Casketの『あやかし遊郭 〜からくり女中の懐旧談〜』の感想でも書きますか<挨拶

『あやかし遊郭 〜からくり女中の懐旧談〜』 

心音可愛かったです(小並感
後、主人公がいい味を出していました。
 ※ネタバレ注意



ディスクレス可。
CG20(差分除く)。回想15。
クチュ音、パンパン音のBGVあり。
画面サイズの自由変更可。
テキスト窓透過調整機能あり。
ボイス連続再生、ボイス継続機能あり。
QS/QL、Autoあり。
選択肢なしの一本道ゲー。
以下、エロ内訳。

■心音

・主
電池切れ起動前、座位、中出し、連射(着物)
フェラ、イラマチオ、口内、連射(着物)
正常位、中出し、連射(着物)
ローション、愛撫、筆弄り、筆挿入(全裸)
駅弁、中出し、連射(足袋)
野外、手マン、立ちバック、アナル弄り、中出し(着物)
キス、手コキ射精、連射(着物)
風呂、ローション、膝コキ射精(全裸、髪下ろし)
座位、クリ弄り、中出し(全裸、髪下ろし)
乳コキ射精(着物)
ベランダで立ちバック、中出し、アナル立ちバック、尻穴中出し(着物)
自慰(全裸)
キス、対面座位、中出し、連射(着物)
愛撫、背面立位、中出し(着物の上に割烹着)
まんぐり挿入、中出し、連射(着物の上に割烹着)


はい、妖怪遊郭で夢のような一夜を過ごすADV
『あやかし遊郭 〜からくり女中の懐旧談〜』です。
ヒロインの心音かわいい、主人公も不快感なしで両者とも俺好み。
話も主人公は心の隙間を埋めていく、ヒロインは空の心を満たしていくと主題は明確。それ故に描写も明確。よくできています。まる。

キャラに関しては
ヒロインの心音はただただかわいかったです。
わんわんお的な忠犬キャラが好きなら
愛着が湧くこと間違いなし。
体験版をプレイして気に入ったなら
問題なくいけるかと。
心音という名前も題材そのまんまで
自己主張感があってグッド。
感情なし設定に関しては
最初からなんだかんだで情緒ある仕草を随所で見せるので、
片言で話すロボットみたいなノリではないです。

主人公は善人タイプではなく、
性欲優先の二股三股当たり前のヤリチンのクズで
自分で独善的な人間と自己解釈する人間でしたが、
心音と出会うことで浄化されていきます。
過去の制裁もきちんと受けるので、
特に不快に感じることもなかったです。
まあ女遊びをしていた過去描写をきっちりいれたら
また印象変わりそうですが、
その辺はさらっと流しますしね。

シナリオに関しては
他人を信じず、蹴落とし、自分の欲望を最優先にして行動する独善的な主人公。
絡繰人形の道具としてその行動原理だけをプログラムされた心音。
一見正反対の二人。でも実は中身は空っぽ。二人は同一存在。
主人公は出会い頭では一種の同族嫌悪をしていたのです。
心音の打算のない献身的な行動に
主人公の心が洗われる様は厳しい現代社会の
荒波にもまれる我々にとってはいやはや眩しすぎる。

これぞ理想の幻想郷。止めてくれ心音その術はオレに効く。

心音は最低限の触覚のみで
味覚なし、嗅覚なし、快感なし、痛覚なし、感情なしの設定だったので、
BADENDでめちゃくちゃ乱暴に扱って
四肢損壊するするエロシーンでもあるのか!と
wktkした自分が恥ずかしくなりましたね。
まあ俺は浄化された綺麗な主人公より
心音を見つけて、ダッチワイフゲットだぜ!と
初っ端から命令口調でイラマチオをやってのける
性欲に忠実な汚い主人公も好きでしたが(小声

エロシーンに関しては
序盤はヒロインの心音が
快感を覚えない絡繰人形という存在なので、
ほとんど反応ナッシングのマグロ状態です。
そこから主人公と出会うことで
初期のマグロモードに満足できない主人公のために
恥じらい、おねだり、台詞、喘ぎ方等、
演技とはいえ、必死にHの所作法を振る舞うようになります。
その後、心が芽生え始め、
主人公とラブラブイチャイチャHモードとなります。

というわけで、
エロシーン自体はオール主人公×心音のHですが、
このようにHの反応が3段階変わるので、
1粒で3粒楽しめる仕様となっております。

余談ですが、
他メーカーでいうと、
frillの神待ちサナちゃんあたりが好きなら、
本作もオススメできるかな。


以上

次、行きます。