ナイロンハートの『地下アイドル×教辱育録~ファンの皆さん、ごめんなさい~』の感想でも書きますか<挨拶

 不自由な放課後 

3Dムービーのエロを見たくなったので(定期
※ネタバレ注意



ディスクレス可。
チャプター19枠(会話7、Hシーン回想16)。
総カット数200以上。
30fbs、1024x768のフルボイスアニメーション。
オプションで断面図表示のon/offあり。
以下、簡易シーン内訳。

■簡易シーン内訳
9枠:手拘束、事務所で手マン、潮吹き(アイドル衣装)
10枠:手拘束、事務所で正常位、中出し(アイドル衣装)
10枠:撮影後、椅子に座らせて手足拘束、電マ責め、潮吹き(レオタード)
11枠:ローター、椅子に座らせて手足拘束して挿入、中出し(胸と秘部の穴あきレオタード)
11枠:寝バック、中出し(マイクロビキニ)
8枠:フェラ、イラマチオ、顔/口内(マイクロビキニ)
12枠:背面座位、中出し(マイクロビキニ)
10枠:ステージでライブ中、バイブ(アイドル衣装)
24枠:立ちバック、中出し(アイドル衣装)


はい、 ナイロンハートの3Dムービーもの
『地下アイドル×教辱育録~ファンの皆さん、ごめんなさい~』です。
システムはEXE起動タイプです。
ゲーム進行は本編モードとチャプターモードがあります。

本編は通しプレイで
チャプターは各シーンごとに選択可能です。
チャプターモードはシーンごとに
自由に再生順番の変更やミュートが可能です。
ただ、これ1回閲覧ごとにシーンをミュート選択しなければならないので、
シーン再生するたびに編集しなればいけないのがちょっと面倒ですね(小声
ミュート機能を設定しない場合でも任意のシーンから選択可能にしてほしかったです。

話自体は冒頭・幕間・エピローグと
立ち絵で合間合間にヒロインと
吹き出しの会話テキストがありますが、
ほとんど終始ヤっているだけなので、ジャンル通り、
ゲームではなく、3Dエロムービーの動画集みたいなものですね。

ただ、幕間の会話テキストが
ヒロインのキャラ付けのアクセントになっているので、
合間合間に掛け合いがあってよかったですね。
前作でも思ったんですが、
ヒロインのモデリングや掛け合い時の会話が可愛かったです。
短い掛け合いでキャラの魅力を見せるのが上手いなあと。

エロシーンは
前作同様、内訳通り、エロシチュごとに
数枠のカット数、アングル変更、中出し事後描写等、
3Dマルチアングルに重点を置いていました。

カット数の増加から分かる通り、
上から下から、クローズアップ、ひいて俯瞰的に描写等、
前作に比べると、アングル増し増しでした。
断面図表示は前作と違って身体に断面図をいれる描写でした。
俺はこの表示形式は苦手なので
チャプターモードではoffにしていました(小声

アニメ調のキャラモデリングは
可愛らしく出来上がっていました(小並感
リアル造形よりアニメ風味のモデリングのほうが好みなので
より興奮度を高めてくれてグッド。
八重歯がかわいいっすね。
サンプルCGから分かる通り、
今回も3D系では珍しいタイプのアヘ顔&泣き顔全開なので、
この手のイキ顔が好きな人どぞ。

その他に

・大胆にディスプレイに向けて潮吹きぶっぱする画面演出
・赤面×アヘ顔×涙目×唾液のコラボレート
・ローター責めで立体的に躍動するエロチックな乳首描写
・縞々パンツ、マイクロビキニ、レオタード、アイドル衣装等の可愛らしいコスチュームの数々


このあたりがポイント高いですね。
小物系はワンポイントになっていてグッド。
射精位置は中出しと固定されていたので、
選べればよかったかな。
フェラ時は顔/口内と選択できてよかったです。

ちなみに、シチュ自体はあらすじ通り、
一人自慰していたヒロインの動画撮影という弱みを握って
意趣返しとばかりに徹底教育という名の凌辱を始めるという流れで
エロシーンもアヘ顔全開ですが、
今回もなんだかんだヒロインも満更でもなさそうなので、
別に無理やり陵辱・寝取りという感じはしなかったです。

余談ですが、オプションで
断面図表示の切り替えのon/offできるはずなんですが、
なぜか表示固定で非表示をクリックしても非表示になりませんでした。
後、マウス操作だと
本編のライブシーン終了後、左下の操作ボタンが非表示になってしまい、
次のシーンに進められなくなったのかと困惑しました。
1回、操作ボタンが表示されなくなったのは
ただ単にバグったのかと思って最初から再プレイしたんですが、
またライブ後に左下の操作ボタンが非表示になったので
これは仕様なのかな。
操作ボタン非表示でライブシーンのバイブ操作CGはそのままだったので、
エンドロール後の画面でも延々とバイブ操作状態で
ゲーム終了してなんかシュールでした。

マウス操作ではなく、テンキー操作では
ライブシーンのバイブ操作も正常動作して
その後も左下の操作ボタンが表示されたので、
本編はテンキー操作でプレイ推奨。
テンキー操作のほうが
断然テキスト送りが早いし快適ですしね。


以上

気づいたら日付が変わっていました(定期
明日は積みゲー崩そうそうしよう。