splushwaveの『DragonMahjongg3~完全版~』の感想でも書きますか<挨拶 

DragonMahjongg3〜完全版〜 

過去3作のsaveデータはアンインストしちゃったので、最初からやり直しました。
※ネタバレ注意



過去作のエロシーン内訳と感想・攻略は省略。
天空編の感想攻略
竜神編の感想攻略
伝説編の感想攻略
詳しくは上記の過去記事を参照してください。
以下、各編ごとに追加シーン内訳と再プレイの雑感。

☆天空編
■天空編プラスの追加シーン
マリア(正常位/海辺の修道院訪問時)
フウラ(フェラ/迷いの森探索時)
ルナナ(まんぐり挿入/封印の洞窟探索時)
マイユ(立ちバック/冒険者エンカウント対局時に倒して仲間にする)
セティア(正常位、フェラ、側位/サラボナの嫁イベントでセティアを選択してシナリオ進行)


天空編は
初手:グランドクロス
リーチ時:バギクロス(ところによりイオナズン)
二巡目以降は状況に合わせて一向聴 or リーチ後にトリプルアタック。
これだけでラスボスまで倒せますね。
3作品の中で難易度は一番低いですね。

流し読み気味にプレイして、
7h程度でラスボス撃破でクリアしました。
嫁のシーン回収や裏ダンジョン探索、マイユ以外の冒険者との対局は
無印プレイ時に全部回収したので、今回は省略しました。
無印のコンプは15hかかったので、
そのくらいかかるんじゃないかな。

無印プレイ時は仲間モンスター縛りでプレイしたので、
今回はモンスター2体をレギュラーにいれてプレイしました。
まあ前述通り、グランドクロスとバギクロスを使えるキャラがいれば
誰いれてもオッケーなレベルなので、
人型のキャラでも仲間モンスターでも
メンバーは誰でもいいですね。

ただ、配合は毎回全部スキルふり直し&
ある程度レベル上げをする必要になるので、
人型のほうが楽かもしれませんね。
終盤は面倒になってAランクにした後は
配合せずに固定していました。
まあ人型も転職が面倒なのでどっちもどっちか。
結局、主人公の転職も戦士、魔法使いをLV30にした後は
すっぴんに固定しましたしね。



☆竜神編
■竜神編プラスの追加シーン
ターニア(騎乗位/69/バック/ラダトームの嫁イベントでターニアを選択してシナリオ進行)
ずるぼん(アナルバック/世界樹探索時)
メルル(自慰・アナルバイブ/リリザの町の牢屋の扉)
ヤオ(立ちバック/精霊のほこら訪問時)


竜神編は
初手:グランドクロス
リーチ時:ギガブレイク(ところによりバギクロス)
二巡目以降は状況に合わせて一向聴時にトリプルアタック。
これだけで特定敵以外は倒せますね。

ただ、天空編より敵の被ダメージが高いので、
ベホイムやハッスルダンス、ベホマラー、
ベホマ、ベホマズン等の回復技が必須ですね。
また、終盤ではリーチした直後に
敵がリーチ一発してくることが
体感的に天空編より断然多かったので、
バギクロスよりギガスラッシュやギガブレイク、イオナズン等を
優先的に使ったほうが上がりやすいかな。

ミストバーンやラスボス等の
山札破壊系&状態異常攻撃をしてくる特定敵は
マダンテ、いてつくはどうとひかりのはどうを装備。
ラスボスはやっぱりダイがいないときついかなあ。
結局、主人公外してダイを前衛のメンバーに入れました。
主人公とダイでステータス差が1.5倍近くあるのでしょうがないですね。
配合しまくったキングスペーディオより
総合的にステータスが高いダイの優遇っぷりがすごいですね。
まあボスキャラ的にこの強さも納得。
ダイ、ターニア、キングスペーディオ。
攻撃ゴリ押ししてさっさとラスボスを撃破して
その後は役満連打で終了。

余談ですが、
スキル全振りした状態でマダンテ覚えさせるのを忘れたため、
メタルキングを仲間にしてキングスペーディオに継承、
その後に3体配合でスキル割り振りをリセットして
ギフトポイントでメタルキングに全振りして
マダンテを習得する作業をするはめになりました。
この作業に2hくらいかかった模様。
メタキン出現率と加入率が低いのでしょうがないですね。
無印同様、バーバラを育てておけばよかった…。
ぶっちゃけターニアのEPとラストのエロシーン回収だけだったので、
もうコンプデータをもってきてもよかったんですが、
ラスボス倒さないのもそれはそれでモヤッとするので、
気合でクリアしました。

それと俺は今回、ターニアと神竜をスタメンに入れたせいで
難易度というか面倒さががかなり上がったかな。
いや主人公を含むこの3人は積み込み系を覚えるのが遅いので、
序盤のリーチ率に時間がかかり、結果的に対局の時間が
増えてしまったため、作業感が増しちゃいましたね。

素直に無印でスタメンに入れていたゼシカとプリンを
今回も使っておけばよかったですね…。
後半になれば、イベントで主人公やターニアも
積み込み系や一発系の強力魔法をばんばん覚えるので、
一気に楽になりますが、それまでが結構長かったです。

後、プレイ開始時から
仲間にいる神竜属性の仲間モンスターを
使おうとしたのが最大の悪手でした。
あの神竜属性のキャラって
超終盤までどんだけ配合しても
ランクCから上がらないので、
スタメンで使うのはぶっちゃけ罠ですね。

邪配合の3体配合ではBランクになると信じて
邪配合が可能になるまで我慢して使ってきたのに
3体配合でもCランクより上にならないことが判明して台パン不可避でした。
途中から配合せずに温存していたA・Bクラスのモンスターを
数体配合しただけでステータスも習得スキルも断然優位でしたね。
神竜は顔も見たくないので、ルイーダの酒場にポイしていました。

ただ、一応ランクSが揃い出すと
ランクS(ゲマ+33)×ランクS(キラーマジンガ)×神竜(ディアノーグ+24)の3体配合でキングスペーディオを生成できたので、
なぜオレはあんなムダな時間を…状態が報われたのはよかったです。
まあキングスペーディオを作ったのはラスボス戦直前だったので、
今更手に入っても活躍の機会がほとんどありませんでしたが(コラ

結局、流し読み気味にプレイして、
9hでラスボス撃破でクリアしました。
嫁のシーン回収や裏ダンジョン探索、冒険者との対局は
無印プレイ時に全部回収したので、今回は省略しました。
無印のコンプは12hと短めだったので、
やはり今回は時間かかってるなあ。
上述通り、神竜とマダンテのせいですね…。



☆伝説編
■伝説編プラスの追加シーン
マルモ(背面側位/フェラ/座位/サンマローの村の嫁イベントでマルモを選択してシナリオ進行)
イシュダル(座位/フェラ/立ちバック/サンマローの村の嫁イベントでイシュダルを選択してシナリオ進行)
ルナフレア(騎乗位/蜃気楼の塔探索時)
ロクサーヌ(正常位/ラスボス撃破後セントシュタイン城のリッカの宿屋に訪問)


伝説編は
初手:かがやくいき
リーチ時:チームアタックの地這い大蛇。
これだけで特定敵以外は倒せますね。

終盤のボスやラスボス戦の山札破壊攻撃マダンテで対応。
ラスボス戦は合間にスピオキルトとテンション使用。
相手のテンション上げはロストアタックで対応。
状態異常攻撃はひかりのはどうで対応。
回復系はベホマラーⅢ、ベホマズン、ベホマ、ザオリクをスタメン3人に装備。
これで攻撃ゴリ押ししてさっさとラスボスを撃破してその後は役満連打で終了。

メゾラゴンやイオナロス系はMP300と
消費が激しすぎるので使いませんでした。
後、山札破壊系のファントムレイザーだと相手のテンパイ速度が上回るので、
結局、マダンテを覚えさせました。

スタメンは主人公、マルモ、仲間モンスターのミストバーンです。
主人公の職業は
無印だと遊び人を選択して完全にネタに走ったので、
今回は無難に戦士にしました。

竜神編はダイが異常な強さだったので、
あまり仲間モンスターの強さを実感できなかったんですが、
天空編では仲間モンスターを配合しまくると、
終盤で主人公や人型キャラを凌駕したので、
無双っぷりを体感できました。
基本ステータスの差が激しく、
みのまわりが他2人の倍までいったので、
仲間モンスター前衛はド安定ですな。

というかSクラスを数回配合するだけで
主人公や人型キャラのステータスを
あっという間にゴボウ抜きして
運の良さ以外、ステータス999にカンストするのが
そこはかとなく悲しかったです。
無印プレイ時は3作ともモンスター縛りでプレイしましたが、
配合した仲間モンスターってこんなに強かったんですね…。
というか序盤から配合しまくったS+93のミストバーンが
S+6のミストバーンに基本ステ全負けしたのは
そこはかとなく悲しかったです(2回目
結局配合回数ではなく、配合値が正義なので、量より質ということか。

そういえば、イシュダルって
ヒロインに選ばないと配合できるんですよね。
嫁に選ばない他ルートだと配合可能で
存在ごと消されるって冷静に考えると
地味にえぐいですね。

余談ですが、5年前のコメントの質問であった
シルクのベールの素材探しを確認するのをまた忘れました(オイ
ただ、俺が自分の攻略記事通り、プレイしていたら、
素材探しに詰まることなく進められたので、
チャート通りにプレイしていれば手に入るんじゃないかな。

結局、流し読み気味にプレイして、
12hでラスボス撃破でクリアしました。
嫁のシーン回収や裏ダンジョン探索、冒険者との対局は
無印プレイ時に全部回収したので、今回は省略しました。
無印のコンプは25hと短めだったので、
ぼちぼちですかね。
仲間モンスターの配合をしまくっていたので、
配合後のスキル再設定に結構時間がかかった気がしないでもないです。
FEやスパロボの出撃前の準備画面の設定に
時間がかかるみたいなもんですかね。

3編を再プレイして思ったのは
道中で登場するエンカウントの冒険者をスルーすると
中だるみせずにさくさくクリアできるということかな。
やっぱり冒険者と延々と対戦するのは作業感が強くなりますからね。
ぶっちゃけボーナスが仲間加入とちいさなメダルのご褒美だけなので、
追加Hイベントがない冒険者は総スルーしても、
CG・回想コンプする分には全く問題ないですしね。
後、周回なのでエクストラダンジョンまでプレイしなかったのも
さくっとクリアできた要因の一つかな。

追加要素はアペンドみたいなもので
実質3編の周回プレイみたいなもんでしたが、
いつもの如く、なんだかんだで
ぶっ通しプレイするほど面白かったです。
ドラ雀シリーズ好きな人は楽しめると思います。
というかこれ無印3作+プラス3作全部込みで3,564円って超お買得ですね。
しかもFANZAのDL版は19年9月26日まで半額キャンペーン中とか
これもう未プレイなら買いでしょ(露骨な宣伝


以上 

やはりsplushwaveのゲームは中毒性ありますね。
まだドラゴンアカデミーシリーズと竜王ちゃんの野望を積んでいますが、
連続プレイはさすがに疲れそうなので、
ちょっとスパンあけますかね。