MAGESの『STEINS;GATE 0』の感想でも書きますか<挨拶

今更ながらシュタゲ0を崩しました。
※ネタバレ注意



vita版でプレイ。
CSゲーなので勿論エロシーンはありません。
CG104(差分除く)。
QS/QS、Autoあり。
スキップあり。
バックログあり。

はい、『STEINS;GATE』で助手を救えなかった
「未来」の物語『STEINS;GATE 0』です。
15.5h程度でさくっとクリアできました。
トロフィーもコンプ完了。

助手を救えなかった世界線のため、
物語開始時点で主人公が鳳凰院凶真状態ではないので。
シュタゲ本編の序盤より読みやすかったのでさくさくプレイできました。
いや本編はタイムリープしてから一気に話が盛り上がりますが、
中盤まで鳳凰院凶真状態の中二病全開の会話と展開の遅さで
進めるのが億劫でしたからね(小声

ぶっちゃけ本編より
今作の落ち着いた主人公のほうが好きなんですね。
特にところどころで失敗した世界線のフラッシュバックに
苛まれる描写がよかったです(ゲス顔

まあ延々と鬱モードが続くため、終盤は鈴羽にシンクロして
さすがにいい加減そろそろ復活してくださいよと思っちゃいましたがががが。
そんなわけで後半、鳳凰院凶真状態になる場面はテンション上がりました。
あの場面で心滾らない人はいないというくらい見せ場でしたからね。

シナリオについては、
まあ本編と比べると、結果がわかっているので、
あくまで補足と後付けみたいなものですが、
話の吸引力は抜群のため、先が気になって一気にプレイできました。
本編と比べるとラスト付近のカタルシスは弱いですが、
それでも要所要所で盛り上がりましたね。
後、バイト戦士が大活躍でさらに好きになりました。
シュタゲ0はオカリンとダルと鈴羽の3人が
主人公といっても過言ではないでしょう。

かがりと由季の設定に関しては
世界線によって中身が変わっているので
ちょっとややこしくてこんがらがりました。
ライダースーツの女も(以下同文
鳥頭なので考察サイトを見てようやく合点がいきました。
世界線に関しても
クリア後、頭がこんがらがってきたので、
考察wikiの年表を見てなるほどなーと読み耽けていました。

余談ですが、
ゲームをクリアした勢いで
torneに録り溜めていたアニメ版も全部一気見しました。
本編もそうですが、やはり一度ハマると止まらないですね。
昔は熱が冷めずに関連書籍も集めたっけ。

そういえば、
前作のPSP版をプレイしたのは8年前と
プレイしたのがかなり昔なので、
結構話を忘却してしまいました。

昔、書いた感想記事(ネタバレ注意)があったので見てみましたが、
ブログ初期の記事なので内容が適当すぎて
これでは当時のプレイ時の記憶を回顧できないですね…。
綯ちゃんについてしか書いてないでござる。
久しぶりに再プレイしようかと思ったら、
特典のHDリマスターは開封するのが遅すぎたせいで
DL期間の期限切れてました(死亡
elite未プレイなので、こっち買おうかな。


以上

寒くなるにつれてベッドに籠もって
ゲームをするのが中心になってくるので、
エロゲより携帯機のCSゲー崩しが中心になっている模様(オイ