エロゲー廃人速報改

エロゲー関連の速報という名だけの遅報サイト。エロゲーの情報や攻略、感想がメインです。更新は基本的に22:00以降です。当サイトは未成年の方に対して不適切な情報・内容を掲載しています。未成年の方はアクセスされぬようお願い致します。

2011年11月

どよーん<挨拶

素晴らしき日々3章の2END終わった。
2ルートの明暗における落差がやばい…。
先に希実香END2やったせいか、余計にきっついな。
がつんとクル。
久しぶりにクリックするのが躊躇うほどの激しい鬱展開だった。

話はここまでやると大分真相というか全体図、キャラ関係が把握できるね。
オールクリアしてないのに、答え合わせ的な意味で早くも序章と1章をやり直したくなった。
終ノ空と違って、頭悪い俺でも予測できるほど描写が丁寧でグッド。
一部しか描写しない前作の尖った作風の方が、考察しがいがあるって人もいるけど、
俺は今作の方が好きかな。

いや頭が悪いと、想像にお任せの部分が多すぎる作品は、
脳がパンクして考察する気が起きなくなるからしょうがないね。
ただ、相変わらずの電波っぷりなので、そこらへんを軽く流せる人じゃないと辛い。

かなり人を選ぶゲームなのに、エロスケの中央値が90overなのはびっくり。
最初の冗長な展開と2章以降の電波展開で投げる人多そうなのにね。
終ノ空と話の大筋は同じっぽいのに、中央値があれだけ違うのも興味深い。
やっぱり皆ちゃんと描写してくれる作品のほうがいいですよね、わかります!

以上

次は謎に包まれた彼が主人公で楽しみだ。
さくさく進めるとするか。

希実香が可愛すぎて生きるのが辛い<挨拶

希実香ルートクリア。
途中からギャグになってた気がするのは気のせいか。
2章は主人公が電波なんで、俺はちょっとついていくのが辛かった。
それでも終ノ空と比べると、大分噛み砕いて説明されているけどね。

まあ希実香が忠犬的な意味で可愛いからなんでもいいやってなった。
本当殺人的な可愛さなんだなこれが。
救世主様にあげるのは勿体なさすぎるから、俺がもらっていきますね!

余談だけど、例の乱交は絵的にかなり好みだったので、尺がもっと欲しかったでござる。
いや絵だけで抜けそうなくらい良い感じのCGだったのに、
テキストすらまともになかったのが勿体ないなあと。

装甲悪鬼村正 邪悪宣言の感想でも書くか<挨拶

f64da319.jpg


村正のオリジナルサウンドトラックです。
本編のBGMや劇中歌等、44曲収録。
ディスク2枚組で圧巻のボリューム。

本編の戦闘を盛り上げてくれたBGMは何時聞いてもテンションあがる。
シリアスや善悪相殺時に流れる悪鬼さながらの暗いBGMもいいね。

本編プレイ後に改めて聞くと、なんだか哀愁あって心を掻き立ててくれる。
脳内変換でバックコーラスに景明さんの悪鬼なのだなのだなのだぁ…と
山彦のようにエコーが聞こえてきたのは俺だけでいい。

OPやED、挿入歌のフルverが収録されていないのがたまにきず。
フル聞きたい人は、小野さんのシングルもポチっときましょう。


■その他(私事)
・積みゲー
素晴らしき日々とsteins gateのせいで寝不足マッハ。

→素晴らしき日々
すばひびはさっき1章終わった。
序章の百合もとい3ルートがつまらなすぎて、なにこれぇ?と思いながら流し読みしてたけど、
1章から面白さが一気に加速して良かった。
ちなみに終ノ空はプレイ済みなんで、大筋の展開は知ってる。
今回はちゃんと話が理解出来ますように。
前作は俺の脳味噌じゃ理解不能で、
さながらアタマリバース状態で終わったっけ。

→steins gate
シュタゲはようやく2章終わった。
これもそろそろ話が加速しそうなので期待。
日常会話がだるくて、ここまでいくのに2か月かかったでござる。
早くバタフライエフェクトやヴィークルエンドみたいな展開にならないかなあ。


ニトロプラスの装甲悪鬼村正 妖甲秘聞 鋼の感想でも書くか<挨拶

ad52edd6.jpg
ca0fbfde.jpg


ニトロプラスの装甲悪鬼村正の外伝作品。
村正過去話。
ネタバレ満載なので、本編やってからやるべし。
鋼屋ジン氏書き下ろし。
戦闘描写がシンプルで読みやすい。
シノギでガンガンいこうぜ的なノリ。

これをゲーム化したものを見てみたいな。
主に、
橿原城の姫様公開レ○プや足利妹の達磨リンカーン、
お腹割いて胎児粉砕、上嶋半死、壮絶鏖の地獄絵図あたりは実際に絵で見てみたい。
勿論、元祖村正が実際に3Dで動くところや小竜景光の超スピード、骨喰藤四郎の快感地獄とかも気になる。

それにしても、篝の正体が皆斗の先祖とは最期に意表を突かれた。
上手い終わり方ですね。

村正の仕手が須らく酷い目に合うのは仕様です。
そもそも村正一族が全ての元凶と、短絡的に作品のテーマそのものを否定したくなったのは俺だけでいい。
やれやれ、善悪相殺は無間地獄だぜヒャッハー。
(バレ反転)

ちなみに、俺はドラマCD聞いてから小説読んだ。
設定や展開が若干異なるけど、情景が想像しやすくなってよろし。
若本氏や大川氏を筆頭とする豪華声優陣が魂こめて熱演されているので、こっちもお勧め。

以上

本編好きなら買っとくべし。


プチケロQのテレビの消えた日攻略完了<挨拶

feb5e9fd.jpg


よくある復讐凌辱×調教ゲー。
でも、主人公がヌルい。
凌辱対象の七海も凌辱甘受型なので、中途半端。
俺は全然使えなかった。

ヒロインは七海以外は適当エンドなので
七海目当てでない限り、回避推奨。
SFや設定、シナリオに期待する人も肩すかし食らうこと間違いなしなので、回避推奨。

メインの七海シナリオも駆け足すぎて、色々と説明不足。
どのキャラにも感情移入できず、展開にもついていけないので微妙。
ケロQテイストが足りてない。
もっとはっちゃけてくれてよかったのよ?
プチだからしょうがないか。

以下ネタバレ感想。
続きを読む

沙耶の唄&天使ノ二挺拳銃Official Worksの感想でも書くか<挨拶

38ae1d48.jpg


111ページ。価格は2500円。
内訳はおおざっぱですが、
~16P版権、特典イラスト関連
~59P天使ノ二挺拳銃
~111P沙耶の唄
こんな感じ。

沙耶やアンリのどでかい美麗イラスト、ぶっちーや中央東口氏の製作秘話、版権絵が見られるのは
このファンブックだけですぜ。
これ見たら、沙耶やアンリってイラスト映えするなあと思った。
儚い感じの美しさがあって、見ていて惚れ惚れするというか神々しくて拝みたくなってくるね。
ロ○は至高の産物や。

版権絵やイラストは見たことがないものが多く見どころあり。
イグニス×アンリとかウェディング沙耶、着物沙耶、沙耶肉塊合体等、目から鱗が落ちました。



魔法少女まどか☆マギカ公式ガイドブック you are not alone. の感想でも書くか<挨拶

9c88a8cf.jpg


127ページ。価格は2000円
アニメのビジュアルブックや公式ガイドブックって薄くて内容がないモノが多く、
いい思い出があまりないんだけど、このガイドブックは当たりです。

版権絵や各話のダイジェストは、この手のファンブックによくある代物です。
本編が終わってしばらくたった今の時期に読むと、内容を振り返れて楽しめます。
やっぱりこういう項目は直後に読むより、時間たってから読むほうがいいですね。

で、見どころはスタッフインタビューの項目。
20ページほど、ページびっしりとロングインタビューが載せられてます。
裏設定や製作秘話等、ファンにはたまらない話ばかりで、読み応え抜群。
ファンは黙って買うべし。

以上

さやかちゃん可愛い!
劇場版で活躍するといいな。



Fate/Zero materialの感想でも書くか<挨拶

e222bb09.jpg


148ページ。価格は1300円。
巷で今人気なFate/Zeroの設定資料集です。

結構薄いから内容ないんじゃね?と思っているあなた。
ところがどっこい、内容満載です。

ファン生唾ものの用語辞典やここでしか見れない没ネタ、武器紹介、きのこ×ぶっちー×武内氏のスタッフ対談等、
見どころ満載です。
想像していたより文章量が多かったのもグッド。
用語辞典(16ページ)は文章ぎっしりあって読み応えありました。
没ネタの幼女アサシンや挿絵、ラフ画、雁夜おじさんの話は興味深かった。
本来の雁夜おじさんのBADエンドが気になって眠れないでござる。

以上

今でもアマゾンで買えるのでお勧め。
値段もお手頃だし、ファンなら買っておいて損はないと思う。



M na REDのHEAVEN ~Death Game~の感想でも書くか<挨拶

DSCF2493.jpg

プレイ時間15時間弱でフルコンプ。
エロスケの評価通り、つまんないです。
バトロワやキラークイーン等の閉鎖空間での戦闘や駆け引き等を、
期待して買ったら、確実に地雷と化すので回避推奨。
シナリオやRPG面、キャラ描写、世界観も駄目駄目。
お勧めできるとしたら、絵が綺麗な点とリョナゲーとしては優秀ってことくらいかな。

以下ネタバレ感想。
続きを読む

ものくろめたる猫の屍メイドちゃんと鬼畜なご主人様の感想でも書くか<挨拶

DSCF2484.jpg

見て分かる通り、エログロゲーです。
旧ブサイクの上田メタヲ×和泉万夜さんのタッグ。
相変わらずのはっちゃけっぷりにニヤリとした。

プレイ時間は3時間くらい。
夢幻廻廊1.5 ~連鎖~やAGEHA ~EXTRAVAGANZA~くらいの
エロ数と尺といえばわかりやすいか。
選択肢ありで3エンド。

少ないながらも、熱いBGMの中で繰り広げられるバトルシーンは、
ブサイク(蟲愛やMOB)ばりにかっちょいいです。
本当に短いので、おまけみたいなもんですけどね。

シーン回想12(うち2つはエロなしとコメ)。
内臓ぐっちゃぐっちゃでヒャッハーだったり、
規格外の男根を口に突っ込まれて顎外れりゅぅーぐぼぁーだったり、
触手あへぇー、達磨ひぎいぃぃだったり。
安定のエログロクオリティーでした。

でも、メイドちゃんやジャマー君がイイキャラしていたので、悲惨さはあまりなく、
今までなかったコミカルな雰囲気に仕上がっていてグッド。
実際やられてることは容赦ないですけどね。
続編が楽しみな終わり方だったので次回にも期待。
それにしても公式で公開されている新キャラのラフ絵が可愛すぎて、今からどうヒギーされるのか楽しみだのう。

↑このページのトップヘ