May-Be Softの『Grope 〜闇の中の小鳥たち〜』の感想でも書きますか<挨拶

Grope 〜闇の中の小鳥たち〜

災害で学園まるごと、
隔離される閉鎖空間脱出もの。

設定はいいですよね。
※ネタバレ注意


■リンク






■システム関連
OS対応がwin98/me/2000/XPまででしたが
俺のwin7 64bitでも普通に起動しました。

ディスクレス可。
回想32。CG86(差分除く)。
男キャラボイスなし。女キャラボイスあり。
ただしパートボイスで
進行時にボイス無しのシーンあり。
クチュ音、パンパン音、BGVなし。
QS/QLなし。Auto、バックログあり。
テキスト窓透過率調整機能なし。
テキスト送りでホイール、エンターキー可。
既読スキップあり。
以下エロシーン内訳。


■吹雪
・主
キス、胸揉み1(ジャージ)
キス、胸揉み2(ジャージ)
キス、胸揉み、背面騎乗位、破瓜、正常位、中/外(靴下のみ)

・主以外
キス、胸揉み、主:覗き見(ジャージ、貴章)
レズ、蓮実→吹雪、主&貴章&水羽:脅され傍観(体操着)

■小百合
・主
胸揉み、手コキ射精1(水着)
胸揉み、手コキ射精2(水着)
バック、騎乗位、中/外(全裸)

・主以外
レズ、絵梨華→小百合、主:覗き見自慰射精(水着)
胸揉み、クンニ、主:覗き見(水着、蛇塚)

■蓮実
・主
胸揉み、騎乗位、中/外(全裸)

・主以外
レズ、絵梨華→蓮実、主:覗き見自慰射精(半裸)

・回想外
自慰、主:覗き見自慰(制服)

■紀碕

・主
胸揉み、クンニ(スク水ジャージ)
胸揉み、クンニ、69、騎乗位、中/外(スク水ジャージ、全裸)

■水羽
・主
手マン(制服)
手マン、パイズリフェラ、背面側位、中/外(全裸)

■魔亜子
・主
愛撫、バック、中出し(全裸)

■苺
・主
69、騎乗位、中出し(全裸)

■響
・主
フェラ、口内(普段着)
フェラ、口内、蓮実:観戦(普段着)

■複数
①胸揉み、クンニ、主&紀碕:観戦(水着、蛇塚、小百合)/自慰、主:観戦(スク水、紀碕)/フェラ、口外(スク水、紀碕)/主:胸揉み、バック(全裸、小百合)/主:正常位、中出し、蛇塚:フェラ、口内(全裸、小百合)
②レズ、蓮実→小百合、主:傍観(水着)/レズ、絵梨華→水羽(制服)/主→小百合、胸揉み、バック、中出し(全裸)
③レズ、蓮実→吹雪、主&貴章&小百合:脅され傍観(体操着)/レズ、蓮実→小百合(水着)/主:正常位、中出し、蛇塚:フェラ、口内(全裸)
④レズ、蓮実→吹雪、主&貴章&水羽:脅され傍観(体操着)/レズ、水羽→蓮実、主:観戦/主→蓮実、正常位、中出し(全裸)
⑤レズ、蓮実→小百合、主&響:傍観(水着)/主→蓮実、正常位、中出し(全裸)
⑥レズ、蓮実→小百合、主&蛇塚:傍観(水着)/主→蓮実、正常位、中出し(全裸)
⑦レズ、蓮実&響→小百合/自慰、主:観戦(スク水、紀碕)/バック(スク水、紀碕)/蓮実→紀碕、鉄の棒を2穴挿し/小百合:クンニ、アナル弄り、響:騎乗位(全裸)/蓮実→紀碕、放尿/フェラ、口外(スク水、紀碕)
⑧胸揉み、クンニ、主&水羽&絵梨華:観戦(水着、蛇塚、小百合)/レズ、絵梨華→水羽(制服)/69射精(水羽、蛇塚)/主:胸揉み、手コキ射精(水着、小百合)/主:水羽にクンニ、小百合:乳吸い/
主:バック(水羽)/主:バック、中出し、絵梨華:愛撫(水羽、全裸)
⑨蛇塚:魔亜子に愛撫/主:バック、中出し(魔亜子)/アナル正常位、小百合:魔亜子にクンニ、主:観戦(蛇塚、魔亜子、全裸)
⑩胸揉み、クンニ、主&吹雪:覗き見(水着、蛇塚、小百合)/愛撫、バック、破瓜、中出し(主、吹雪)/吹雪に2穴挿し、外出、尻穴中出し(蛇塚&主)
⑪胸揉み、クンニ、主&吹雪&貴章:目撃(水着、蛇塚、小百合)/正常位、破瓜、中出し(吹雪、貴章)/騎乗位、主:拘束観戦、小百合:クンニ(吹雪、貴章)
⑫蛇塚:魔亜子にアナル正常位、小百合:魔亜子にクンニ、主&吹雪:目撃/蛇塚:苺に手マン/キス、胸揉み(吹雪、貴章)/正常位、中出し(苺、主)/主:苺に騎乗位、中出し、貴章:吹雪にバック、中出し(主、苺、吹雪、貴章)


はい、メイビーソフトの閉鎖地下空間脱出もの
『Grope 〜闇の中の小鳥たち〜』です。

とりあえず、サムネ画像に
「総プレイ時間20時間以上!メイビーソフト史上最大のボリューム!」
という宣伝文句がありましたが、
悪い意味でボリューム満点でしたね(ナニ

また、「クリアするごとに対象ヒロインやイベントが増えていくアペンド方式のAVG。プレイするたびに新しい要素が追加される!」とありますが、
話の大筋は最後まで全く変わらないのに
何十回も周回させられるハメになるので、
アペンド方式にした意味はあまりなかったですね…。


結局、シナリオは1~2周目くらいまでなら、
これからどうなるんだろう?という
wktk感がありましたが、すぐに作業ゲーになりました。
閉ざされた閉鎖空間に囚われる緊迫感も序盤だけでした。

いや結局、合流したキャラは全員講堂に集まって、
毎日、主人公が1人あるいは2人で探索するだけなので
展開がパターン化しちゃってますからね。
講堂が拠点になっていて崩落BADENDを除けば
完全に安全地帯になっているし、
主人公だけが生存者や脱出口探しに奮闘していて
他キャラは主人公が指名して
同行する人物以外、拠点で休憩しているだけだしなあ。

そのくせ呑気に色恋沙汰やらNTRやら
状況を無視した悪巧みやらで緊張感ナッシングでした。
いつフロートが瓦解して校舎が崩壊するかもわからないのに、
そんな余裕こいてる場合かよ?と
突っ込みたくなる場面がかなりありましたね。

また、探索箇所によって多少会話も変わりますが、
ボイス無しの場面は何も進展のない
水増しテキストみたいなもんなので、
イベント発生後の探索会話以外、
流し読みでも問題ないですね(小声

5周目あたりからは既読skip連打と
似たような展開の連続でさらに作業感が増しましたね。
途中saveで回収するENDもありますが、
全部で19ENDもあるので、
フルコンプは脳死プレイで
なんとか乗り切りました。

後半も外に脱出してから個別ルートか凌辱ルートに
分岐するだけの違いしかないですしね。
個別の凌辱ルートは無駄に分岐が多いので、
END回収が手間かかるのも難点。
結局、ラストで凌辱するだけの違いしかないので、
道中のMAP選択作業が面倒でした。

設定的には
 フェアリーテールHARDCOVERの
『ECHO』と似ているんですが、
どちらもキャラのイライラ度と周回の作業感満載で
コンプするのが結構きつかったです。
まあ本作はECHOよりはシステム面がましでなおかつ
1周クリアするまでの時間は
あまりかからずにクリアできたのは救いでした。

周回ゲーのくせにいちいちカットインが入って
既読スキップが止まったり、
既読判定が甘かったりと気になる点もありますが、
ホイールでテキスト送りができたので、
気合でフルコンプまでいけました。

Gropeはルートごとに登場キャラは違えど、
脱出までの過程やBADENDとハッピーENDの構成が
全部同じようなもんなので、
1キャラの個別ルートのハッピーENDとBADENDを回収したら、
残りは攻略ヒロインとサブヒロインの設定以外に
目新しい新事実がないので、
ルート回収するのが億劫なんですよね。

ルートロックがかかっている魔亜子と苺は
ただ単に主人公の妹と吹雪の姉という設定だけで
別にシナリオ自体は今までのキャラのルートと変わらないんですよね。
これなら新キャラを投入せずに
本筋のシナリオに肉付けしてほしかったです。
災害の原因もただの災害で
特に理由なしという身も蓋もないオチでしたしね。

後、余談ですが、
冷静に考えると救助隊がいつ来るかもわからないなら
講堂を拠点にして生存者探しをするより脱出口を探すほうが先でしょとか
何日も食事をせずプールの水しか飲んでないのに
食料探さなくていいの?体力と精神力もたないでしょとか
突っ込みどころがどんどん出てきますが
こまけーことはいいんだよ的なノリで流しました。

ただ、1周目のルートは
6日目経過後に陽が10回ほど巡ったという描写があったので、
4日目までプールの水を飲んでいたと仮定しても、
12日水なし、16日食べ物なしでよく
16日まで生きていられたなあと。

海水は脱水症状を起こすためアウトなので、
雨水でも飲んでたのかな。
一応水さえ補給できれば
16日生きていてもおかしくはないのかな。
でもそのわりに登場キャラは体力残ってるし
精神的にも余裕がありますよね。
まあ食事関係のことは突っ込まないのが正解なんでしょう。

その他にchantmodeで
ENDまでのフラグ確認できるのはいいんですが、
どうせなら、一度到達したルートで
自由にその地点からゲーム開始させてほしかったですね。
いや公式の攻略チャートを見ても
あまり効率の最適化がされていないため、
最初からやり直しになるENDが多いので、
何十周も周回させられるのがきついんですよね。
自分で途中saveしてEND短縮してました。

次、各キャラ・個別ルート関連の話でもしますか。
以下、雑感という名の愚痴の垂れ流し注意(オイ





各キャラ・個別ルート関連
☆小百合ルート
まず、小百合ルート。
学生時代の初恋で付き合っていた彼氏はまだしも
現在の別の彼氏の設定はぶっちゃけいらないですね。
現在も自然消滅しそうだけど、
好きな彼氏がいるとか反応に困りますね(真顔

まあ初恋の彼氏の設定も
主人公がその人に似ているから
ちょっと気になっていたという展開も
なんだかなあって感じですが。
別に処女厨でもなんでもないんですが、
彼氏の設定をバンバン出す割に
シナリオに上手く活かせていなかったので、
あえて他の男をチラつかせる必要があったのかなあと。
どうせやるなら、過去のHと主人公とのHの違いを
エロシーンでガッツリ語らせたりしてほしかったです。

後、正規ENDは
結局、救助のヘリコプターが来て助かるとかいう
完全に他人任せのとってつけたようなオチなので、
全然盛り上がりどころがなかったです。
EPも一枚絵と数行だけで余韻もなにもないです。
BADの凌辱ルートのほうが
人間関係のドロドロや人が自暴自棄になる様がみれるので、
正規ENDより面白い模様。

後、吹雪のNTR未遂イベント後の反応は
ただ単に吹雪の株を下げるだけだったので、
いまいちでしたね。
小百合ED-bのBADルートで
吹雪がいきなし豹変して
主人公を敵視する流れはその間の描写不足すぎて
吹雪性格悪いなあとしか思わなかったので、
ヒロインの魅力を下げるだけの悪手だったかなと、
主人公が吹雪を避け始めたことに逆ギレしたらしいですが、
作中通り、片腹痛いとはこのことですね。

貴章が吹雪に迫っていたときに
主人公が覗き見していたのが彼女にバレていて
止めに入らなかったことに失望したくだりを入れてくれたら、
別に豹変しても違和感なかったんですけどね。

ただこの2人がその後、事故で潰れて死んでいる展開は
正直スカッとしますよね(リアル屑思考
寝取られたヒロインの末路を
嘲笑っちゃうのはしょうがないですね。

まあそもそも主人公は吹雪と付き合ってもいないし、
貴章が吹雪のことを好きなことを知っていても
吹雪と仲を深めようともしなかったし
吹雪が貴章に迫られているのを目撃してもスルーしたしと
冷静に考えると、主人公が勝手に身を引いただけなので、
寝取られというのもおかしいか。

後、他ルートや吹雪ルートをプレイしていくと
NTR未遂イベントが回避不可だったり、
主人公があまりにも優柔不断のへたれだったり、
据え膳食わないダメ男っぷりを発揮するので、
主人公もお互い様かなと思っちゃいました。

それに吹雪視点からみれば、
主人公より貴章のほうが一途ともいえるので、
そっちに靡いてもおかしくないですね。
ただ、この緊急時に
色恋沙汰で揉めるのもなんだかなあって感じだったので、
主人公が吹雪のアタックを保留するのもわからないでもないです。
まあ明日死ぬかもしれないからHしようと迫る吹雪に
手を出さない主人公もそれはそれでどうなんだと思いましたが…。

それと親友ヅラしてるわりに
主人公のことをすぐ責めるわ吹雪を掻っ攫っていくわと
貴章の行動もなんだかなあとも思いましたが、
吹雪NTRルートの蛇塚と貴章の和解から察するに
蛇塚に唆されて吹雪に迫ったっぽいですね。

ちなみに、好感度0で発生する
殺害ENDは強姦時に小百合が拒否って
誤って主人公を殺してしまうだけなので、
わざわざ6日目の選択肢まで戻って
回収し直さなくても問題ないです。
CGも血だらけの手だけですしね。

小百合ED-dのBADは
小百合が淫乱気質に戸惑う
bのレズ版みたいなもんです。
蓮実と絵梨華が最初から
助かる気そっちのけで復讐やレズ行為に走るので、
小百合ED-bの蛇塚の死ぬ前にいい思いをしたいから
凌辱に走る理由付けのほうが
男の性的本能からして理解しやすかったですね。
初回プレイ時は蓮実の刹那的な行動が理解不能でしたが、
後に蓮実ED-dのBADをプレイすると、
自暴自棄になるのもさもありなんと合点がいきました。

小百合ED-cのBADは
蛇塚と小百合のHを前戯までしか見せなかったので、
ムラムラしました。
後の会話から察するに本番までヤっちゃったっぽいのに、
省略とか悲しいなあ。
後、HシーンのCGが使いまわしでなおかつ終わり方も同じなので、
BADルートを回収するのに苦労したのに、
達成感が乏しいのが難点。
そこは新規CGを使ってよと
思ったのは俺だけじゃないはず。





☆蓮実ルート

次、蓮実ルート。
蓮実が血筋の淫乱気質に悩んでいる事実が明らかになり、
さらに紀碕をいじめていた訳や
小百合や吹雪を恨んでいる理由も判明する話でしたね。
まあ紀碕は故意ではなく過失だし、
小百合や吹雪も善意で止めに入る側で
上記3人に憎しみを抱くのは蓮実の逆恨みともいえますが(小声
まあ一番悪いのは小百合でも吹雪でも紀碕でもなく、
蓮実の家庭事情を撒き散らしたモブのクラスメイト達かな。

ただ、正直この事実を知ってしまうと
蓮実が自暴自棄になって好き勝手に行動するのも
否定できないかなあと思わんでもなかったです。
まあ俺が蓮実サイドの闇落ちした人間の思考回路に
共感できるからというのもありますが(ナニ

狂犬のように擦れていた蓮実が主人公の説得により
漂白されていく綺麗な蓮実になる展開はよかったですね。
俺はギャップに弱い典型的なちょろいオタクなので、
蓮実がヒロインの中では一番好みでした。

BADとハッピーのどっちを先にクリアするかで
プレイ中の彼女の印象が大分変わりそうかなと。
ちなみに、俺は先にBADをプレイしたので、
後述するBADルートの感想があからさまに正反対になっています(オイ
ちなみに、終わり方はテンプレの花発見とヘリ救助でした。

蓮実ED-aのBADは
主人公がキレて蓮実を凌辱する展開ですが、
蓮実があっさり堕ちちゃうので、なんだか消化不良でした。
いやあれだけ憎たらしい言動をしてきたのに、
ちょっと脅して強姦したら
速攻で服従しちゃうのは期待外れでした。
もっと反抗するか寝首をかくくらいの気概を
みせてほしかったですね。

小百合ED-dのBADの小百合淫乱化でも思いましたが、
凌辱シーンでの淫乱化及び即落ちで
すぐ快楽に耽っちゃうとなんか白けますよね(コラ
せめて堕ちる前に本気で抵抗する1ステップが欲しかったです。
まあ蓮実のハッピーENDをプレイすると、
蓮実があっさり堕ちちゃう理由が判明するんですが、
やはりもうちょっと抵抗してほしかったかなあと。

蓮実ED-dのBADは響が登場しますが、
蓮実ED-aの逆襲展開と似たようなもんです。
相変わらず、CG使いまわしすぎで
Hシーンに新鮮味がないのは仕様です。

蓮実ED-cのBADは
登場キャラが響から蛇塚に変わっただけで
展開自体は他のBADと似たようなもんです。
せっかく蛇塚が出張ってきたのに、
最後の逆襲シーンは案の定、CG使いまわしで
蛇塚はHシーンに参加しないとかいう
手抜き展開で竿が萎えました(直球
あまりにも既視感を感じる展開で
これわざわざルートを分ける必要があったのか?
というレベルでしたね…。





☆紀碕ルート
次、紀碕ルート。
紀碕がなぜ引っ込み思案になってしまったかが
判明する話でしたね。
紀碕のうじうじおどおどした態度と鈍臭さ、
すぐ泣く打たれ弱さは見ていて
ちょっとイラッとするし嗜虐心が湧くなあと思っていましたが、

このルートをプレイすると、
家庭環境の悪化による親の虐待というコンボで
こうなるのも致し方無しと思わなくもないです。
蓮実ルート同様、個別ルートで
ヒロインの事情を知ると印象が変わるキャラでしたね。
まあ蓮実が紀碕をいじめていた理由を
小百合や吹雪はおろか紀碕も理解していないというのは
どうなのか?と思いましたが。
プリントを落とした時に騒動なかったんですかね?
モブのクラスメイト達が蓮実に陰口を叩いていたけど、
主要キャラは気づかないというのも違和感があるんですが、
その辺は突っ込んでもしょうがないか。
ちなみに、終わり方はテンプレの花発見とヘリ救助でした。

紀碕ED-bのBADは
蓮実の画策にあっさり騙された主人公が
誤解のまま、紀碕を陵辱する流れでした。
まあ凌辱対象が変わっただけで
展開自体は他のBADと似たようなもんです。
最後の凌辱シーンは既存CGに加え、
珍しく新規CG4枚と大盤振る舞いでしたが、
相変わらず流れ作業気味で尺が短く、
また蛇塚は水羽と69のみで挿入なし、
輪姦といっても2×2のような男女多人数のHCGもなかったです。
後、絵梨華はレズ要員なんですが、
正直、レズいらないですね(直球

いや前述しましたが、
竿要員が主人公に集中しているので、
元々レズや女同時のシーンが多くなってしまい、
抜きどころが少ないんですよね。
男嫌いのレズ設定のキャラは某姦染2のキャラのように
突っ込んでなんぼだと思うんですよ(挿入脳
この手の凌辱要素がある作品で
生意気なレズキャラをレズだけで手打ちにしてしまうなんて
意味がわからないですね(真顔

ビッチキャラの響もそうですが、
てっきり凌辱シーンがあると思ったのになあ。
蛇塚という典型的な下半身直結キャラを出しておいて、
挿入せずに終わらすとは勿体無かったです。
まあ凌辱されるキャラはもれなくみんな即落ちするから
挿れたら即アヘアヘになりそうですがががが。





水羽ルート
次、水羽ルート。
よくある金持ちの娘の贅沢な悩みネタです。
俺的には親がアドバイスして
何から何までレールを引いてくれてるなんて羨ましい、
それに乗っかったらいいじゃん!って思いますが、
この手のキャラはそう思わないようです。

後、他キャラとの関係は
過去にとってつけたような
主人公との出会いイベントがあるだけで
主人公、吹雪、小百合、蓮実、紀碕のように
過去の出来事で人間関係もごちゃごちゃしていないので、
別にいてもいなくてもいいキャラでしたね(コラ
ちなみに、終わり方はテンプレの花発見とヘリ救助でした。

水羽ED-bのBADは
絶望した主人公が蛇塚と共謀して
水羽達を陵辱する流れでした。
まあ凌辱対象が変わっただけで
展開自体は他のBADと似たようなもんです。
最後の凌辱シーンは既存CGに加え、
珍しく新規CG5枚と大盤振る舞いでしたが、
レズやら放尿やら鉄の棒やら
マニアックなCGが多めでした。

ちなみに、
ウェブアーカイブで
OHPの攻略フローチャートを見れますが、
水羽ルートは公式のフローチャート通りにやっても
6日目朝に水羽が探索に同行することを拒否って
ルートに入れない模様(小声
解決策としては
4日目の蛇塚と絵梨華の合流前に3回水羽と探索すれば、
CGがあるイベント(座って話すCG)が発生して
6日目朝のイベントも行けるようになります。





魔亜子ルート
次、魔亜子ルート。
ルートロックがかかっているわりに
他ルートと大筋の展開が
同じという反応に困るルートでした(直球
6日目の夜に登場するので、
ぽっと出ヒロイン感が否めませんでした。
災害前にプロローグをいれて
ある程度、日常描写していたら、
まだ印象が変わったかもしれません。

後、魔亜子の話はちょっと前に失恋したという
主人公以外の男絡みのネタで小百合ルートと被っていて
設定に目新しさもないです。
またもや元彼ネタで反応に困りました。

いつ崩落するかわからない学園に
閉じ込められて精神が参っている時に
年下の主人公に元彼の愚痴をいって慰めて甘えさせてと
言ってくるんですよね。
その後はこの緊急時、
主人公にアタックをしかけて
吹雪ともぎくしゃくし始める始末。

うーむ、この手のヒロインは
なんだかリアル感があって苦手です。
まあ眼鏡ヒロインが好みじゃないので
バイアスかかっているかもしれません(オイ

まあ吹雪と主人公、魔亜子の三角関係にするなら、
もっと吹雪を話に絡ませて
ドロドロしてほしかったです。
結局、吹雪は他ルート同様、フェイドアウトだからなあ。
また貴章にこっそり寝取られてるのかな。

にしても、
いつ崩落するかわからない学園から
せっかく脱出したのに、
再会した思い出の場所だからと
脱出後に学園のプールまで戻ってHするのは
狂気の沙汰としか思えませんでしたが(真顔
ちなみに、終わり方はテンプレの花発見とヘリ救助でした。

どうでもいいですが、
このルートの8日目で
ようやくツナ缶が登場して
食べ物が見つかりましたね。

魔亜子ED-bのBADは
蛇塚にあっさり堕とされて
淫乱化した小百合が蛇塚と共謀。
ラストは絶望した主人公が蛇塚と
魔亜子を陵辱する流れでした。
まあ凌辱対象が変わっただけで
展開自体は他のBADと似たようなもんです。

蛇塚と魔亜子の絡みがあったのは朗報でしたが、
アナルで尺も短いのであっさり気味でした。
後、魔亜子は堕ちるの早すぎてびっくりしました。
ヒロインはどいつもこいつも隠れ淫乱気質&即落ちすぎて
凌辱という観点からみると物足りなかったです。

余談ですが、
魔亜子と苺は
ただ単に主人公の妹と吹雪の姉という設定だけで
別にシナリオ自体は今までのキャラのルートと変わらないんですよね。
これなら新キャラを投入せずに
本筋のシナリオに肉付けしてほしかったです。





吹雪ルート
次、吹雪ルート。
ルートロックが解除されて
満を持してベールを脱ぐ吹雪ルートですが、
結局、貴章にキス&胸揉み&手コキは回避不可だったので、
なんかモヤモヤしました。

いや別に独占厨ってわけでもないんですが、
てっきり吹雪ルートではあのNTR未遂現場目撃の場面で
主人公が乱入できる選択肢が発生するのかと思ったのに、
回避不可でしたからね。
このへたれ主人公は
他ルート同様、吹雪の危機に見て見ぬふりをして
逃げ出したのにはさすがの俺もおいおいと呆れてものが言えませんでしたね。

この駄目さ加減にはさすがの俺も吹雪に同情しました。
こりゃ他ルートで貴章に吹雪を寝取られるわけだ。
他ルートのBADENDで毎回、吹雪に愛想を尽かされて
貴章に寝取られるのを何十回も見てきたのに、
NTR未遂現場回避不可は萎えますね。
後、これだけ吹雪ルートを引っ張ったくせに
貴章とガチバトルする修羅場展開がないのも消化不良でした。

いや散々災害時にぐだぐだ色恋沙汰展開したくせに
貴章と吹雪のことで対立どころかまともに話し合いもせず、
なあなあで勝手に貴章が察して身を引いて終わっちゃうので、
せっかくの三角関係&NTR未遂展開を活かせてないんですよね。
主人公は貴章に啖呵きって男を見せないのはがっかりしました。

凌辱ルートの強気な一面を何故正規ルートで出さない?
自暴自棄にならないと強気になれないのか?なりたくないのか?なる度胸もないのか?
このなかれ主義ここに極まりと言わんばかりに
貴章にNTR未遂現場のことを触れず
そのままエンディングに直行する様には唖然。

この2人は修羅場展開になる前に
どちらも一歩引いて本音を吐露する
会話のドッジボールをしないので、
果たして親友といえるのか疑問符がつきますね。
主人公も貴章も吹雪や苺のBADルートでは
話し合いをすっ飛ばしてぶっ飛んだ行動をするので
余計にそう思いました。

ちなみに、
終わり方も花がオルゴールに変わっただけで
後はテンプレのヘリ救助でした。
このルートは正直、散々待たされた割には
他ルートと同様のテンプレ展開だったので、
かなり期待外れでした(直球

余談ですが、
吹雪が紀碕のことを
ちょっと鬱陶しかったと言っていたのは苦笑い。
やっぱりそう思ってたのねと。

吹雪ED-cのNTRBADは
主人公が蛇塚に唆されて貴章を排除して
ラストは自暴自棄の主人公が
蛇塚と吹雪を陵辱する流れでした。
まあ凌辱対象が変わっただけで
展開自体は他のBADと似たようなもんです。

蛇塚と主人公による
吹雪への2穴挿しがあったのは朗報でしたが、
尺が短いのであっさり気味でした。
後、吹雪は堕ちるの早すぎてびっくりしました。
ヒロインはどいつもこいつも隠れ淫乱気質&即落ちすぎて
凌辱という観点からみると物足りなかったです(2回目

後、NTRBADと銘打っていたので
てっきり吹雪が貴章にガチで寝取られるのかと思ったら、
いつものNTR未遂イベントだけで拍子抜けしました。
主人公もへたれですが、吹雪に手コキまでさせて
結局、身を引く貴章も大概だなあと。

それと貴章を殺るシーンは
もうちょっと話し合ってから
実行してほしかったですね。
結局、まともに会話せず即殺しちゃったからなあ。

このルートで貴章が
主人公にNTR未遂の件を話さない理由が判明しますが、
ぶっちゃけ都合のいい言い訳ですよね(直球
NTR未遂が主人公にバレて傷つけさせたくない、
3人の友達関係を壊したくない云々。
蛇塚に唆されたとはいえ、
なら最初から告白ついでに無理矢理気味に
キス・胸揉み・手コキの3コンボするなよと
突っ込みたくなったのは俺だけじゃないはず。
性欲には逆らえなかったか。

ED-cに対して、
吹雪ED-bのBADは寝取られ展開でしたね。
公式の攻略ページではED-cがNTRENDになっていましたが、
完全にED-bがNTRですねこれ。

貴章が蛇塚に唆されて主人公を排除して
吹雪を陵辱する流れでした。
要するにED-cの主人公と貴章の立場が逆になるENDですね。
主人公は拘束状態で吹雪が凌辱されるのを見せつけられるオチでした。

このルートで
ようやく貴章が本格的にエロ参戦してくれました。
ただ、いきなし寝取り悪役型の外道に堕ちるので、
急に心変わりしすぎィ!と突っ込みたくなったのは俺だけじゃないはず。
凌辱ルートで自暴自棄になったとはいえ、
キャラ変わり過ぎなんだよなあ。
まあこれでbルートで
貴章の末路はちょっと可哀想だったなと感じた
多少の良心の呵責が雲散霧消しましたが。

ただ、蛇塚に唆されたとはいえ、
貴章がやっと本心を全開にしてくれたのはよかったです。
BAD展開でしか本音を吐露する展開がないのは
ある意味、極限状態に追い詰められて
親友より女を優先した人間の性というわけですかね。

ちなみに、
ウェブアーカイブで
OHPの攻略フローチャートに
すみれ、水羽、小百合、蓮実のエンディングを最低一つづつ見ていれば
吹雪のルート入れるという記載がありましたが、
魔亜子ルートを攻略していないとフラグロックがかかって
ルートに入れない模様(小声
気づかずに吹雪ルートを先にやって
7日目でゲームオーバーになった俺乙。
ただ、ルートロックが解除されてからは
6日目のセーブデータから先に進めたので、
時間が無駄にならなかったのはよかったです。





☆苺ルート
最後に苺ルート。
最後までルートロックがかかっているわりに
他ルートと大筋の展開が
同じという反応に困るルートでした(2回目

7日目の朝に登場するので、
魔亜子同様、ぽっと出ヒロイン感が否めませんでした。
災害前にプロローグをいれて
ある程度、日常描写していたら、
まだ印象が変わったかもしれません。

ルートの内容は
苺が実妹ではなく義妹だったという設定がメインの話ですが、
だからなんだよ?としか思わなかったです(辛辣
身も蓋もないですが、
ぽっと出の苺が主人公の実妹だろうと義妹だろうと
どうでもいいですしね。

また、姉妹で血がつながっていないという設定も
登場時の蛇塚と苺、苺と魔亜子の反応があからさますぎて
鳥頭の俺でもすぐ察せられるので
別に驚きも何もなかったです。

キャラ同士の会話も
吹雪に対して焼き餅やきまくりの
今更感あるどうでもいい内容なので、
プレイしていてもまたテンプレの嫉妬展開ですか
としか思いませんでした(直球

苺自体もこの災害時に緊張感そっちのけで
またもや色恋沙汰でぐだぐだやっていて
ルートロックがかかった最後のヒロインのわりに
キャラの魅力が薄かったです。
結局、やっていることは魔亜子ルートと同じような流れだしなあ。
魔亜子も苺も主人公との過去回想が
しやすいからという理由だけで
後半のヒロインにもってきた感が否めないです。

前述しましたが、
魔亜子と苺はただ単に
主人公の妹と年上の幼馴染という設定だけで
別にシナリオ自体は今までのキャラのルートと変わらないんですよね。
これなら新キャラを投入せずに
本筋のシナリオに肉付けしてほしかったです。

ラストを飾るENDにしては
他ルートと大差がないのは
そこはかとなく悲しかったです。
ちなみに、終わり方は
テンプレの花発見とヘリ救助でした(ゲッソリ

苺ED-bのBADは
蛇塚にあっさり堕とされて
淫乱化した小百合が蛇塚と共謀し魔亜子を凌辱。
貴章も加担し吹雪を凌辱。
ラストは絶望した主人公が
苺を犯す流れでした。
まあ凌辱対象が変わっただけで
展開自体は他のBADと似たようなもんです。

まあ苺×主人公は凌辱ではなく和姦だし
魔亜子や吹雪は即落ちしているので、
無理やり輪姦というよりもはや乱交ですね。
ヒロインはどいつもこいつも隠れ淫乱気質&即落ちすぎて
凌辱という観点からみると物足りなかったです(n回目
全ルートクリアして思ったのは
結局、全員即落ちしすぎィ!ってことかな。
というわけで凌辱・輪姦は全部ヌル凌辱状態でした。





☆総括
総括としては
これなら同ジャンルの
B級パニック映画を見るほうが
短い時間でお手軽に楽しめるなあと
思っちゃいました(小声

エロシーンは尺短めで
回収の面倒さの割にご褒美感が薄いです。
また、BADのエロシーンは
使いまわしのCGが多いので、
新鮮味が薄いのも痛いです。

後、NTRは描写薄いので
なんとも思いませんでした。
というか別に付き合ってるわけじゃないので、
寝取られというのも?感あります。

一応、吹雪badでは
寝取られるルートもありますが、
貴章が蛇塚に唆されて
ラストで吹雪を脅して凌辱する展開なので、
あれは寝取られというよりただのレイプですね。

他のキャラのBADNTR系のルートは
肝心な場面で逃げ出した主人公の自業自得だから
寝取られても残当かなと。
まあ譲ってからは確定で2人はぺしゃんこなので、
寝取られというのもあれですが。

それと吹雪の魅力自体が薄いため寝取られても
別になんとも思わないのが難点。
他キャラのBADルートでは
もれなく過程すっ飛ばして勝手にヒスって主人公に八つ当たりしてくるわ、
吹雪BADルートではあっさり快楽落ちしてるわ、
この非常時に焼き餅&色恋沙汰で場をかき回すわ、
キャラ的に苦手なタイプでした。

後、NTR未遂現場回避以降の貴章視点が欲しいです。
合間のNTR描写が省略されているので、
いつの間にか主人公と吹雪が修復不可の関係になっていて
どうなってんだこりゃってなりましたからね。

最後に感想記事は特に推敲せず、思うがままに
愚痴の垂れ流し状態になっているので、
何度も周回して繰り返すこの作品の構成と同様、
何度も重複した酷評を繰り返し記述していて
冗長になっているのは仕様です。
まあ作品と同じような形態ということで
流してください(オイ

読後のイライラを解消するために
ひたすら書き殴った状態なので、
自己満感想なのも仕様です。


以上

ふぅ、疲れた。
次はスカっとするゲームやろうそうしよう。