公爵の『 ジサツのための101の方法』攻略完了<挨拶

2014y05m18d_220418306.jpg


連続でプレミアゲー崩し。
電波ゆんゆん。

※ネタバレ注意

数年前に、リメイクや再販の話がちらほら出てましたけど、
全く音沙汰ないので買っちゃいました。
そもそも『末期、少女病』も某ブラヘ氏の件以来、音沙汰ないしね。
去年に馬場さんが呟いて以降、新情報なし。

初出は、うちの記事だと、
3年前ですか。
この時は『末期、少女病』は近々発売する。さらにジサツもリメイクで発売する。
そんなふうに考えていた時期が俺にもありました。


んで、話を戻して、
ジサツの感想ですが、
評判通り、電波でした。

電波ゲーは難解すぎて
自分の頭では処理しきれないので、
そこまで好きではないのですが、
同系統の『終ノ空』よりはこっちのほうが好みかな。

いや正直今作も訳がわからないんですが、
世界観となたねの言動以外は理解可能な範疇で、
展開自体は面白いですしね。

唐突なシャープペンジサツからの
集団電波によるジサツ連打、カンナ様ウキウキ状態…
この辺りのシーンは本作の真骨頂でプレイしている方も
アドレナリンぶっぱで熱中できましたね、

後半の立て篭もりサバイバルはよくあるサバイバル系の話になってしまいましたが、
サバイバルネタは大好物なので特に問題なく楽しめました。
ただ、前半に全面に押し出されていた主人公やカンナのジサツに関する観念というか信念が
サバイバルに入ってから鳴りを潜めてしまったのが惜しいです。

後、本音を言うと、カンナは最後まで超然としたキャラでいて欲しかったですね。
その方がキャラとしては、魅力的でした。
過去話でゲロっちゃって、角がとれたということですかね。

妹も可愛くてよかったですね。
特にぷんぷんCG。かわえー。
被虐心を煽るエロシーンもえがった。
赤い人はヒロイン?いいえ違います。似非ヒロインです(コラ
コンプレックス優先の裏切り蝙蝠女に救済はイラナイ。

シナリオ自体は、書淫やったからなのか
意外にすんなり話に入っていけたので、
よかったです。

ラストの解釈は、正直ようわかりませんが、
ハッピーエンドという解釈でよろしいのですかね。
どれが妄想で何が現実なのかは各々の解釈次第で
変わりそうですががが。

ルートごとに変化なさすぎる点と
ラストが?な点が惜しかったです。
個人的に学校世界、妄想エロ世界、教授がいた世界の
3つの世界設定をもっと掘り下げて如何に収束させるか&
ヒロインももっと掘り下げてジサツに対する解釈の答えをヒロインごとにどう導き出すか、
この2点に尺をもっと割いてほしかったですね。

あっエンケリュスや自殺波動関連はさらっと流して掘り下げなくていいっすよ(ぇ
なたね見てると、ざくろちゃん思い出しますな。

ちなみにこれ、プレミアで2万3,000円で買いました。
まあ高いんですけど、
最近はこういった電波・グロ・鬱要素満載のダーク系のゲームは少ないので、
そっち系が好きな人は、大金払ってもやる価値はあります。
ただ、最近書淫買ったせいか、金銭感覚が麻痺してるかもしらん。


以上

3大電波ゲーでプレイしていないのは、
『さよならを教えて』だけかな。
BD版積んでるけど、そろそろさよ教も崩そうかな、