インレの『幕末 尽忠報国烈士伝 MIBURO』の感想でも書きますか<挨拶

幕末尽忠報国烈士伝 MIBURO

瞬間熱中度が高かったです。
なお〆は(ry
 ※ネタバレ注意



ディスクレス可。
回想14。CG129(差分除く)。
テキスト窓透過調整機能あり。
QS/QL、Autoあり。
ボイス継続再生機能あり。
バックログでボイス連続再生。
動画鑑賞モードあり。
以下シーン内訳。

■近藤
手コキ射精/クンニ、正常位、中出し(着物/全裸)
クンニ/フェラ/騎乗位、中出し(着物/全裸)

■土方
キス、69、バック、中出し(全裸)
フェラ、側位、中出し(全裸)

■沖田
キス、クンニ、正常位、中出し(全裸)
フェラ、クンニ、背面側位、中出し(全裸)

■斎藤
手コキ射精、パイズリフェラ、側位、中出し(全裸)
フェラ、素股、正常位、中出し(全裸)

■山南
愛撫、フェラ、口内、立ちバック、中出し(全裸)
キス、愛撫、69、騎乗位、中出し(全裸)

■藤堂
胸揉み、乳吸い、フェラ、口内、背面側位、中出し(半裸)
キス、パイズリフェラ、口内、対面立位、中出し(半裸/全裸)

■永倉
手マン、フェラ、正常位、中出し(全裸)
クンニ、フェラ、騎乗位、中出し(全裸)


はい、インレの幕末血煙活劇
『幕末 尽忠報国烈士伝 MIBURO』です。
以下、長編をクリアした勢いで書きなぐり気味に箇条書き。

プレイした感想の第一声は
歴史の勉強になったなあと(小並感
幕末の知識がすんなり頭に入ったので、
学生の頃にプレイしていたら、
日本史の成績が上がること間違いなし(ナニ

俺は新選組に関しては
学生時代の日本史やNHK大河、
司馬遼太郎の小説あたりの知識しかなく、
上記に触れたのはどれも10年以上前なので、
史実の知識をほとんど忘却していたため、
新鮮な気持ちでプレイできたからというのもありますね。

そのおかげで
誰が離脱するか生存するかすら
全然覚えてなかったため、
緊張感で手汗を迸らせながら
クリックを進められました。

シナリオは
過去作の忠臣蔵46+1のように
主人公が主体的に動く立ち位置ではないため、
史実をなぞる展開でした。
一部の分岐やアナザーストーリーを除くと、
ほとんど史実どおりに進むので、
新選組に詳しい人がプレイすると
史実そのままで物足りないかもしれませんね。
オリジナル展開がある忠臣蔵46+1をプレイした人なら、
余計にそう感じる構成かなあと。

俺は前述通り、
史実や事件すら頭から忘却していたので、
wktkしながらプレイできました。
史実との違いがあるのかなあと思って
キャラ退場後やルートクリア後に
各事件や戦い、登場したメインキャラからちょい役のサブキャラ名まで
片っ端からぐぐってwikiで調べて読みふけていました。
この確認作業も楽しかったですね。
俺のように史実を忘れた人は
確認作業をしてみるのも一興かと。


ちなみに、
プレイ中は上記作業をしていたので、
コンプまでに60時間かかりました。
ただ、プレイ時間は長いですが、
瞬間熱中度は高いので、
一気にプレイすることができましたね。

また、過去作の武士の鼓動の感想で
新選組が主役のゲームを出してくれないかなあと
書いた身としては感無量でしたね。
恋愛要素が薄いとはいえ、
あの時から好みのキャラだった
総司と一の本番のHシーンが見れてよかったです。

次、シナリオの核部分。
記憶喪失と狂化、主人公の妹関連の話は
グランドルートでのシナリオの核部分なんですが、
正直、〆にもってくる題材としては弱いですよね(直球

まず、主人公の狂化は
最初だけでいつの間にか
勝手に収束しちゃったので、
狂気設定が好きな俺としては
物足りなかったですね。
まあほぼ史実通りの展開なので、
主人公を最強キャラにしちゃうと
物語が破綻しちゃうのでしょうがないか…。
そもそも史実通りじゃなくても
よかったのでは?と思わなくもないですが。

次、主人公の記憶喪失は
中盤まではところどころで主人公が
記憶を呼び起こして頭痛をおこすシーンはありますが、
いつの間にか記憶喪失や妹の話題が出ることもなくなり、
土方ルートと光の道以外では完全にスルーだったので、
土方ルートをプレイするまで妹の存在を忘れかけてました(オイ

上記設定は土方ルートと光の道で回収しますが、
総じて影が薄かった妹がラストで
生存していたと言われても特に感慨はなかったです(直球
ぶっちゃけると、
あの手の妹キャラは苦手なキャラだったので、
あのまま退場していたとしても、
全く異論はなかったので、
ご都合展開でラストに生存されても
反応に困りましたが(コラ
非戦闘要員は物語の足枷になるのでしょうがないですね。

まあ河合も酒井も左之助も
某男塾のごとく、生きていたので
妹が生きてても不思議ではないか。
存在を忘れかけていた妹より
離脱した新選組メンバーの生存ifルートがもっとほしかったんですが(迫真
とりあえず、芹沢さんと鍬次郎、源さんのルートほしいですね。
芹沢さんと源さんのif生存ルートとエロシーンください(本音

後、土方ルートで妹の生存が確定しているので、
光の道で相手の話をまともに聞かず、
裏切り行為!仇討ち!とキレる主人公には
まず共感できないですよね。
まあ速攻で主人公の誤解も解けますが、
これはこれで心変わりが早すぎて首をひねりました。
ちょっと直情型すぎませんかね。

忠臣蔵46+1でも思いましたが、
最後のグランドルートともいえる光の道ENDが
尻下がりでズコー展開なのが玉に瑕ですよね(小声
主人公の立ち回りもダイジェスト気味にかっ飛ばして
上手く行き過ぎていてどうなんでしょうね。
ラストの戦闘も事前の根回しからして
茶番だとわかっちゃうからなあ。
正直、生存ルートより最後まで五稜郭で
土方と共に戦うルートがほしかったですね。

その他に前作から再登板している
一魅が相も変わらずチートキャラで
光の道では主人公が彼女の言いなり通りに行動するので、
なんか冷めました(コラ
助っ人キャラポジションが
ガッツリ話に関わりすぎかなあと。
というか歴史修正は前作の主人公達の責任なのに、
今作の主人公達が歴史修正させられるのってなんか癪ですよね。
とりあえず、お願いする側の一魅の態度が
気に食わないってのもあります(直球

後、光の道ルートは過去作の歴史修正の続きなので、
武士の鼓動をプレイしていないとわけわかめですよね。
それに武士の鼓動を未プレイの人は
池田屋事件の詳細や禁門の変の天王山、
赤穂浪士との邂逅、直刃関連の話も省略されているので、
武士の鼓動はプレイ推奨ですね。

次、キャラ関連。
まず、主人公。
主人公の健は存在感が薄いので、
なんだか居ても居なくてもいい存在でしたね(コラ
主人公のわりに成長要素が薄いので、
いまいちキャラ立ちしてないんですよね。
武士の鼓動の展開と整合性をあわせるために
池田屋事件や禁門の変では主人公が裏方状態になっているのも
一要因かもしれませんね。

後、当初から理由もなく
新選組メンバ-に特別扱いされて
好かれまくりですが、主人公補正ですかね(コラ
特に鍬次郎あたりは出会って即ご主人様呼びで懐かれて
さすがにおいおい…と思いましたが。

また、主人公は
せっかく某直死の魔眼みたいな
相手の弱点が玉として見える
チート能力を保持しているのに、
大半はモブ不逞浪士や即退場キャラが相手で
大して活躍もしませんでしたしね。

主人公の主だった活躍は
対平野戦と伊東戦、仇討ちを完遂できる総司ルートくらいですかね。
光の道ルートは正直、茶番みたいなもんだしなあ(コラ
とりあえず、土方ルートの五稜郭の戦いで
最後まで共に戦えなかったのはかなりテンション下がりました。
最終決戦前に離脱ですかそうですか。

その他に本編クリア後に
途中離脱したキャラのifルートがありますが、
結局、どのキャラも新選組と合流できないので、
あくまでおまけルートみたいな感じでしたね。

戦線離脱で敗戦確定ルートなので、
話もあっさり気味です。
まあ新選組と合流しちゃったら、
本筋のシナリオと被っちゃうので、
しゃあなしですね。
というかメイン、サブにかかわらず、
エピローグはあっさり気味なので、
これで終わり?と思うこともしばしばありました。
ただ、山南さんや平助ルートでは
本編での悲劇から救済する展開があってよかったです。

それと新八ルートは左之助の話を
もっとピックアップしてほしかったですね。
いやぽっと出の新之助のお涙頂戴イベントより
苦楽を共にした左之助の話のほうが
気になるのはしょうがないですね(オイ

次、ヒロイン。
メインヒロインは総司、一、平助が好みでした。
サブは芹沢さん、源さん、山﨑さん、おじゃが。
個別ルートは総司のルートが一番好きです。
終わり。
…。
書くのに疲れて手抜き感想になってきたと
突っ込むのは禁止で(オイ

その他。
気になった点を適当に羅列。

・予兆
不吉な展開や事件が起こる前にモノローグで
「これは序の口に過ぎなかった」、「この後、後悔することになった」、
「惨劇を招くことになるとは」、「危機の萌芽を感じ取ることができなかった」等、
凶事の前に毎回、不穏なテキストをいれてくるので、
その後の展開が予測できちゃうシーンが多かったですね。
いちいち前置きをいれる必要があったのか謎。

・鍬次郎
鍬次郎が本編でいつの間にかフェイドアウトしていて、
史実だとどうなったんだろう?と思って
ぐぐってwikiみたらそこはかとなく悲しかったんじゃが、おじゃが。
以蔵も(ry
アナザーストーリーで出てきたのはよかったです。

・呼び方
イサリン、ひじりん呼びは正直滑ってましたよね(小声
いや真剣なシーンでこの呼び方されても反応に困るので、
せめて日常シーンとシリアスシーンで
呼び名の使い分けしてほしかったです(小声

・積み
余談ですが、
発売日に複数買いしたのに
半年積んでました(小声
2018y06m19d_000800452
最近の新作は発売日に買ったのに、
そのまま積んでいる作品も多いので、
ぼちぼち崩さないといけませんね。

そういえば、
大河の西郷どん見てないんですよね。
幕末ど直球なので、見ておけばよかったでござる。


以上

ようやく長編ゲークリアで一段落したので
次は短編ゲー崩そうそうしよう。