ディーゼルマインの『聖隷の姫君ステア ~ストゥーム・コアの伝説~』の感想でも書きますか<挨拶

聖隷の姫君ステア 〜ストゥーム・コアの伝説〜

異種姦モノ。
触手×凌辱×出産のフルコースです。

※ネタバレ注意



ディスクレス可。
回想20。CG18(差分除く)。
クチュ音、パンパン音、BGVあり。
テキスト窓透過調整機能あり。
ボイス継続再生機能なし。ボイス連続再生機能あり。
QS/QL、AUTOあり。
以下エロシーン内訳。

■ステア
・ジオ
大衆の前でクンニ、正常位、中出し(全裸)
愛撫、正常位、中出し(全裸)

・ネグダル
ジオの前で触手拘束、触手愛撫、触手挿入、中出し(普段着)
ジオ&大衆の前で触手拘束、触手愛撫、触手パイズリ、触手挿入、中出し、ぶっかけ(虜囚着)
豚舎、触手拘束、触手豚立ちバック挿入、触手フェラ、口内、中出し、ぶっかけ(半裸、ネグダル&豚軍団)
ジオの前で触手拘束、触手脚上げ挿入、中出し(全裸)
ジオ&大衆の前で触手拘束、貞操帯外して触手挿入、触手3穴挿し、中出し、ぶっかけ(貞操帯着)

・レグル
ジオの前で触手拘束、触手愛撫、ステア:レグルのふたなり触手をフェラ、口内(下着)
ステア:ジオの前でレグルのふたなり触手で正常位、中出し(全裸)
ステア:肉壷内、腹ポテ、レグルのふたなり触手でバック、中出し(全裸)
ステア:ジオ&大衆の前でレグルのふたなり触手で座位、中出し(全裸)
ステア:肉壷内、W腹ポテ、レグルのふたなり触手でバック、中出し(全裸)


■レグル
・ネグダル
触手拘束、触手愛撫、触手挿入バック、中出し、連射(普段着)
鞭打ち、触手拘束、触手愛撫、触手3穴挿し、中出し(虜囚着)
ジオ&大衆の前でレグルのふたなり触手を吸引射精、2穴挿し、中出し(全裸)

・巨人
乳首とクリに触手プラグ、乳首触手責め、超巨根挿入、中出し(半裸)


■複数
・ネグダル
触手拘束吊り上げ、触手挿入、中出し(普段着、ハナ&トゥル)
肉壷内、W腹ポテ、レグルのふたなり触手射精、触手拘束、触手愛撫、触手挿入、中出し(全裸、ステア&レグル)
肉壷内、W腹ポテ、触手拘束、触手くぱー、卵出産(全裸、ステア&レグル)
まとめて触手拘束、触手挿入、中出し、ぶっかけ(モブ女軍団)
ネリス:触手拘束、触手3穴挿し、中出し/ネリス&フレア:肉壺内、触手拘束、W触手挿入、中出し(EXTRA)


■ヒロイン凌辱の過程
・STEP1:侵略
禁忌の星フィヨルは、戦争を知らぬゆえ侵攻は容易だ。
豊かな緑を焼き尽くし、見つけた数だけ女を犯せ!
むろん、姫城の親衛隊女戦士も触手の餌食だ!

・STEP2:親衛隊長、蹂躙
姫君を守るため、親衛隊長レグルが自らを犠牲にして凌辱を甘受する。
それがどれほど無謀なことか、触手で膣の最奥まで思い知らせる!

・STEP3:姫君、破瓜無残
親衛隊長との約束を反故にし、その目前で処女の姫君ステアを触手凌辱!
そして彼女の子宮内ストゥームコアからエナジーを奪い、触手をさらに進化
させる!

・STEP4:美女2人、それぞれの調教凌辱
姫君と親衛隊長を隔離し、お互いへの想いを利用し欺いて調教凌辱!
異常な快感による堕落の過程にありながら、まだ姫君を恋慕するレグルに、
触手ペニスを植え付ける!

・STEP5:寝取り公開凌辱
抵抗むなしく遂に陥落して快楽に浸りはじめる姫と親衛隊長を公開凌辱!
正体をなくし、淫らに堕ちた姿を新郎に見せつける!

・STEP∞:種付け、そして伝説へ…
浅ましく発情し、精を望む姫君に種付けするのは、ネグダル自身の触手か、
それとも親衛隊長の触手ペニスか!?
そして姫のエナジーを絞り尽くした果てに、伝説への道が開かれる!


はい、ヒロイン達が宇宙侵略生物である主人公の侵攻によって
母国を制圧されて調教凌辱される
『聖隷の姫君ステア ~ストゥーム・コアの伝説~』です。
あらすじと凌辱の過程まんまの内容なので、
特に改めて語ることもあまりないですね(オイ

序盤でヒロイン達の国を
制圧完了した後は延々と調教凌辱が続くだけなので、
パニック映画的な襲撃のwktk感はないです。
ヒロイン達が脱出を試みるような展開もないので、
ストーリー要素は薄いです。

選択肢でレグルかステアの一方を
調教凌辱するかで展開が多少変わりますが、
ゴールは一本道なので本筋は変わりません。
また、一応選択肢次第では逆転展開になって
主人公が破れるENDもありますが、
かなりあっさり気味です。

エロシーンは
回想内訳から分かる通り、ほぼ触手凌辱です。
異種姦&触手&産卵の時点で人を選びますが、
さらにレグルはふたなり触手のシーンが大多数を占めるので、
この点でも敷居が高いゲームかなあと。

後、商品説明に堕ちる過程重視の
ネットリ絡み付くストーリー展開とありますが、
あっさりヒロインは陥落するので、
わりと即落ち気味でした(小声

ステラはせっかく夫がいるんだから、
もうちょっと抗ってほしかったですね。
夫のジオは粗チン&寝取られH中は空気気味なので、
別にいてもいなくてもいい存在感の薄さだったからなあ。

同サークルの『妖蟲ノ檻』は
キャラ多めでエロ分散型なのに対して、
本作の女キャラはほぼレグルとステアのWヒロインに絞っているため、
こちらは同一キャラの調教凌辱に焦点をあてていました。
どちらの構成が好みかは各人によるかな。


以上

気づいたら日付が変わっていました(定期
明日は積みゲー崩そうそうしよう。