elfの『SHANGRLIA -シャングリラ-』の感想でも書きますか<挨拶

シャングリラ【Windows10対応】

昔懐かしのSLGゲー。
エロシーンの短さも然ることながら
そもそも会話イベントが少なすぎて
びっくりしました(小声
ネタバレ注意



win版です。
パケ版のマルチパックでプレイ。
対応OSはwin95/98/00/xpですが、
俺のwin7 64bitでも普通に起動しました。

ディスクレス不可。
CG51。回想10。
クチュ音、パンパン音、BGVなし。
QS/QS、Autoなし。
ボイス連続再生、継続再生機能なし。
テキスト窓透過調整機能あり。
テキスト送りはホイール可。
戦闘は全10ステージ。(スペシャルMAPを除く)
以下、エロシーンの内訳。

■愛、一葉、二葉、陽子、五月、夢津美、静、麗子、弥生、菜奈
H(数クリック)


はい、今更ですが、elfのSLGゲー
『シャングリラ』を崩しました。

俺はFEの封印ハードやヘクハー、暗黒剣のルナティックを
味方死にまくりでボロボロになりながらもクリアしているし
難易度はベリーハードでいくぜ!と
意気揚々とプレイ開始しましたが、
早々にベリーハード挫折→ハード挫折→ノーマルまで
難易度を変更した模様(オイ

まあまだこのシステムに
慣れてないからしょうがないね(言い訳
クリア後に思ったのは
どの子を最初に攻略するかでMAP難易度が結構違うので、
最初に飛行ユニットのMAPを攻略したのが間違いでしたね。
最初は無難に左上のドアの剣士隊から
右方向に順番に攻略したほうがいいですね。

んで、初回プレイの数回は
飛行ユニットに移動力に惹かれて
メンバーにいれていたんですが、
コストカツカツになって6体くらいしか出撃できず、
数の暴力に負けて全滅しまくりで
こりゃあかんとメンバー変更しました。
ステージごとのメンバーは

剣士隊・槍隊、戦士隊ステージは剣士と騎馬で固めて残りは弓兵
大砲隊ステージは大砲と槍で固めて残りは弓兵と剣士
忍者隊ステージは弓兵と槍で固めて残りは火竜と鷲
騎馬隊ステージは大砲と弓兵で固めて残りは槍と火竜
鷲隊ステージは弓兵と火竜、鷲で固めて残りは大砲
(初回攻略時に火竜・鷲を1体しかメンバーにいれてなかったので、弓兵で敵を殲滅するも残り1体が左端に逃げたので、射程が届かなくなって詰みました)
火竜ステージは弓兵と大砲、鷲で固めて残りは槍
弓隊ステージは弓兵、鷲・火竜で固めて残りは槍
魔法隊ステージはオール鷲

これでさくっとクリアしました。
ただ、ラストに選択した魔法隊のステージでは
オール鷲出撃にして突撃するだけで無双できたので、
弓兵がいないステージなら
出撃メンバーはオール鷲でも行けそうな気がしました。

前述通り、高コストのため、
鷲はあまりメンバーに入れていませんでしたが、
地上兵はちまちま数マス移動するのがかなり面倒だったので、
最初からもっと空部隊を中心にしていれば
よかったかもしれませんね。

後、FEや幻燐の姫将軍をプレイしているせいか
1回死亡したら復帰が不可能だと思って
1ステージ目は慎重に行動していましたが、
実は死んでも1個隊は使用不可になるだけ
ということが判明したので、
戦闘で死んでもまあいいかと思って
そのまま進めてしまいました(オイ

味方ユニットは一応ヒロインの顔マークですが、
汎用部隊で複数出撃可能なため、
愛着が湧きづらいからしょうがないですね。
ノーマルならガンガン死亡しても
特に問題なくクリアできました。

また、同部隊のステージクリア時に
1回だけ全滅した部隊も補充されて
全個隊復活するので、
有効活用していました。
経験値要素ありますが、
ノーマルなら特に気にしなくても
普通にクリア可能です。


難易度を上げたら、
歯応えがあるSLGパートになりますが、
結局、味方ユニットは汎用部隊のため、
特にキャラに愛着が湧かないので、
純粋にSLGを楽しみたい人以外は
別にわざわざ難易度をあげる必要ないかな。

俺はこの手のゲームでは
気に入ったキャラを育てるのが
好きだから難易度を上げないのは
しょうがないですね(オイ
クリア後のスペシャルMAPも
特にご褒美はないようなので、
プレイしてないです(小声

次、シナリオ関連。
シナリオは特になし(オイ
プロローグの魔法使いが話した最低限の説明だけで
主人公がいきなし異世界の状況を
理解する展開は違和感しかなかったです。
さすが昔のゲームと言わんばかりの状況把握能力でした。

んで、主人公はターンごとに異世界の王子に
魂を憑依させて戦闘するんですが、
特に戦闘MAPで会話イベントもCGも発生することはなく、
敵ユニットは全部モブなので、戦闘が盛り上がりません。

そもそも会話イベントが
ヒロインとの初邂逅の時の会話と
Hシーン以外では皆無のため、
全然キャラに愛着が湧かないですね。
プロローグの魔法使いさえ再登場しませんし、
グラありの幼馴染キャラも特に役割があるわけでもないです。
主人公すらキャラ背景が語られないので、
結局最後までどういう人物なのかすら
よく分からない模様。

また、1ステージごとに
クリア後、救ったキャラとご褒美的なHがありますが、
テキストがあまりにもダイジェストすぎるので
実用性は薄いですね。


例をあげると、
某うたわれの早漏王以上にエロシーンは短いです。
ドラゴンナイト4のリメイクのエロシーンを
さらに短くした感じですね。
脱衣麻雀みたいなもんかな。

Hするぜ!と思って1クリックしたら
もう事後の会話になっていることがざらなので、
これはもう18禁というか15禁レベルですね。
どうせリメイクするなら
もっと尺を増やしてほしかったです。


以上

さくさく1をコンプできたので、
続けてシャングリラ2もやりますかね。