プリンシアの『バースファンタジー~ララとアオイの連続出産ものがたり~』の感想でも書きますか<挨拶

バースファンタジー~ララとアオイの連続出産ものがたり~

2h程度でさくっとクリアできるお手軽RPG。
 ※ネタバレ注意



ディスクレス可。
CG15。回想15。
CGはゲームフォルダ内に全54枚収録。
ボイスなし。
QS/QS、Autoなし。skipなし。
テキスト窓透過調整機能なし。
村のレバーアイコンから移動速度の変更可。
F4で画面サイズ変更。
ゲームパッド使用可。
以下、シーン内訳。


■ララ
触手挿入、破瓜、中出し(チャイナ服、触手魔物)
立位、中出し(チャイナ服、魔物)
輪姦、立位、中出し(チャイナ服、エルフ達)
輪姦、フェラ、2穴挿し、中出し(チャイナ服、オーク達)
立ちバック、中出し(チャイナ服、魔物)


■あおい
挿入挿入、破瓜、中出し(巫女服、触手魔物)
触手両穴挿入、中出し(巫女服、触手魔物)
背面座位、中出し(巫女服、オーク)
2穴挿し、中出し(チャイナ服、双子男)
立ちバック、中出し(チャイナ服、ロイ)

■ララ&あおい
ストリップショー、両穴蝋燭責め(チャイナ服・巫女服、ならず者達)
輪姦、丼(チャイナ服・巫女服、ならず者達)
輪姦、立位、側位、中出し(チャイナ服・巫女服、エルフ達&ならず者達)
W立位(チャイナ服、犬系魔物達)
W電流器具挿入(チャイナ服、レジスタンス達)



同人ゲーでよくあるツクールRPG系です。
システムはコマンド式ターン制バトルで
一応アイテムやLV要素もありますが、
まともなBOSSもいないので、
特に戦闘に重きをおいているわけではないです。
大体2時間程度でさくっとクリアできます。
操作キャラはW女性主人公2名のみ。

RPGのゲーム性という観点からみると、
巷の難易度がベリーいーじーな
同人RPGゲーと同等です。
攻撃連打しているだけで殲滅可能と
簡単すぎて詰まるところもないです。


エロシチュですが、
サブタイトルの連続出産と銘打っているので、
出産がメインなのかな。

ただ、妖精の特殊能力で妖精に殴られたら、
いきなしモンスターや人間の赤ちゃんが生まれているだけで
描写も何もあったものではないので、
孕ませや異種姦産卵、出産シチュに関しては
期待しない方がいいです。
毎回、魔物や人間の赤ちゃんのドット絵が
突如出現するのは苦笑い。

そもそも妊娠するのは
妊娠促進する木の実を食べて犯されたら一発妊娠、
凌辱による妊娠危惧や腹ポテ絵も出産までの過程もないので、
描写も何も(以下同文


愛着がないとはいえ、毎回子供を他人に
あっさり引き渡す展開はどうなんでしょうね。
どうせ赤ちゃん即出産の超展開にしたなら、
子供も成長状態にして会話や戦闘、イベントに
参加させても良かった気がしないでもないです。

後、ララとアオイの破瓜のシーンが
開始早々に突拍子もなく
触手に襲われて
あっさり散らせてしまって
なんだか勿体なかったですね。
事後もあっさりすぎて(ry

その他にHイベントが
突発的に襲われるパターンばかりなのは
同人RPGあるあるネタなので別にいいですが、
毎回、片方の女キャラが犯されて
その後に犯さていないほうも陵辱される展開なので、
エロシチュもワンパターン気味でした。

作中で妖精も言っていましたが、
何回、同じやられ方しているのかと
突っ込みたくなったのは俺だけじゃないはず。
まあ輪姦好きなので許容範囲ですが
さすがに何回も同じパターンだと、
デジャヴりますね。

というかいつも妖精が事後に登場しますが、
最初から妖精のカリスが付き添っていれば、
犯されずにすみますよね。
まあそうするとHが発生しないのでしょうがないか。

ちなみに、
本作はCGモードも回想モードもないため、
クリア後にエロシーンの再確認ができないので、
抜き的な意味ではかなり実用しづらいです。
シーン前にその都度、途中saveしておかないと使えないですね。


回想モードがないため、
イベントを全回収したのか不確定ですが、
イラスト15枚で回想15シーン閲覧したので、
全部回収できたのかな。

他に細かい所でいうと、
ダンジョンやMAPはほぼ一本道、
メインイベント以外の
町やダンジョンでのサブイベントや宝箱が全然ないので、
人と話したり、アイテム探し等の
町を探索する楽しみがないです。
装備も初期装備以外、ないです。

そもそもまともなBOSS戦すらなく、
戦闘はエンカウント主流で
イベント戦もほとんど発生しないので、
RPG要素はおまけみたいなもんですね。

んで、一番問題なのは
ラストの終わり方がまるで
漫画の打ち切りENDのような
夢オチみたいな〆なんですよね。
レジスタンス達に囚われて拷問され、
途中でロイが助けに入るも脅されてあおいとH。
その後、ララが目を覚ますと何故か村に戻っていて、
ダンおじさんたる人物が帰郷。
村の近くに学校を作ってEND。

意☆味☆不☆明!
最初はララの気絶中に見た幻の幸せENDかと深読みしていたんですが、
その後オチも何もなく、学校を作ってエンドロール終了だったので、
見たまんま今までの冒険そのものが
ララの夢オチだったってことですかね?

思い返してみると、道中のジューダス王国に
向かうだけという旅の目的の無さもわりとひどいですが、
この終わり方は輪にかけてひどいですね(直球
結局、製作者はこのゲームで何を伝えたかったんだ?と困惑しました。
ただ単に脳天気な女性冒険者2名が
道中で凌辱・輪姦されまくるエロシチュを書きたかっただけなのかな。

…。
酷評しかしていないので、
良かったところも箇条書き。

ララとアオイの女の子同士の
和気藹々とした会話はほんわかしました。
魔女との女子会風愚痴イベントは
制作陣が女性ということもあって
なんだかリアル感がありました。

ロイ⇒ララの片思いでアオイと強制的に
Hさせられるエロシチュはよかったです。
ララが起きていたら、なお良かったんですが気絶していたのが惜しいです。
テンプレの如く、毎回犯される
凌辱・輪姦シチュはなんだかんだよかったです。
犯されても犯されてもさらっと何事もなく切り替えるところは
ある意味、女性の強かさを描いているのかもしれませんね。
まあトラウマになっていたら、冒険が終わってしまうので、
能天気キャラにしただけかもしれませんが(小声


以上

ランス10、一旦寝かすといいつつ、
裸イベント&食券マラソン中。
未読イベントがあると
ついつい回収のために起動しちゃいますね。