LiLiMの『Dearest Blue』の感想でも書きますか<挨拶

Dearest Blue 発売記念パック【Innocent BlueDL用シリアル付】

5月のNTRゲー枠。
ヒロインが寝取られて爽快感抜群!(オイ
※ネタバレ注意



■システム関連
ディスクレス可。
回想68、CG85(差分除く)。
クチュ音、パンパン音あり。
テキスト窓の透過調整機能あり。
ボイス連続再生なし。
ボイス継続機能あり。
以下、エロシーン内訳。


☆理央
 ■秋津川

水着撮影(水着)
睡眠薬、睡姦、キス、クンニ(制服)
媚薬、手拘束、手マン(全裸)
座位、破瓜、主人公途中観戦(全裸)
手コキ、アナル舐め、顔射(制服)
立ちバック(制服)
胸揉み、腋舐め(衣装)
だいしゅきホールド(衣装)
接待、乱交:2穴挿し、フェラ、W手コキ(衣装)
キス、背面M字挿入(普段着)
接待、フェラ、主覗き見(衣装)


■鳳
キス(普段着)
睡眠薬で眠らせてパイズリ(寝間着)
フェラ(下着)
背面立位(ほぼ全裸)
クンニ、手マン(全裸)
騎乗位(全裸)
立ちバック(衣装)
フェラ、カメラ撮影(紐水着)
アナル立ちバック、放尿(紐水着)
胸揉み、立ちバック、昏睡中の主を手コキ(普段着)
主が昏睡中に2穴挿し(普段着)
ビデオレター、背面騎乗位、腹ポテ(全裸)


 ■剣崎
キス、胸揉み(下着)
フェラ(全裸)
胸揉み(全裸)
正常位(全裸)
バック(全裸)
乳吸い、手コキ、腹ポテ(全裸)
背面座位、腹ポテ(全裸)
クンニ(全裸)
側位(全裸)


■哀田
スタンガン、フェラ(制服)
スタンガン、未遂(制服)
スタンガン、正常位(制服)
パイズリフェラ(制服)
正常位(制服)


 ■梶原
キス(衣装)
愛撫(制服)
パイズリフェラ(制服)
手拘束、手マン、正常位(全裸)



胸揉み、正常位(普段着)
胸揉み(全裸)
スマタ(制服)
正常位(全裸)
手コキ(制服)
フェラ(制服)
スマタ(制服)
キス、正常位(制服)
パイズリフェラ(衣装)
押し倒し(制服)
正常位(制服)
69(全裸)
騎乗位(全裸)
キス、未遂(制服)
娼館オークション(エロ無し)


■他
自慰(寝間着)
乱交:騎乗位、手コキ、フェラ、ヤク(全裸)


☆乃亜
■主
キス、未遂(全裸)
69(制服)
正常位(全裸)

■秋津川

胸揉み、未遂(制服)
フェラ(制服)
立位(制服)
背面座位(全裸)
輪姦;前戯、主人公観戦(ボンデージ)
輪姦;バック、フェラ、主人公観戦(ボンデージ)
輪姦:カメラ撮影、フェラ、手コキ、バック、中出し(衣装)





■シナリオ・キャラ関連
はい、NTRもので
有名なblueシリーズ最新作です。
寝取りゲームの設定やキャラ雑感については
体験版の感想で触れているので、
過去記事を参照してください。

んで、
本編をプレイ後のキャラ雑感ですが、
理央については
体験版で思った通り、
守る気が失せてくるようなキャラでした(オイ

いや梨央を必至に守ろうとするも
空回りして逆ギレされるわ、
理不尽な嫉妬にかられて冷たくあてがわれるわ、
不機嫌になって八つ当たりされるわ、
次から次へと寝取りキャラに惹かれて靡きかけるわで
キャラ的にイライラ度が高いんですよね。

精神的に参っているからといって
身勝手すぎ、ヒステリー起こしすぎ、
簡単に心を移ろいすぎの三拍子で
守る気が失せてくるんですよね。

まあ心情は理解できますが、
終始がなり立てられると
こちらもげんなりしてきます。
プレイヤーも主人公同様、
真相を話したくても話せない
もどかしい気持ちを味わされるので、
忍耐が必要ですね。

ツンデレとわかっていても、
ちょっと性格がドキツかったです。
弱っている時に
男に優しくされると
あっさり落ちかける淫乱気質で
惚れやすい体質なのも難点。

物語途中で秋津川が理央に対して
「尻軽のクソビッチが!誰でもいいから早くハメられちまえよ」と
嘯いていましたが、まったくもって同感でしたね(コラ
そんなわけで、
彼女が寝取られても
俺は全然ダメージなかったです(オイ

ぶっちゃけ
中盤で理央が剣崎に靡いた時に、
鳳が逆上して髪引っ掴まえて
タコ殴りにするイベントが発生しましたが、
いいぞもっとやれ!って
思うくらいスカッとしましたね(ナニ

剣崎ルートで
主人公が吹っ切れるルートは
爽快だったので、
最後に剣崎の暗転させるのではなく、
ちゃんと主人公が腹ポテ理央を
陵辱するシーンが見たかったですね。
フィニッシュと同時に腹繰り抜いて
胎児を取り出すくらいしてもよかったのに(ぇ

まあ剣崎自体は
ゲームの参加者ではなく、
完全にとばっちりなので、
ちょっと哀れでしたが、
あのまま剣崎と理央が幸せになるENDは
癪に障るのであのオチは残当。

剣崎ルートは
もう一方のルートでも
剣崎はスナイプされて
理央が真実を知って悔恨する流れで
どちらの話も好みな展開でしたね。
主に理央が痛い目を見ると言う意味で(ゲス顔

鳳ルートで
乃亜からダイレクトアタックされる
理央も見ていて爽快でしたね(ニッコリ
このゲームは
理央がボコボコにされるのを見て
鬱憤を晴らすゲームだなあと思いました(オイ

このルートも理央が真実を知って悔恨する流れで
好みな展開でした。

真ENDは
主人公が逆襲開始で一死報いたのは
予想外だったのでよかったです。
奪われて終わるだけ
だと思っていたので、
反撃したのは朗報でした。

でも、実質参加者は2人しか
制裁していないし、
主人公は出所してから、
二人で海外逃亡ENDなので、
完全に解決ENDってわけじゃないんですよね。

というかあのゲームって
第1ゲーム終了と思ったら、
理不尽すぎる第2ゲーム開始が
矢継ぎ早に発生するので、
マウス以外の主催者側が
有利すぎてちょっとしらけますよね(小声
某シクゲの運営を思い出しました。

もう一人のヒロインの乃亜ちゃんですが、
本筋にほとんど関わってこないし、
理央とのシーン数の差的にも
完全におまけのサブキャラでしたね。

ハメドる強化合宿1週間も
省かれてましたしね。
乃亜ちゃんと理央を交えて
乱交もなかったですね。

乃亜ちゃんも頭が弱くてころっと騙され、
あれよあれよと転落していくので、
魅力は薄味でした。
鳳ルートの闇堕ちは
テンパっているとはいえ、
あの行動は完全に魅力ダウンでしたね。

主人公に関しては
体験版プレイ時は
NTRゲーよくいる駄目主人公かと思っていましたが、
本編では意外に善戦していました。
腕っ節が予想外に強く、
ルートによっては
殺傷や殺人も厭わないので、
結構ぶっ飛んでいる主人公だと思います。






■エロ関連
エロはぼちぼちいけますが、
回想数見れば分かる通り、
エロシーンの大半が理央なので、
彼女が気に入らないとキツイかもしれません。

ただ、俺は理央にイラッとしましたが、
寝取られたり、陵辱されたりすると、
逆にざまあ!と思えて興奮できたので、
俺みたいにイライラしても
イケる場合もあるかな(ぇ

理央の自らの意思で
寝取られるガチNTR系は剣崎ルートだけです。
このルートは主人公にシンクロして
ジェノサイドヒャッハーできるので、
よく出来ていました。

鳳に関しては
本編で主人公が罵倒していた通り、
無理やり従わせて諦観堕ちなので、
とんだ役者不足でしたね。
作中でも冷静を装っていますが、
終始、小物っぷりを発揮していました。

正直、秋津川のほうが
何枚も立ち回りが上手かったですね。
秋津川ルートは
主人公も屈服させられますしね。

ルートの面白さでいうと、
真エンド、秋津川、剣崎ルートあたりは
見応えあったかな。
無理矢理系の梶原や哀田と乃亜ルートはおまけ。

NTRゲーですが、
寝取りゲームという特性上、
ハラハラドキドキする展開が多かったので、
だれることなく、さくさくプレイできました。


以上

これで新作5本消化。
10本買ったので、
ようやく折り返し地点までいきました。
引き続き、新作崩しに戻ります。