clock upの『くろふぁん1GHz』の感想でも書きますか<挨拶

くろふぁん1GHz
物置の奥底から出てきたので崩しました。
メインはプレゼンスのASかな。
※ネタバレ注意



ディスクレス可。
回想22、CG65(差分含む)
クチュ音、パンパン音、BGVなし。
テキスト窓透過調整機能あり。
ボイス連続再生、継続機能なし。
QS/QLなし、Autoあり。
以下、エロシーン内訳。


■亜衣
・主
パイズリフェラ(制服)
胸揉み(私服)
背面騎乗位(全裸)
手マン(パジャマ)
正常位(全裸)
観覧車でペットボトルに放尿(私服)
観覧車でバック(スカートのみ)

・主以外
乱交:4P、フェラ、パイズリ、バック(メイド服)


■香澄
・主
愛撫(体操着、ブルマ)
拘束、パイズリフェラ(体操着、ブルマ)
拘束、正常位(全裸)
愛撫(制服)
胸揉み、乳吸い(制服)
騎乗位(全裸)

・主以外
乳吸い(メイド服)


■霧子
・主
フタナリ手コキ(半裸)

・主以外
手コキ(メイド服)


■複数・他
・主
トリプルバック(亜衣、香澄、霧子、メイド服)
立ちバック、フタナリ挿入(主→フタナリ霧子→香澄、メイド服)
騎乗位、フタナリ挿入(主→亜衣←フタナリ霧子、メイド服)
Wパイズリ(亜衣、香澄、メイド服)
ぶっかけ(亜衣、香澄、霧子、全裸)



以下項目ごとに雑感。


■プレゼンスアナザーストーリー
亜衣アフターは
ただの本編後のデート&Hだけです。
FDでありがちな本編後のH連打して終了なので、
特に目立ったシナリオ展開はないです。

香澄アフターは
本編の凌辱ルートのノリを残しつつ、
カップル同士の仲を再確認するお話です。
亜衣アフターと違って
ダーク要素あるので、
こちらのほうが楽しめましたね。
やはりエロゲは凌辱要素があってこそですな(真顔

パラレルハーレムは
ループする7日間の中で
もし主人公がヒロイン3人を調教して
Hな会員制の秘密クラブを開いていたらというお話です。

乱交クラブみたいなノリは
凌辱ゲーの定番のネタで
俺も大好物なのでえがったです。

ただ、霧子をフタナリ化する必要は
なかったと思いますが(小声
いや低価格FDという回想枠が限られた中で
わざわざフタナリという特殊シチュを
いれる必要があったのかという意味で。

まあ本音は
俺がフタナリ属性ないから
抜けないってだけですが(オイ

なお色々書いておいてなんですが、
本編をプレイしたのが3年8ヶ月前なので、
本編の内容をあまり話覚えてない模様(オイ

それにしても
人気キャラ投票枠で漏れてしまった
ダブルヒロインの柚美花って
キャラ人気なかったんですよね。

まあ眼鏡だし
俺も苦手なキャラだったので残当ですかね(コラ
香澄アフターで畜生の兄貴と
結ばれていたのには
さすがに可哀想でしたがががが。

そういえば、
FDだしサブキャラの
軽音部の先輩のHあるかなあと
思っていましたが、
登場すらしなかったですね(残念




■プレゼンスOPムービー 吉川華生ver

吉川華生さんvocal.verです。
最近、見掛けないなあと思って
批評空間で調べてみたら
2013年以降、全く出演作ないんですね。
エロゲ関連は退いたのかな?

それにしても、
相変わらず、クロアプのOPはいいですねえ。
00年代ではムービーゲーとか
揶揄されてましたっけ(コラ
昔の作品群を見返すと、
直近ゲーはかなり安定していますね。





■広報ムービー
広報ムービーでは
お馴染みの金銀の人が
プレゼンスや同メーカーの他作品を
宣伝しています。

本作は2004年発売なので、
12年前から既に在籍しているんですね。
エロゲ業界って
漫画やら実在のお話やらなんやら
話題に出る時はブラックな話が多くて
人の動きが激しいと思っていたので、
ちょっと意外でした。





■ミニゲーム、他
・ミニゲーム
『霧子でGO』は
落ち物ポイントゲーですかね。
ただのミニゲームなので、
さわりだけプレイして満足しました。

『スライド15』は懐かしさを感じましたが、
スライドパズルは苦手なので、
1回易しいでクリアしたら
満足しました。
どちらのミニゲームもクリア後、
特に特典とかもないですしね。


・他(スクリーンセーバー、システムボイス、壁紙、ボイスドラマ関連)

オマケ系。
全部スルーしたので、
ノーコメントで(オイ


以上

そういえば、
11月末にスタジオ奪のシリーズ3作品まとめた
『奪COMPLETE』が発売予定なんですね。
ゲンさんの視点で描く過去編ショートADVも収録だとか。

まあシリーズ全部プレイ済みなので、
パック版はスルーでいいかな。
ショートADVだけ別途で
DL販売してほしいところです。