スタジオ奪の『奪ZERO 〜最初のあやまち〜』の感想でも書きますか<挨拶

奪ZERO 〜最初のあやまち〜

奪シリーズに登場した
ゲンさん視点の過去編です。
※ネタバレ注意



回想7。CG6(差分除く)。
クチュ音、BGVなし。
ボイス継続再生、連続再生機能あり。
QS/QL、AUTOあり。
以下エロシーン内訳。

■静音
・ゲン
ホテルで手マン、正常位、中出し(全裸)
野外で脚上げ立ちバック、中出し、通行人:観戦(普段着)
寝室で騎乗位、中出し(全裸)
自宅で背面立位、中出し、夫:見ながら自慰(半裸)

・複数
AV撮影、電マ、W手コキ/フェラ、2穴挿し、口内、2穴中出し、夫:見ながら自慰(全裸、男優×2、ゲン)
乱パ、正常位、中出し、代わる代わる、夫:見ながら自慰(全裸、男達、ゲン)


はい、奪シリーズに登場する
ゲンさんの視点で描く過去編ショートADV
『奪ZERO 〜最初のあやまち〜』です。

奪COMPLETE版の追加要素として
収録されていたおまけみたいなお話なので、
プレイ時間は短めです。
ショートADVなので、
話もかなりスピーディーに進むため、
過程もダイジェスト気味でしたね。

例えば、
さっさと薬を盛ってホテルに連れ込んで
1回犯してハメ撮り写真を撮って脅迫後、
次のシーンではもう3ヶ月後経過していて、
その間にセフレ関係が続いてて
奉仕技術や拘束、SMプレイ、淫語指導等、
調教済みになっていました。


後、初Hの時点で
薬で身体の自由が効かないとはいえ、
ヒロインの静音が冷静というか
なんだか物分りがよすぎるので、
陵辱している感は薄かったですね。
んで、Hシーンは性欲に抗えず、
快楽堕ちで悦りまくりでしたしね。
寝取りゲーというより
浮気・不倫ゲーというほうがしっくりキます。
 
寝取り寝取られ展開で
ユーザー側の心情を揺さぶるより
それぞれのキャラの性癖発露に
重点を置いている印象でしたね。

後、夫の性癖発露は
NTRゲーでよくある夫が妻を寝取られることで
興奮するとかいうあれです。
いつものごとく、俺はダメでした(コラ
夫バレのオチは
妻もゲンさんも実質制裁なしだったので、
もっと盛大に竹箆返しを喰らうような
スカッとするシーンが見たかったかな。

ただ、奪シリーズで
ゲンさんと露口夫妻、娘の関係が既に確定しているので、
あまり修羅場ってごたごたする展開にするのも難しいか。
そもそも奪設立の契機になった話なので、
寝取らせ展開になるのも必然ですかね。

ちなみに、奪シリーズ未プレイなら、
『奪COMPLETE 〜人の妻、全部売ります〜』
奪シリーズ3部作と奪ZEROの4作品が全て収録されているので、
お買い得ですよ(露骨な宣伝


以上

気づいたら、日付変わってました(定期
明日は積みゲー崩そうそうしよう。