Astronautsの『ダンジョン オブ レガリアス~背徳の都イシュガリア~』のゲームパート体験版の感想でも書きますか<挨拶

ダンジョン オブ レガリアス 〜背徳の都イシュガリア〜

手堅いダンジョンRPGゲーという印象でした。
※ネタバレ注意



ゲームパート体験版ということで、
今回の体験版はキャラのADVパートは初回の説明のみで
ゲームパートのダンジョン探索のみ収録されています。
具体的にいうと、ダンジョン探索3層までの収録です。

ゲームパートですが、
無難なダンジョンRPGですかね(小並感

ダンジョン探索は人型進行系のマス目型。
今回はかぐやのダンクルのような視点型ではなく、
俯瞰型のクォータービュー形式になりました。
戦闘はドラクエやFFのようなコマンド選択型。

HP、MP、他ステータス、属性、リーダースキル、必殺系のEXゲージ、
アクティブスキル、パッシブスキル、前衛・後衛配置、
武器、防具、アクセサリー、アイテム、レベル、ゴールド等の要素あり。
モンスター&アイテム図鑑もあり。

MAPは自動マッピング、探索率%ゲージ。
ダンジョン内でもセーブ可能。
MAPのレバー解錠により
再来訪時のショートカットできる親切仕様。
隠し通路等もあり。
移動は扉選択で
さくさく動いてくれます。

敵はシンボルエンカウント。
オート戦闘可能。
ただしオートにすると、
オール通常攻撃なので、
後衛で遠距離攻撃不可のキャラは攻撃できません。
ゲームオーバーになったら再戦可能。

などなど、
無難 of 無難な感じですが、
俺はダンジョンRPG好きなので、
普通に楽しめそうです。

敵デザインは
ダンクルやデモニオン同様、
かっちょいー硬派なモンスターデザインでした。
後、上下に動きます。

戦闘難易度は結構高め。
レベル上げずに
さっさとダンジョンに潜っていたら、
ボスが強くて瞬殺されました(ぇ
ボスの攻撃力高すぎィ!

3層のボスや隠しボスにもぬっころされたので、
修行しないと勝てないですね。
まあレベル上げしたら普通に倒せるので、
鬼畜ゲーってわけではないです。

また、シンボルエンカウントの色違いの強敵は
強すぎて歯がたたなかったりと
やりがいありそうでしたね。

イージー、ノーマル、ハード、カオス(条件付き・初期選択不可)と
難易度選択もあるようです。
ノーマルでこの難易度なら、
ハードやカオスはかなり歯ごたえがありそうですね。

後、OPがかっちょいーです。




聖エステラといい、デモニオンといい、
ウルスラグナといい、塔の下といい、
アストロノーツのOP曲は
いつも聞き入ってしまいますね。


ジャンル:ダンジョン探索RPG
発売日:2016年3月25日発売予定
販売価格:10,584円(税込)



以上

1h半程度でさくっと終了。
来月の発売が楽しみですな。