あんずワークスの『ケンカした妹となんだかんだでそのあと滅茶苦茶セックスした』の感想でも書きますか<挨拶

ケンカした妹となんだかんだでそのあと滅茶苦茶セックスした

3Dムービーのエロを見たくなったので(定期
※ネタバレ注意



パケ版の仕様。
エロシチュ関連の流れは
以下のとおり。

①冒頭(~01:50)
②キス、服越しに胸揉み、制服(~03:25)
③手コキ、裏筋舐め、制服(~05:40)
④フェラ、口内射精、制服(~7:20)
⑤服越し・服上に捲って胸揉み、制服(~9:50)
⑥乳首弄り、乳首舐め、制服(~10:50)
⑦パイズリ、顔射、制服(~12:40)
⑧キス、パンツ越しに手マン、制服(~13:30)
⑨正常位、中出し、制服(~17:50)
⑩騎乗位、潮吹き、制服(~20:40)
⑪立ちバック、制服(~23:15)
⑫脚上げ挿入、制服(~24:15)
⑬バック、制服(~25:55)
⑭駅弁、中出し、制服(~30:15)
⑮エンドロール(~30:34)




ディスクレス可。
システムは
WMV形式動画ファイル1本
HD画質(1280×720ピクセル) 。

総収録時間 約30分34秒と
同価格帯では長めでボリューミーでした。
前戯や体位も充実していましたね。
動画内では冒頭以降、終始ヤっているだけなので、
ジャンル通り、ゲームではなく、
3Dエロムービーの動画ですね。

エロシチュはタイトル通り、
ケンカした妹となんだかんだで
そのあと滅茶苦茶セックスする展開です。

ケンカといっても
兄貴が隠し持っていた妹もののAVを発見して
私がいるのになんでこんなAV見てるの!?と
兄貴に詰め寄る流れなので、
全然ガチなケンカではないです。

勿論、HシーンもラブラブHなので、
凌辱ではなく、和姦です。
といわけで兄妹設定ですが、
近親相姦の背徳感は一切ないです。

エロシーンは内訳通り、
エロシチュごとに
ズームやカメラアングル、フェラ・挿入時の緩急等、
多彩なので、飽きること無く見れましたね。
兄貴の男根が仮性包茎で親近感を覚えました(ナニ

仮性包茎の通常時から勃起時に
皮剥けする仮性包茎の描写が
妙に丁寧でリアル感があったので、
仮性包茎フェチな人にも見てもらいたいですね(キリ

また、妹の潮吹きっぷりが豪快だったので、
びしゃびしゃと潮吹きまくるシーンが好きな人も必見ですね。
後半は行為中にびちゃびちゃと愛液が漏れまくりでした。
ここまで愛液が垂れ流し状態なのも珍しいですね。

フィニッシュ射精は
口内射精と正常位、駅弁の中出しでした。
俺は男側とシンクロしながら自家発電するので、
どうせなら体位ごとに毎回射精があってもよかったかな。
まあ潮吹き描写の豪快さで中出し分をある程度補っており、
また体位を変えて連続挿入する分、
射精感の高まりもシンクロできたので、
これはこれでありかもしれませんね。

さて、3Dに関しては、
今年発売されたばかりの作品ということもあり、

・フェラの頬張りやカエル顔風味のガッツリ具合
・ダイナマイトおぱーいの迫力、ねちっこい乳首弄りと乳首舐めのズームアップ
・肌の質感や光沢、頬染め、自然な服の皺描写、エロチックで多彩な表情描写
・行為中にVラインや尻肉を中心に蠢くエロチックな肢体の動作
・リアル感のある丁寧な身体の陰影描写


などなど、
クオリティーが高い仕様となっております。

カメラワークは
行為中、全身が映る構図が多く、
アングルも多彩なので、
抜きやすい構成になっていました。
ズームアップ一辺倒ではない点は
個人的にグッジョブでした。


ズームアップのシーンでも
Vラインや尻をアップにする構図が多く、
挿入しているところがガッツリ見えるのも
高ポイントですね。

男根が肌色とくらべて、
土器色すぎる気がしないでもないですが、
冷静に自分のナニを見返したら、
自慰のしすぎで浅黒く染まっていて
大して変わらないかなと思い返しました(真顔

キャラの3Dモデリングは
アニメ調で可愛らしく仕上がっています。
正統派の黒髪ロング×制服の着衣エロのコラボは正義!
そしてなにより表情の多彩さが素晴らしかったですね。
普段のパッチリお目々と
行為中の細めと半眼で悦っている表情に
ギャップがあって興奮度が上がりました。

髪の揺れはリアル調の作品と比べると、
サラサラ感はないですが、
そのへんはアニメ調のモデリングなので、
特に気になりませんでした。


以上

今日もぐだったー(定期
明日は積みゲーやろうそうしよう。