兵蔵と史華の関係
・部屋を覗き見できる謎の隠し通路、誰が開けっ放しにしていたのか
・深夜、主人公の部屋の前に立ち止まっていた人物は誰なのか
・兵蔵の後悔とは
・史華が冷たい視線を向けていた空き部屋、イベント後、施錠状態
・庭にいる番犬のウリエルことうり、ときたま姿が見えない
・何故か外側ではなく、屋敷の塀の内側にある返しの棘
・屋敷の地下室にある鍵のかかった部屋
・莉理香に備わっている神子の力、心を読める?
・廊下に飾られている不気味だが気になる値打ちなしの絵、絵を嫌悪する莉理香
・庭裏で岩城と会話中にこっそり誰かに見られているかのような感覚
・庭で主人公が織江の治療中にこっそり影から見ていた人物
・薫が仕掛けたらしい盗聴器のボタン
・怜と兵蔵の会話、岩城が数年前にほにゃらら
・日に日に体調不良になっていく岩城(一服盛られた?)
・消し忘れの書庫の電気、奥で何かが動く音
・正体不明の厨房の異臭
・婿候補らしく振る舞い、織江には何も期待するなという百合の忠告
・拾った古びた鍵と料理の本
・裏庭に聳え立つしめ縄がある祠
・戸籍すら残っておらず闇に葬りさられた莉理香の双子の弟の存在
・織江が言おうとした「むしろ…」の発言
・庭で話していた田所と兵蔵の会話内容
・円山が憎しみを抱く相手とは、怜との協力関係
・中庭の白い人影は誰だったのか
・平蔵が怒鳴っていた相手は誰だったのか
・怜が下々の使用人達に肉便器扱いで乱交する理由
・遊戯室に通い続けるとダーツの腕が上達
・湯越山に眠る秘宝の在り処


等など、
体験版だけでも
結構な数の謎やら伏線が散りばめられているので、
本編が楽しみですな。

儀式の参加者達や
庭の焼却炉があるそばの地下室に住む不気味な使用人が
話にどのくらい関わるかどうか私、気になります!

話もそうですが、
Hシーンにも関わってくるかも
気になるところですね。
参加者や使用人によるNTRや凌辱、輪姦、乱交あたりも
見てみたいところですが、どうでしょう。

まあ体験版の時点でこれだけ他男達が
Hシーンで出しゃばってくる作品も珍しいので、
製品版でも期待してもいいよね?(チラ

怪しい隠し通路の覗き穴やら
立入禁止になっている鍵の掛かった地下室の部屋やら
訳ありの一族の儀式やら
色々、きな臭い要素が多いので、
どのような話になるのか製品版のお楽しみですね。
鍵の掛かった地下室の部屋は
乱交部屋か調教部屋、拷問部屋、換金部屋、儀式部屋あたり
なんじゃないかなと勝手に予想してます(数撃ちゃ当たる論法

後、使用人の庭師は
ヒロイン達の髪の毛や爪の収集、深夜に窓から屋敷を覗き見、
庭の焼却炉付近の納屋の地下を住居にしているといった
怪しさ抜群3コンボの人間なので、
どう立ち回るかも注目ですな。

話のネタ的には
能力やら一族の血やら仄めかしているので、
かぐやの霧谷伯爵家の六姉妹系統の話に
なりそうかなあと。

主人公に関して。
今回はいつものM&M原画の主人公より
大分へたれ気味なのが気になります。
巻き込まれ型の受け身タイプの主人公より
岩城さんのような飄々としながらも行動的で
頭も冴えているタイプのほうが好みですが、
本編ではいい意味で活躍してほしいですね。

流されてヒロイン手動のH連打で
なすがままというのもそれはそれで悪くはないですが、
男なら見せ場を作って頑張って欲しいですな。
体験版では完全に覗き見の常習犯で
ただの出歯亀でしたからね(ナニ

ヒロインは絢、メイドさんが好み。
色気むんむんの史華や
処女のくせに女性上位全開の百合、
ギャップ激しい怜もいい味出していました。
凌辱要素次第でより映えそうなキャラも
ぼちぼちいましたね。

脇キャラの男達も
個性あってキャラ立ちしていたので、
エロ的にもお話的にも
暗躍してほしいですね。
体験版の次点で主人公より
全然主人公していた岩城さんは有能すぎて
薬盛られて強制退場させられそうでした。
かっちょいいキャラなだけに
頑張って欲しいところです。

とりあえず、体験版やった限りで、
既に抜き×シナリオをコラボレートした良作臭が
俺のセンサーに反応しています。
かぐやの霧谷家級だったらいいな。

抜きゲーにしては
珍しく男キャラも多いので、
お話やエロシチュ的にも
色々と展開できそうなので、
両方面で期待しています。


ジャンル:人里離れた洋館を舞台に繰り広げられる官能と陰謀の『館もの』ADV
発売予定日:2017年7月28日発売予定
PK初回版販売価格:9,800円(税別)
PK通常版販売価格:8,800円(税別)
DL版販売価格:7,800円(税込)


以上

さて、引き続き、
別の新作の体験版を崩しますかね。