暁WORKSの『るいは智を呼ぶファンディスク -明日のむこうに視える風-』攻略完了<挨拶 

るいは智を呼ぶファンディスク -明日のむこうに視える風- 

呪われた世界をやっつけてやる!
※ネタバレ注意



ディスクレス可。
回想12(エロ以外の能力カットイン1)。CG80(差分除く)。
クチュ音、パンパン音、BGVなし。
QS/QLなし。Autoあり。
前/次の選択肢へ進むあり。 
ボイス連続再生、継続再生機能あり。
テキスト窓透過調整機能あり。
以下、エロシーンの内訳。


■宮和1
愛撫、パイズリ、正常位(パジャマ)

■央輝2
愛撫、立ちバック(普段着)
愛撫、足コキ/正常位(普段着/半裸)

■惠2
愛撫、手コキ、騎乗位(普段着)
愛撫、フェラ、バック(普段着)

■真耶1
キス、騎乗位(着物)

■るい1
69、バック(普段着)

■こより1
パイズリフェラ、座位(全裸)

■伊代1
愛撫、背面座位(裸エプロン)


■花鶏1
フェラ、立ち側位(女医コス、メガネ)

■茜子1
手コキ、正常位(猫耳コス)




はい、るいともFDを
さくっとクリアしました。
無印は崩すのに数年かかりましたが、
FDは2日で崩せました(ナニ

無印とFD通してプレイしましたが、
やはりあの無印のOP導入前の共通パートが
一番の鬼門だったということを
改めて実感しましたね。
FDは無印の個別ルート同様、
断然テキストが読みやすくなっていて
かなりスピーディーにさくさく読み進められました。


さて、本筋ですが、
シナリオに関しては有名な作品だし
今更俺が語ることもないので
さらっと羅列するだけで割愛(オイ

FDでは
無印で攻略出来なかった惠や
央輝ルートがあって
大変えがったです。
俺の好みTOP3に
この二人は入っていたので
この2ルートがあっただけで満足しました(ぇ

央輝と惠ルートは
復讐断念と殺人敢行と手段は正反対ですが、
どちらも智がヒロインと共に生きるための選択だったのは
言い得て妙でしたね。

惠ルートの殺人敢行のくだりは
三宅のイライラっぷりが半端無かったので、
正直爽快感抜群でした(オイ
その後の「ハッピーバースディー僕」の台詞の言い回しや
ケーキ入刀の皮肉にはしてやられましたが、
俺は智肯定派なので、善意的にとらえました。

人外系の生きるためとはいえ、
無差別殺人を敢行する展開には
結構否定的なんですが、
何故か惠ルートに関しては
特に不快感なく肯定できました。
智と惠に感情移入したのと
独善的ですが殺害対象を
悪人に限定しているからですかね。

後、無印からの展開的に
てっきり智は惠の考え方を肯定して
死ぬまで寄り添うと思っていたので、
予想していた展開と
正反対の俺好みな流れになって
歓喜したからってのもあるかもしれません(ぇ


んで、第3章ですが、
今までは個別ルートが
平行世界の分岐オチで
可能性の未来の話になるんですが、
花鶏ルート後日談で惠がこよりの姉を殺してしまう、
茜子ルート後日談で茜子が死んで娘の夕に恨まれてしまう等、
姉様によって無印ENDのハッピーエンドを
無残に抉られてダウナー気味になりました(ぇ

簡単にいうと、
特定のヒロインのENDを選ぶと
主人公と結ばれなかった
重大な問題を抱えている他のヒロインは
不幸になると予想できるよね、
ヒロインと結ばれてもフラグ次第で
他キャラは不幸になるかもしれないということを
示唆する流れですね。

最終章で
ヒロイン達も各々で選択をし続けており、
智の選択だけでヒロインが
幸不幸になるという考えはおかしいですよと
否定して智が復活する流れすき。

いくつもの世界線での行動は
間違いであれなんであれ
どれもその時最善手の結果だった、
智の行動によって僕は救われたよと
智を肯定してくれる惠に改めて惚れ直しました(真顔
生きたいと涙して感情を吐露するくだりにはうるっとしましたね。

病的で儚い真耶姉さまは
可愛さより不気味さや怖さが勝っていたので
終始、戦々恐々していました(ナニ
ふふふふふふふっの嗤い声と囁き怖い。
声優さんのねっとりした演技と
キャラのドハマリっぷりはさすがの一言。

最終章の不思議世界の
会話と姉さまの涙にしんみり。
境遇的に惠とタメをはる不幸っぷりなので
なんとか救済してほしかったですね。

最後に央輝のちんまい胸最高。
AAAカップは神!
ロリではない貧乳キャラは貴重。
へそ出し立ち絵は至高。

…。
締まりのない感想の〆だけど
まあいいか(オイ


以上

コミュと&を崩せば、
無印の暁works制覇できますね。
今年中に残りの作品も崩したいところです。