elfの『遺作』の感想でも書きますか<挨拶

 遺作【Windows10対応】

謎解き×脱出×探索ゲー。
フラグ見逃して周回しまくりんぐ。
ネタバレ注意



ディスクレス不可。
回想9。
クチュ音、パンパン音、BGVなし。
QS/QS、Autoなし。
ボイスループ再生、継続再生機能なし。
テキスト窓透過調整機能なし。
エロシーンは要所要所で
遺作さんの手がうにょうにょ動きます
強制フルスクリーン。
テキスト送りがスクロール不可。
エンターキー、マウスクリック可。
以下、エロシーンの内訳。


■美由紀
・主・遺作
フェラ、騎乗位、遺作胸揉み、2穴挿し(制服)

■琴未
・遺作
愛撫、正常位/バック(制服/白ソックス)

■明美
・遺作
ふぐり挿入、フェラ、胸揉み、背面座位(テニスウェア)

■美緒

・遺作
放尿/胸洗濯バサミ、剃毛、逆まんぐり挿入(制服/シャツ、白ソックス)

■里香
・遺作
愛撫、放尿、座位(制服)

■久美
・遺作
愛撫/ふぐり挿入(教員着、全裸)

■宗光
遺作手コキ、里里香:フェラ(制服)
遺作手コキ、久美:正常位(全裸)
遺作手コキ



はい、今更ですが、
○作リーズの遺作さんをようやく崩しました。
攻略見ずにプレイしたので、
フラグ取り忘れまくって
全然ハッピーエンドに辿りつけず、
二桁近く、周回しました(ぇ

毎回、気づいたら
消えてるキャラがいて困った困った。
明美の放火を止めるのも苦労しました。
それだけにハッピーエンドに
辿りついた時の達成感は一入でしたね。

主人公と結ばれるのは
2人しかいませんが残当。
他のヒロインは行動を
共にすることがほとんどないし、
パニックになると発狂したり、
主人公に理不尽に八つ当たりするキャラしか
いなかったですしね。

なので、
遺作に攫われてからのエロシーンは
ざまあとしか思わなかったですね(ニッコリ
宗光あたりはイラッとしたので、
毎回、遺作さんにわざと攫ってもらっていたせいか
ハッピーエンドにたどり着けず、
余計に周回するハメになった模様(ぇ

エロシーンはさすがに古い作品なので、
尺短い&シーン数少なめで
今プレイすると、実用性は薄いですね。
今作は脱出探索要素がメインなので、
鬼作さんや臭作さんのほうが
シーン数的にも尺的にも実用度は高いです。

ただ、個別エンドがある
美由紀と琴未は魅力高めだったので、
エロシーンも普通に使えました。
主人公の想い人の琴未は
NTR的な意味でいいですね。
正常位やバックの構図、
顔射のCGはシコリティー高め。

また、知性溢れる行動的な美由紀が
まさに俺好みのタイプだったので、
エロシーンは滾りましたわ。
彼女はツンデレ要素があっていいですよね。
暴力振るわないツンデレなのはポイント高いです。
ツンデレが苦手な俺でも
ヒロインの中で魅力がダンチでした。

leafの鎖でも思いましたが、
こういう緊迫したゲームだと、
やはり、主人公と共に
主体的に動けるヒロインのほうが
魅力を感じますね。



以下、完全に脱線話。
余談ですが、
俺が初めて精通したのは
実は遺作なんですよね。
正確にいうと、学生時代、
ゴミ捨て場にあった週刊誌の
巻初の広告の遺作です。

昔は今みたいにパソコンが普及していなかったし、
テレビも一家に一台しかなかったし、
携帯も持っていなかったので、
エロネタが全然手に入らなかったんですよね(遠い目
なので、河原やゴミ捨て場に行って
エロ雑誌を調達していた模様。

今の時代はネットで
いくらでもオナネタ拾えるから
良い時代になったもんですね(加齢臭
そりゃオナネタが多すぎて、
エロゲーの売上も減るわけですな。

話ずれた。
んで、拾った雑誌は
週刊現代か週刊大衆あたりだったかな。
その巻初の遺作の広告のみでいたしましたね。
まあ雑誌にブッパして
結局、その雑誌は1日で
廃棄することになったんですが(ぇ

そんなこんなで、
この広告のおかげで
エロゲーというものがあるのか!
将来、お金貯めてPCとエロゲーを絶対買おうと決意したので、
今後の人生まで変えてくれた遺作さんだったわけですよ。

…。
とはいいつつも、
実際は一時期2次離れして
完全にエロゲーの存在も遺作さんの存在も
忘却していましたが(オイ
ただ、ひょんなことから君望をプレイして
エロゲーにハマって、遺作さんの存在も
思い出したというわけです。

それにしても、
精通が2次エロとか
俺は根っからのエロゲーマーだったということか(ぇ
そんな思い出?があるせいか
遺作をプレイするのは後々にとっておこうと
思って延々と後回しにしていました。


以上

遠出から帰宅早々に
コツコツプレイしていた遺作コンプ。
土日はガッツリ積みゲー崩す予定。