Qruppoの『抜きゲーみたいな島に住んでる貧乳はどうすりゃいいですか?2』の感想でも書きますか<挨拶

 抜きゲーみたいな島に住んでる貧乳はどうすりゃいいですか?2

SS組好きだったので満足しました(小並感

※ネタバレ注意



ディスクレス可。
回想36、CG82(差分除く)。
クチュ音、パンパン音、喘ぎ声のBGVあり。
テキスト窓は100%透過固定。
ボイス継続再生、連続再生機能あり。
QS/QL、autoあり。
以下、エロシーン内訳。

■わたちゃん
・主
携帯でカメラREC、背面座位、中出し(水着の日焼け跡)
背面脚上げ立位、外出し、中出し(制服、水着の日焼け跡)
赤ちゃんプレイ、手コキ射精、3連射(制服)


■美岬
・主
パイズリフェラ、顔射(制服)
立位、ペン挿入、外出し、身体に淫語落書き、頭に奈々瀬の写真貼った紙袋、紙袋とって立位、中出し(全裸)
尻文字動画撮影、アナルビーズ/背面側位、アナルビーズ、中出し、連射(制服)


■文乃
・主
足袋、足コキ射精(着物)
地下跡、吊り上げ縄拘束、脚にキス、吊り上げ挿入、中出し(着物)
ラブホ、ローションパイズリ射精/マットプレイ、ローション手コキ射精、騎乗位、中出し(全裸)


■奈々瀬
・主
フェラ、口内(普段着)
料理中、胸揉み、素股射精、立ちバック、中出し(普段着)
腋コキ射精、連射(全裸)


■郁子
・主
飲食店、テーブル下で足コキ射精、携帯で撮影、途中で奈々瀬と会話、射精時奈々瀬にバレる(普段着、生足)
ローション、騎乗位、中出し、連射(連射)
立位、尻パン、中出し/カメラで動画撮りながらお掃除フェラ、口内(SS服)
赤ちゃんプレイ、バック、中出し(普段着)
背面立位、中出し(普段着)


■桐香
・主
椅子拘束、目隠し、ギャグボール、ローター、バイブ、挿入、中出し(全裸)
主:糸拘束、フェラ、口内、連射(普段着)
赤ちゃんプレイ、手コキ射精、連射、乳吸い(エプロン)
アナル弄り、アナルビーズ(全裸)
アナルバック、尻穴中出し、連射(全裸)
まんぐり挿入、中出し(半裸)


■礼
・主
過去、機械姦、手足拘束、バイブ(全裸)
キス、正常位、中出し(全裸)
録画、酩酊、フェラ、口内(SS服)
ハメ撮り、酩酊、側位、失禁、中出し(SS服)
尻にぶっかけ、アナルバック、尻穴中出し(SS服)


■アサちゃん
・主
手コキ、フェラ、口内(普段着)
両者協力媚薬で錯乱、パイズリ射精、連射(全裸)
座位、破瓜、中出し(半裸)
アサちゃんは携帯ゲームプレイ、足コキ射精(制服)
アサちゃんは携帯ゲームプレイ、寝バック、中出し、連射(制服)

■水引
・主
同時自慰射精/フェラ、口内/アナル挿入、外出し、中出し(半裸)


■複数
・主
礼に手マン、わたちゃんに挿入、中出し(礼:寝間着、わたちゃん:寝間着、水着の日焼け跡)
3P、丼、順番に挿入、アサちゃん破瓜、間の膣圧射精(全裸、奈々瀬&アサちゃん)


はい、ぬきたし続編の
『抜きゲーみたいな島に住んでる貧乳はどうすりゃいいですか?2』です。
発売日に買いましたが、
この手の下ネタギャグテキスト連打ゲーは
一気にプレイすると胸焼けするので、
SS編クリア後、まったりプレイしていたら、
オールクリアまで2週間かかりました。
注目作のため感想はもう出揃っていると思うので、
あえて感想を書かなくてもいい気がしないでもないですが、
項目ごとに一応羅列していきますかね。

最初にテキスト関連。
くすっと笑える日常で飛び交う下ネタ会話の乱舞や
会話の節々に仕込んでいるネタ、センスのあるギャグ等、
前作同様、テンポよく読めます。
前述通り、ぶっ通しプレイすると、
下ネタの嵐で胸焼けする場合があるので、
日常シーンは各人の判断でプレイ間隔を決めるといいかと。

戦闘シーンに関しては
VSハメドリくん&ハメドリスーツが大半のため、
前作以上にシリアスな戦闘中でも
ギャグっぽさが際立っていました。
大真面目にギャグと下ネタを交える戦闘シーンは
一度、冷静になってさめてしまうと進めるのが辛くなるので
逆に戦闘シーンは熱が冷めない内に一気にプレイしました

まあテキストに関しては
前作も序盤は新鮮味がありましたが、
終盤では耐性ができてしまったので、
鮮度が薄れるのはしょうがないですね。
後、パロネタが結構多かったです。
格ゲーやら漫画やらアニメやら映画やらVtuberやら
結構元ネタがわかるパロが多かったので、
要所要所でくすっとしました。

シナリオですが、
メインテーマでもある
性差別やLGBT、性同一性障害等に関しての感想は省略(ナニ
俺の脳内はえっち!おま◯こ!孕めオラァ!で構成されていて
センシティブな話になると機能停止するので、しょうがないですね。
まあ俺は性欲に忠実なので、
水引よりスス子のHシーンが見たかったですが(ボソ

エロシーンに関しては
機械姦1シーン以外、ヒロインのH相手は全て主人公なので、
前作同様、独占みたいなもんですね。
過去の礼先輩の機械姦が限界のラインだったのかな。

前作同様、陵辱や他人棒あり、NTR、乱交好きなゲーマーが
期待するようなシーンは全くないです。
まあSS組の設定自体は
過去に強姦やら破瓜やら他人棒Hやらドスケベ条例肉壷ワッショイ等、
いくらでも上記のエロ要素をいれられるんですが、
実際に回想描写までいれるとなると、
荒れそうな案件だから無理か。

前作でも2でも回想は上記の機械姦のシーン以外、
エロシーンの相手は主人公だけだったし、
このエロ全開の設定で回想が主人公オンリーなのも
売りの一つなのでしゃあなしですね。
まあ独占ゲーなら独占ゲーでいいので、
作中で調子に乗りまくっていた花丸妹を懲らしめる
Hシーンが見たかったですが(ボソ

次、個別ルート。
まず、礼ルート。
個別ルートでは
礼ルートが一番好きな展開でしたね。
礼が抱えている過去をなあなあで済ませずに
真摯に向き合う流れはグッド。
世間だと、イチャラブゲーに入るシリアス展開は
よく無駄シリアスと揶揄されていますが、
俺はオールイチャラブより
シリアスが入る重い展開が好きなので(小声
また、奈々瀬のアシストが光っていて
改めていい女だなあと再認識しました(謎の上から目線
ナナドリくんが主人公にさらっと告白してからの会話で
テキスト横のフェイスウィンドウをあえて見せないギミックも◯。


次、郁子ルート。
キャラとしては郁子が一番好きなんですが、
ルートの完成度はラストで
完全にネタに走ったせいでごにょごにょ。
ただ、要所要所では光る部分が多かったです。
特に雨にずぶ濡れの中、傘をさすシーンは
本編と真逆の立ち位置になっており、
予想できる展開だったとはいえ、
胸が熱くなりましたね。


また、郁子は
付き合う前は押せ押せモードだったのに、
付き合い始めたらお預けモードになって
反転攻勢するのもグッド。
現在の明るさとはうってかわって
重い過去があるのもいいですよね。
時折見せる弱さにやられる。
やはりギャップ持ちは強いなあ。
悲劇のヒロインという意味では
礼と正反対な行動をするのも対比状態になっていて◯。

ただ、前述通り、ラストがごにょごにょ。
礼ルート同様、恋仲になるまでのくだりはよかったんですが、
終盤に隕石とメスガキ様のタッグで
完全にネタに走ってしまったため、
このルートは隕石で射精阻止したこと以外、
頭に残らなかった模様。
まあ礼と郁子のキャラの対比として
話も明るいネタにもっていったと
勝手に解釈して合点しました。

次、桐香ルート。
会長のお守り役をしていたら、
そのままルートが終わってました(ナニ
他ルートでは散々ネタにされて茶化されていましたが、
階段ゲロ、空気が読めない、人の心がわからない設定はシリアスでしたね。
とはいえ会長がここまでポンコツだったのは予想外でした。
余談ですが、このルートを最初にクリアしたせいか
シナリオは他の2ルートと比べるとパンチが弱いんですが
一番印象に残りました。
SSルートは本筋の共通が長いので、
周回はアフターまでスキップ連打になるので、
最初に攻略したヒロインの印象が強く残るのはしょうがないですね。
本作は好みのキャラは最後に回すのではなく、
一番好きなヒロインから最初に攻略するのが正解かな。
俺は好みのキャラを後回しにして失敗しました(小声


次、NLNS組のアフター。
アフターはよくあるFDの
個別ルート後の後日譚みたいなもんですね。
イチャラブバカップルしながら、
平常運転の下ネタギャグ連打でしたね。
奈々瀬とぬきデブのルートに関しては
条例関連の問題が発生しますが、
速攻で解決するのでシリアス要素は薄いです。
奈々瀬ルートはラストの偽ビッチ告白・文乃回収と
前作で未回収だった話を補完していたのでよかったです。


以上

気づいたら日付が変わっていました(定期
明日は積みゲー崩そうそうしよう。