ぬるはちぽんぽん『ショタ退行記~エリウスの犯され冒険記~』の感想でも書きますか<挨拶

 Valkyrie Story --ヴァルキリーストーリー--

2h程度でさくっとクリアできるお手軽RPG。
※ネタバレ注意



ディスクレス可。
回想8。
ゲームフォルダ内の
裏技テキストに記載されている方法で
最初から回想を全開放して閲覧可能。
要所要所でクチュ音、パンパン音あり。
スペースキーで戦闘高速化。
ボイス無し。
以下、シーン内訳。

■主人公
主:縄拘束、フェラ(普段着、文官のグロリア・フレイヤ)
騎乗位(下着、メイドのアンナ・スザンヌ)
騎乗位(半裸、魔道士のミュシャ)
騎乗位、付き人:観戦(半裸、姫のクリスティーナ)
主:手縄拘束、背面騎乗位(下着、近衛隊長のアルテナ)
手コキ(サキュバス×3)
騎乗位(半裸、シスター)
サンドイッチ(テオドラと乳母)


はい、タイトル通り、オール女性上位の
ショタ責めゲー『ショタ退行記~エリウスの犯され冒険記~』です。
システムは同人ゲーでよくあるツクールRPGものです。

話の大半は城内でのイベントです。
女キャラと話して女性上位のH展開が続きます。
終盤に城外へ逃亡後は
地下通路、城下町、森、ラスダンと
戦闘メインになりますが、
特に難所はなくさくさく進むので、
メインは城内イベントかな。

Hシーンは
兎にも角にもショタの主人公が
城内の女性たちに襲われる女性上位のエロシチュなので、
おねショタや逆レイプ、Mシチュが好きな人どぞ。

各キャラ1シーンしかHがないのが玉に瑕。
せめてメインキャラのテオドラやクリスティーナ姫は
複数回、Hシーンが欲しかったですね。

戦闘はコマンドターン制バトルです。
前述通り、特に詰まることはなく、
ラスボスもサキュバスレイヴと回復アイテムを
交互に使用しているだけでさくっと倒せるので、
戦闘はおまけみたいなもんですね。

シナリオはスカスカすぎるので、
エロシーン回収したら、
別に最後までやる必要ないくらい薄いです(直球
ラスダンで
「この先はエロシーンないから引き返していいよ!」と
仕切りに表示されますが、
まさにその通りでしたね(コラ

いやHシーンはないとしても
ラスボス倒したら
メインキャラのテオドラかクリスティーナ姫あたりの
エピローグがあると思ったら、
数行のテキスト後日談がエンドロールのように流れて
即終了ですからね。
余韻もなにもないです。

また、クリスティーナ姫と地下通路から脱出ルートでも
入り口から強行突破ルートでもENDに全く変化がないので、
わざわざ2ルートに分けた意味がなかったですね。
エピローグが変わると思って
わざわざ両方プレイした俺乙。

余談ですが、
バグなのか仕様なのかわかりませんが、
クリスティーナ姫を仲間にしてから
あえて部屋の隠し通路を通らずに
城の入り口から強行突破すれば、
そのままラスボス戦まで
クリスティーナ姫を同行できます。

2018y04m04d_162148118
まあ結局、クリスティーナ姫を連れて行っても
何も会話もイベントも追加されないので、
多分ただのバグですね。
ラスボス戦まで普通に戦闘に参加できるので、
戦闘でより楽に進めたい人は一緒に連れていくのも一興です。

クリスティーナ姫を連れていても
サキュバスに襲われるシーンは
主人公が一人で打開しますが、
クリスティーナが全く喋らずに
ドット絵で隣にいるのはなんだかツボりました。

ちなみに、シスターのHシーンで
クリスティーナ姫がいたら、
どうなるんだろうと教会にも行ってみましたが

2018y04m04d_163609400
残念ながら匿った後にこの画面で
フリーズして進めなくなりました。
サキュバスのシーンみたいにシスターとHするのに
ドット絵で隣にいるシュールなシーンが見たかったのに(オイ

そういえば、俺のPS2ゲームパッドでは
何故か移動時にバグって操作不能になるので、
キーボードとマウス操作でプレイしました。


以上

ようやくアセリアをコンプしたので、
明日、感想記事を書きますかね。