『夜が来る! アニメ版』の感想でも書きますか<挨拶

夜が来る!THE BEST

本棚の奥底から発掘したので、視聴しました(定期
※ネタバレ注意



はい、夜が来る! アニメ版です。

4巻構成でOP・EDを除いた
本編の再生時間は約25分×4の全4話です。
計100分程度じゃどう圧縮して端折っても
話をまとめるのには無理があるので、
アニメ版はゲームのダイジェストみたいなもんですね。

ざっくりまとめると、

■1話
・進行
→光狩来襲、いづみ達と邂逅、光狩撃退、真言美登場、光狩撃退、マコト登場

・エロ
公園、触手責め(光狩×クラスメイトの後藤)
真言美の言霊の能力で光狩のレイプの過去を追回想、声無し(女の光狩)
光狩の蟲責め(光狩×真言美)
乱交(モブ×ハイジ)

■2話
・進行
→ハイジ襲撃1、百瀬登場、学園祭、ハイジ襲撃2/マコト敗退、主&いずみ:いずむの兄の宗司と対峙、ハイジ撃破、サカキに星川&新開&鏡花敗退、主:いずみに告白、いずみ:仲間達の記憶を消去

・エロ
乱交(ミズキ×モブ達)
愛撫、触手責め、バック、蝋責め、ゴルフクラブで腹叩き、ゴルフクラブ挿入、バイブ、挿入(ハイジ×マコト)

■3話
・進行
→光狩撃退、真言美誘拐、宗司によりサカキ退場/星川記憶復活・ミズキとの出会い、いずみの幻想世界、全員記憶復活、きらら誘拐

・エロ
愛撫(光狩×モブ学生)
キス、愛撫、正常位、中出し(主人公×鏡花、両者とも記憶操作で恋人と誤認識)
幻想世界、愛撫、バック、正常位、アナル挿入(分身宗司×鏡花)

■4話
・進行
→真言美:夜の女王回想、宗司と対峙、洸夜と対峙

・エロ
昔々の凌辱(夜の女王)
触手責め(ミズキ×光狩)
愛撫、正常位、バック(主人公×いずみ)


です。
見て分かる通り、かなり端折ってます。
特に新開はイベントまるまるカットされているので、
モブキャラレベルの存在感のなさでした。
まあ別に洗脳イベントをいれても、
新開の情けなさが露呈するだけなので、
カットしたのは英断かもしれませんね。

俺は原作をプレイしたのが9年前で
キャラやシナリオの詳細を忘却していたので、
なんだかんだ新鮮な感覚で視聴できました。
特に敵キャラの3人は全員存在ごと忘却していました(オイ
久々に原作再プレイしたくなりましたね。

エロシーンは薄味です。
エロよりもストーリー重視かな。
まあストーリー重視といっても、
前述通り、尺の都合上、ダイジェスト状態なのは仕様です。
2話の時点で主人公がいずみに告白しますが、
この辺はもう話数の都合上、過程すっ飛ばしなのは
もうしょうがないですね。
ラスボスの洸夜が大物感出していた割に
合体技で瞬殺オチはちょっと吹きました。
なんだか本気だす前に退場した感がありました。

にしても、いずみは仲間達から記憶を消去した後に
主人公と鏡花を恋人と誤認識させる記憶を植え付けましたが、
鏡花を守らせるためという理由以外になんか訳ありましたっけ?
鏡花のエロシーンをいれたいという都合上、恋人関係にしたってことですかね。
記憶誤認識中に主人公と鏡花はHしちゃってるからなあ…。
原作だとどうだったか忘れました(オイ

後、やっぱりアニメより
原作を先にプレイしたほうがいいかな。
原作は周回が作業ゲーのため、
シナリオを先に知ってしまうと、
周回してコンプするモチベが
減ってしまう可能性が高いです。


以上

気づいたら日付が変わっていました(定期
明日は積みゲー崩そうそうしよう。