SYOKUの『触災の島 -Island of the Dead-』の感想でも書きますか<挨拶

触災の島 〜Island of the Dead〜

パニックサバイバルもの。
触手系のエロが好きな人どぞ。
※ネタバレ注意



ディスクレス可。
シーン回想数44、CG79枚(差分除く)
クチュ音、パンパン音、喘ぎ声のBGVあり。
QS/QL/Auto、前の選択肢に戻るあり。
テキスト窓の透過調整機能あり。
ボイス継続機能、連続再生機能あり。
以下、シーン内訳。

■エイラ
・主
部屋、キス、胸揉み、手マン、正常位、中出し(全裸)
ボート、座位、中出し(普段着)
地下シェルター、立ちバック、中出し(全裸)

・主以外
通気口、触手拘束、触手挿入(普段着)
通気口入り口、触手拘束、触手挿入、触手産卵(普段着)
触手胎内、触手挿入、腹ポコ(全裸)
外、主:蜘蛛の巣で拘束、蜘蛛の巣で拘束、子蜘蛛の媚薬毒、触手挿入(普段着)
地下シェルター、主:触手拘束、バック、中出し(キメラ生物、普段着)


■歩
・主
地下シェルター、側位、中出し(普段着)

・主以外
部屋、主:脳震盪、バック、破瓜、中出し、腹ポコ(普段着、触手人間)
ボート、主:武器なし対処不能、触手拘束、触手挿入、破瓜(普段着、触手)
触手胎内、触手挿入、腹ポコ、触手産卵(全裸、触手)
地下シェルター、触手拘束、触手挿入、腹ポコ(普段着、触手)


■佳倻子
・主以外
触手拘束、触手拘束(触手人間)


■やよい
・主以外
通路、主:行為中に遭遇、自白剤のヤクで虚ろ、フェラ、バック、中出し(仕事着、傭兵達)
通路、正常位、紐で首絞め正常位、中出し(全裸、ミヒャエル)
1Fホール、主:瀕死、背面M字立位、中出し(仕事着、大型ゾンビ)
森林、主:蜘蛛の巣で拘束、触手挿入(仕事着、巨大蜘蛛)


■アリア
・主以外
地下シェルター、立ちバック、中出し(全裸、バルトロ)
地下シェルター、触手拘束、触手挿入(全裸)
廊下、主:触手拘束、触手拘束、触手挿入(仕事着)
触手胎内、触手2穴挿し(全裸、触手)


■澪音
・主以外
エレベーター、触手拘束、触手挿入(普段着、触手)
触手胎内、上半身触手丸呑み、触手産卵(全裸、触手)


■真琴
・主以外
主:瀕死、正常位、中出し(普段着、触手人間)
触手胎内、触手産卵(全裸、触手)


■麗香
・主以外
1Fホール、主:瀕死、触手拘束、背面立位、腹ポコ、中出し(仕事着、巨大ゾンビ)
外、主:瀕死、蜘蛛の背の内部、触手挿入(普段着)


■複数
・主
トイレ、Wフェラ/立ちバック、交互に挿入、外出し(普段着、真琴&澪音)
地下シェルター、丼、外出し(エイラ&歩)

・主以外
レストラン、主:触手撃退中、触手拘束、触手挿入(普段着、触手、真琴&澪音)
森林、主:触手撃退中、植物型触手拘束、触手挿入(普段着、植物型触手、やよい&歩&香倻子、アリア&真琴&澪音)
レストラン、主:瀕死、やよい&歩:触手拘束、触手挿入、香倻子:巨大ゾンビに正常位、中出し(普段着、触手&巨大ゾンビ、やよい&歩&香倻子)
1Fホール、主:瀕死、真琴&澪音:立位、中出し(普段着、ゾンビ達、真琴&澪音)
森林、主:蜘蛛の巣拘束、小蜘蛛の蜘蛛の巣で拘束、触手挿入(普段着、蜘蛛達、真琴&澪音)
外、主:瀕死、触手拘束、触手挿入(普段着、巨大融合触手生物、真琴&澪音)
海中、主:瀕死、触手拘束、触手挿入(普段着、巨大蛸、真琴&澪音)
通信室、主:触手撃退中、機械型触手拘束、乳首に電流プラグ、鉄棒挿入(白衣、機械型触手、ハンナ&江麻)
通信室、機械型触手拘束、ゴーグル、胸吸引、鉄棒挿入、腹ポコ(白衣、機械型触手、ハンナ&江麻)
1Fホール、主:瀕死、触手拘束、触手挿入(白衣、触手、ハンナ&江麻)
山、主:触手拘束、触手拘束、触手挿入(普段着、歩)/触手拘束、触手挿入(白衣、触手、ハンナ&江麻)
1Fホール、主:瀕死、フェラ、バック、中出し(仕事着、ゾンビ達、麗香)/触手拘束、触手挿入(白衣、触手、ハンナ&江麻)
地下シェルター、媚薬蟲、触手拘束、触手挿入(白衣、触手、ハンナ&江麻)
地下シェルター、媚薬触手、触手拘束、触手挿入、腹ポコ、触手産卵(普段着/全裸、触手人間、エイラ&歩)


はい、SYOKUの
パニックサバイバルゲー『触災の島 -Island of the Dead-』です。
とりあえず、クリアした第一声としては
特に目新しいサプライズもないですが、
パニック触手凌辱ゲーというプレイ前の
イメージ通りの内容だったので、
無難 of 無難な出来だったなということですかね。

以下、項目ごとに羅列。



■シナリオ構成関連
さて、シナリオはおおまかに2ルートなんですが、
フルプライスのわりにボリュームは少なめですね。
さくさくプレイしていれば、
半日もあればフルコンプできるくらいです。

2つのEND以外はすべて即BAD系なので、
余計に短く感じました。
即BAD展開は別にいいんですが、
もっと色々枝分かれ方式で分岐してほしかったですね。
例えば、序盤で複数のルートに分岐して
ルートごとに死ぬキャラと死なないキャラ、
活躍するキャラと活躍しないキャラ、
感染するキャラとしないキャラ等、
分けたりしたらメリハリがついたんじゃないかなあと。
まあフラグ管理が非常に面倒なので、
やりたくない理由もわかりますが。

ただ、この手のパニックゲーは
どうしても同ジャンルのSPEEDの姦染シリーズと
比較してしまうんですよね。
今作の選択肢で即BADになるEND構成の流れ自体は
SPEEDの姦染シリーズみたいなノリでした。

しかし、姦染シリーズのように
BADENDや周回を重ねるごとに
新しいザッピングが多数発生したり、
ルート分岐多数でBADENDが
多岐に枝分かれするタイプではなく、
ガチで即BADENDになる選択肢しかないので、
wktk感やハラハラドキドキ感は
同シリーズと比べると、弱いですね。
特に後半は怒涛の即BADEND選択肢の連続なので、
もはやエロシーン回収作業と化していました。
もうちょっとBADENDの間に
インターバルが欲しかったですね。




■シナリオ内容関連
シナリオについては前述通り、
展開も終わり方も無難でした。
まあスケールからいうと、ENDが2つしかないので、
前作の『×× OF THE DEAD』の下位互換感が否めませんが(小声

また、前作同様、登場キャラの人数が多いわりに
シナリオの大部分で集団行動するので、
ちょっとキャラを扱いきれてないかな。
少数行動にしないとキャラに
スポットが当てづらいんですよね。
クリア後に全然印象に残っていないキャラもちらほら。
キャラ設定や背景自体は

傭兵達と一般人の対立
存在に期待感しかない傭兵ミヒャエル
訳ありのアリアとバルトロ
やよいにセクハラしていたバルトロ
エイラに恋心を抱いていたカカ
やよいと圭吾の両思い
シスコン走
女好きの真島


などなど、そそられるもの自体は多いんですよね。
ただ、エロシーンや展開であまり生かされてないですよね。
カカはゾンビ化して主人公からエイラを寝取るくらいの
気概を見せてほしかったです。
後、ミヒャエルはかなりキャラ立ちしていて
もっと話をかき乱してくれると思ったら、
大して活躍しなくて残念無念。
この手のパニックものでありがちな人間同士の争いやいざこざ、
ゾンビ化後の剥き出しになる本音がもっと見たかったです。

ENDに関しては
戦うルートではなく、
脱出ルートからクリアしましたが、
これ完全に順番間違えました。
順番間違えたせいで
後味悪っ!ってなりました。

それと気になったのは脱出ルートの歩の扱いですかね。
彼女を最後の最後で天国から地獄に
落とす必要なかったんじゃないか的な意味で。
THE足手まといキャラでしたが、
女キャラの中では一番可愛かったし、
兄と母親のイベントも結構印象的だったので、
あのオチはそこはかとなく悲しかったです。
その他に気になったイベント・設定・構成羅列。

・やよいと圭吾に関して
やよいと圭吾は
END1でお涙頂戴展開だったのに、
END2はあんなオチでよかったんですかね。
END1での行動からして
圭吾がやよいを見捨てるとは思えないんですが
特に見捨てたときの描写がないので真相は闇の中。
ザッピングで逃げたシーンを見せてほしいくらいです。
ちなみに、END2で逃げた人達は
恐らくEND1で出てくる海中にいる
怪物の存在から察するに全滅でしょうね。

・ボスに関して
とってつけたようなボスの
お涙頂戴イベントは狙いすぎていて
さすがに涙腺が緩い俺でもあれでは泣けない…。
というか、あのボスのイベントの直後に
即BADENDの選択肢をもってくるのは
さすがに空気読んでほしかったですね。
死ぬんじゃねえぞと言われた感動イベントの直後に
即BADENDイベントの選択肢が出て
間違えると死亡するのはギャグですかね?(真顔
いやいやそうじゃない!現実の理不尽さを再現している!と
言われたら返す言葉もないですが、
まあ実際はただ単に即BADENDイベントを
連打していただけでしょう(コラ

・BADENDに関して
BADENDでとりあえず触手拘束で挿入、
胎内で触手産卵しとくか的なパターンが多すぎたかなあ。
特に真琴と澪音、ハンナと江麻の似たような
触手挿入BADが無駄に多いんですよね。
そこに何枠もエロシーンをさくより
上述した設定や人間関係、各々の思惑を活かした
NTRや凌辱、ゾンビ化後のH等、
もっと下半身が滾るような展開がみたかったです。

・ゾンビ化したキャラに関して
戦うルートのラスボスは
ミヒャエルにしたほうが展開的にもエロ的にも
よかった気がするんですがどうなんでしょう(小声
例のおっさんは確かにあのまま退場したら、
おまえはなんだったんだ?状態になりますが、
ラスボスとしてはかなり役不足なんだよなあ。
触手と同化して顔だけ触手マンとなった造形は
ネタキャラにしか見えなかったです。

・怪物に関して
後半に出てくる触手生物のキャラデザが人外すぎて
もはやドラ○エやライダーの雑魚敵みたいな感じで
ファンタジー臭がしていまいち緊張感が薄れたので、
ゾンビタイプだけでよかった気がしないでもないです。



■エロシーン関連
エロ内訳は触手ゲーなので、
触手系のHが大半です。
主に触手拘束、触手挿入、
丸呑み、触手産卵系がメインでした。

俺は触手属性がないので
人型系以外はあまり使えそうもなさそうですが、
買う前からわかっていたことなので特に不満なし。
触手属性ないならなぜ買った?と突っ込まれそうですが、
この手のパニックゲーが好きなので設定買いしました。

というわけで俺が一番好きなエロシーンは
ミヒャエルと傭兵達によるやよい輪姦です。
自白剤のせいで意識がない状態なのが玉に瑕ですが、
やはり輪姦は映えますね。

ちなみに、前作まで感染したキャラのボイスは
ボイコレ気味のねっとりした声だったんですが、
今作では通常ボイスのままです。
まあ今回は女キャラの感染したゾンビ状態の
Hシーンが一つもないので、
別にどっちでもいいんですけどね。

ただ、男キャラだけでなく、
女キャラの感染状態のHあったほうが
H展開のパターンが増えてよかったと思うんだけどなあ。
というか感染しても自我があるゾンビ状態の男キャラのHも
もっと欲しかったです。
せっかく設定で自我もったままゾンビ状態になれるのに、
使わない手はないと思うんだけどなあ。
前述通り、ワンパターンの触手BADENDばかりだったので、
その辺のエロシーンのバリエーションの少なさに
物足りなさを感じました。

ちなみに、
今回も前作同様、触手系が大半で
蟲やゴキブリ系のゲテモノ系の
エロシーンは全然無かったです。
触手以外は蜘蛛と蛸、媚薬蟲くらいですかね。
過去作の触祭の都は白目状態で
身体が蟲・ゲテモノ化、巨大ゴキブリ化状態のHがあって
CG直視してテキストを読むのもきつかったので
CG的にグロ度が緩和していて個人的にはよかったです。


以上

7月の新作終わり。
めちゃくちゃ久しぶりにエロゲをプレイしました。
ここ数年は余暇や隙間時間にほとんどエロゲをやらずに、
一生雀魂していたからなあ(オイ

雀魂は2019年から始めて3年くらいハマっていますが、
一生魂天になれずに雀聖で彷徨ってます。
座学しない馬鹿でなおかつ才能ナッシングな模様。
いつもなら衝動的に垢消して辞めるんですが、
雀魂は垢消せないから惰性でついついプレイしちゃうんですよね…。
ただ、さすがに麻雀熱も冷めてきたのでそろそろエロゲに戻ります。
積みゲーが山ほどありますしね。
更新頻度も以前のように復活する予定なのでよろしくお願いします。