リボンフリル『三ツ星カフェの感想でも書きますか<挨拶

三ツ星カフェ

3Dムービーのエロを見たくなったので(定期
※ネタバレ注意



パケ版の仕様。
エロシチュ関連の流れは
以下のとおり。

①冒頭(~02:35)
②手コキ、唾液垂らし、シルク手コキ射精、店員着(~05:25)
③フェラ、普段着(~07:55)
④椅子に座って対面座位、中出し、ブラ(~11:15)
⑤ショーケースに押し付けて立ちバック、ブラ
(~13:00)
ショーケースに押し付けて脚上げ挿入、中出し、ブラ(~14:20)
⑦EP(~14:57)


ディスクレス可。
動画数1本 総収録時間 約15分。
システムは
動画形式の3DエロムービーでAVI再生形式です。
動画サイズは1280×720、30fps。
エロゲーではなく、エロムービーですね。
ムービーは1ファイルにまとめて
収録されている形式です。

さて、エロシーンですが、
再生時間は15分程度です。
冒頭、EPの時間を除くと、
Hシーンの再生時間は
手コキ:2分50秒、フェラ:2分30秒
対面座位:3分20秒、立ちバック:3分5秒で
合計11分45秒となっております。


同メーカーの『僕の彼女 -BOKUKANO-』と比べると、
Hシーンの再生時間は約3.5倍程度なので、
量的にパワーアップしていてよかったですね。

エロシチュは
カフェの女店員が躓いて
商品のケーキを股間にヒットさせてしまい、
不手際を内緒にする代わりに
何故かH連打する展開です。

上述通り、再生時間は15分程度と短めなので、
物語性はなく、即H連打展開なのは仕様です。
尺の都合上、エロ内訳も少なめです。
エロシチュはミスを叱って強要H的なノリですが、
同意の上で無理矢理感は薄いので、
凌辱ではなく、和姦みたいなもんですね。

また、淫語系の台詞は全然ないです。
最初から最後まで喘ぎ連打ですが、
俺は淫語系多めより喘ぎ中心の構成のほうが
好きなのでその点はよかったです。

3Dに関しては、
今年発売ということもあって
髪や尻の自然な揺れ具合、フェラの頬窄みや頬張り具合、
肌の質感やコントラスト、頬臍やアナル、乳輪の描き込み、
リアルな頬の骨格や涙袋、Vライン等、
クオリティーが高い仕様となっております。

本番シーンの構図は
いつもより挿入付近や胸・尻付近アップ、
体位を上・下から見上げた視点、俯瞰的な遠目の視点等、
顔を見せず、局部や上半身、下半身を
ズームアップするシーンが多いので、
その辺は好みによりけりですかね。

Hシーンは
キャラが悦っている顔の表情を
見せてなんぼでしょの
顔重視派の俺とは構成的に
相性があまりよくなかったですね。

ただ、ショーケースにおぱーい押し付ける構図や
立ちバックで尻がぷるぷる揺れまくる構図、
下から見上げ視点で局部アップ、
上から見上げ視点で胸揺れまくり等、
構図自体はエロかったので、
顔の表情が描写されなくても気にならないなら
ズームアップによる体位の迫力さを
味わえるんじゃないかな。


ちなみに、
同サークルの『カテキョッ! 』のときにあった
身体にかぶせる断面図描写は
今作ではなかったです。
まあ俺は身体にかぶせるタイプより、
画面端で断面図描写見せる方式のほうが好きなので、
断面図描写がなくても特に気になりませんでした。

その他に
『カテキョッ! 』同様、
ばいんばいんの胸に全く触りもしないのは
もったいなかったかな。
パイズリや乳吸い、胸揉み等の愛撫どころか
本番中ですら全く胸にはノータッチで触れませんからね。


以上

今日もぐだったー(定期
明日は積みゲーやろうそうしよう。