アトリエさくらの『純情ヤンキーとギャル子ちゃん』の感想でも書きますか<挨拶

純情ヤンキーとギャル子ちゃん

処女ビッチゲー。
ヤンキー要素はないです(小声
※ネタバレ注意



ディスクレス可。
回想17。CG20(差分除く)。
要所要所でクチュ音、パンパン音あり。
QS/QL、Auto機能あり。
テキスト窓透過調整機能あり。
ボイス連続再生、ボイス継続機能あり。
以下エロ内訳。

■梓
・主
教室、胸揉み、背面側位、破瓜、中出し(学ラン体操着ブルマ鉢巻)
教室、フェラ、パイズリ射精(学ラン体操着ブルマ鉢巻)
裏庭、フェラ、口内、放尿(制服)
梓の部屋、ママプレイ、乳吸い、手コキ射精(全裸)
教室、立ちバック、中出し(制服)
梓の部屋、乳吸い、正常位、中出し(下着)/胸揉み、騎乗位、中出し(全裸)


凛那
・主
教室、胸揉み、足コキ射精(メイド服)
教室、パイズリフェラ、口内(メイド服)
ラブホ、まんぐり挿入、破瓜、外出し(制服)/風呂、キス、座位、中出し(全裸)
自室、側位、中出し、腋コキ射精(普段着)
カラオケ個室、背面座位、中出し(普段着)
凛那の部屋、立ちバック、中出し(裸エプロン)


■梓&凛那
・主
プール、Wパイズリフェラ、ぶっかけ(水着)
ラブホ、梓:キス、胸に顔埋め、凛那:騎乗位、破瓜、中出し(梓:半裸、凛那:全裸)/凛那:背面立位、破瓜、中出し、続けて梓にも背面立位、中出し(全裸)
旅館、順番に挿入、ぶっかけ(全裸)
旅館、風呂、順番に挿入、中出し(全裸)
屋上、交互に手マン、立ちバック、ぶっかけ(制服)


はい、アトリエさくらの
『純情ヤンキーとギャル子ちゃん』です。
ゲーム開始してから
速攻で二人に告白されるのは
これぞ低価格抜きゲーメーカー!と言わんばかりの
スピーディーさでしたね。

どちらかを選んでその後はH連打で終了。
一応、梓ルート:体育祭(凛那ルート:文化祭)
→クリスマスとイベントはありますが、
実際に詳細な描写をするわけでもなく、
テキストでさらっと終わらせるくらい
さくさく端折ってHシーンに突入するので、
あってないようなもんですね。

というわけでシナリオはほぼHシーン連打の構成で
そのままENDING直行でした。
ラストもHしていたらゲームが終わっていたので、
特に余韻もないです。
低価格抜きゲーだからといっても
さすがにキャラの日常描写が短すぎたかなあと。

ちなみに、選ばれなかったヒロインは
友達思いであっさり身を引くので、
特に修羅場になるような展開はないです。
付き合ってからも3人仲良しなので、
三角関係でもギスギスにならない優しい世界でした。
個別ルートクリア後、選択肢によってハーレムENDもあります。

ヒロインはどちらもヤリマンビッチと
噂されている設定ですが、中身は処女です。
ヤンキー設定の梓は別に見た目がヤンキーっぽいだけで
中身は至って正当派でした。
というか完全に見た目だけの決めつけなので、
実際はヤンキーのヤの字もないです。

そんなわけで族に所属していたとか単車乗りとか喧嘩に強いとか
ヤンキー的な要素は全くないです。
ヤンキー要素に期待すると肩透かしを食らうので注意。
ギャル設定の凛那も別に見た目がギャルっぽいだけで
中身は至って純情なので、処女ビッチでした。
サンプルから分かる通り、凛那は胸に日焼け跡あり。

以下どうでもいい自分語り。
作中の体育祭の応援団の話はちょっと懐かしかったですね。
実は俺も1回だけ運動会の応援団をやったんですよね。
まあクラスで応援団を誰もやりたがらなくて
いつまでたっても団員が決まらず、
俺は早く家に帰ってゲームをしたかったので
立候補したというクソみたいな理由でしたが(オイ
その後、応援団の朝練と放課後練で時間を拘束されるはめになり、
結局、トータルの時間は大損でしたがががが。
当時は小学生だったからそこまで知恵が回らなかった模様。
あれは嫌な事件だったね…。


以上

気づいたら日付が変わっていました(定期
明日は積みゲー崩そうそうしよう。